「木育で心を育む」アトリエやどりの樫尾さん

和歌山県紀の川市貴志川町でオーダー家具制作やインテリア雑貨販売をする「アトリエやどり」の代表、樫尾喜成さん(39)は、「木に興味を持ってもらい、木育ファンをつくりたい」と、県内で木育体験イベントなどを開いています。

木育とは、豊かな森林と木材に恵まれた北海道で生まれた新しい言葉で、全ての人が木に対する親しみや理解を深め、木を生活に取り入れ、森づくりに貢献するなど心を育むことだといいます。

樫尾さんは同市生まれ。横浜国立大学教養学部を卒業後、システムエンジニアとして働いていましたが、「日に当たる仕事がしたい」と大阪の木材会社に転職。その後、紀の川市に戻り無垢(むく)材を使った木工の仕事をすることに。

樫尾さんは「木目の美しさや、木の肌触りは日々の生活に潤いを与えてくれる」といい、無垢の木が持つ自然の風合いを大切に制作しています。種類の違う木材を組み合わせたマッサージオブジェ「木の木霊(tamagokoro)」は、手の中で優しさに触れることができます。

和歌山電鐵貴志川線の大池遊園駅前にある古民家「おいけのまど」では、カトラリー作り体験や、木育カフェを開催。栗の苗の植え替えやモルック(フィンランド発祥の木の棒を使ったスポーツ)、木工制作など、木と森に親しみながら木育を学び、実践できる場を提供しています。

来年2月には、「わかやま木育キャラバンin和歌山市」が開催されます。場所は市内4カ所の分散開催となり、樫尾さんは伊太祈曽会場で参加予定です。樫尾さんは「子どもから大人まで木を身近に感じでほしい。木を通して自然環境などを意識するきっかけになれば」と話しています。

【アトリエやどり】紀の川市貴志川町神戸1069▽℡090・9545・0680▽http://mokumori.jp/(MokuMoriきのくに木育森育ラボ)

制作した「木の木霊(tamagokoro)」を手に樫尾さん

制作した「木の木霊(tamagokoro)」を手に樫尾さん

関連記事

同じカテゴリのニュース一覧