立礼式の茶室で一服 月曜、ちひろの抹茶デー

和歌山市吉田にある日本料理店「四季の味ちひろ」は、毎週月曜を「抹茶デー」とし、食事を終えた人に同店の茶室「千寿庵」で抹茶を振る舞うサービスを実施しています。

同茶室は約2年前に新設。外国の人にも親しんでもらいたいと、テーブルの天板には畳を使い、イスに座ってお茶を楽しむ立礼式で気軽に入れる現代風茶室になっています。

同サービスは、お客さまに最高のおもてなしをしたいと約1年前に始めました。厳選した抹茶を使い、茶菓子もいただけます。

サービスを利用していた和歌山市内に住む60代の姉妹は「ゆったりできる空間でとても心地がいい。器の絵柄もすてき。心の切り替えができた」と笑顔。

西廣真治代表取締役は「慌ただしい中、静謐(せいひつ)な雰囲気を感じてもらい、一杯のお茶で心を落ち着けてもらえたら」と話します。

茶室を区切る組子細工を施した扉や茶道具、時節に合わせた掛け軸も魅力です。抹茶デーは平日の月曜のみ。

【四季の味ちひろ】和歌山市吉田801▽℡073・431・3939▽昼の部、午前11時半~午後2時半(LO2時)、夜の部、午後5時~10時半(LO9時半)▽定休日=水曜

立礼式の茶室「千寿庵」

立礼式の茶室「千寿庵」

関連記事

同じカテゴリのニュース一覧