雑穀が主役 紀美野町の「つぶつぶ料理教室」

和歌山県紀美野町釜滝に雑穀と野菜をメインに使った、完全菜食主義のヴィーガン料理を教えてくれる「つぶつぶ料理教室」があります。もちキビやヒエなどを使ったメニューで、子連れでも参加できると好評です。

講師の小南摩貴子さん(45)は、数年前に十二指腸潰瘍を経験。胃薬を飲まないと生活に支障を来す状態だったといい「このまま薬を飲み続けるのは嫌だ」と、あらゆるものを検索していたところ、菜食料理の本に出合い、そこから「つぶつぶ料理」にたどり着いたと振り返ります。

つぶつぶ料理を食べた時、あまりのおいしさに感動。さらに小南さんは平熱が35度を下回ることもある低体温でしたが、つぶつぶ料理を食べた後はぽかぽかと体が温かくなり、「おいしくて元気になれる」と、雑穀のパワーに魅了されていきました。

つぶつぶ料理とは、雑穀の愛称で、㈱フウ未来生活研究所CEOで日本ベジタリアン学会認定(最高位資格)マイスター日本ベジタリアン学会理事の大谷ゆみこさんが創始した、雑穀が主役の100%植物性の食スタイルです。

料理教室はフルカラーの書籍をテキストに、見て覚える形式です。日本古来の雑穀「ヒエ」「キビ」「粒ソバ」などのそれぞれの特長を生かしたレシピが楽しめます。

ひき肉そっくりに炊き上がる「高キビ」を使用したミートソースや、卵風味のふんわり感にとろみとコクがある「もちキビ」で、卵を使わないオムレツ。添加物不使用のスープやシュガーフリーのスイーツなど、体にやさしくしっかりとした味のおいしい料理が楽しめます。小南さんは「一つの選択肢として、簡単でおいしいつぶつぶ料理を知ってもらえたら」と話しています。おかずやスイーツコース、体験レッスン、ランチ会の開催もあります。レッスンはインスタグラム(@kominna_tcs)から。

【つぶつぶ料理教室】紀美野町釜滝▽℡090・8309・0755

シュガーレスなスイーツも

シュガーレスなスイーツも

関連記事

同じカテゴリのニュース一覧