智弁と和東が決勝へ 近畿高校野球大会県予選

春季近畿高校野球大会の和歌山県予選は11日、和歌山市毛見の紀三井寺公園野球場で準決勝2試合があり、智弁と和歌山東が決勝進出を決めた。

第1試合では智弁が耐久を5―0で撃破。第2試合では和歌山東が市和歌山を8―3で下した。決勝は12日午前10時から、同球場で行われる。

【第1試合】

耐久
智弁 ×

 

【第2試合】

和歌山東
市和歌山

 

第1試合は序盤3回まで0行進。智弁・松倉、耐久・冷水の両先発が走者を背負いながらも要所を締め、得点を許さなかった。

試合が動いたのは4回裏、智弁は2死二塁の好機で、松本が三遊間をゴロで破り1点を先制した。6回裏には、1死一、三塁から代打・辻が三遊間を破り2点目。山田希は2点適時二塁打、奥は右前適時打を放ち、この回一挙4得点を挙げた。

智弁は6回までを松倉、7、8回を渡邉、9回を宮口と継投し耐久打線を零封。投打のかみ合った智弁が2年連続の春決勝に進んだ。

智弁の松倉投手は、直球を軸としてスプリットを決め球に三振を奪えたと振り返り、「チームの勝ちに貢献できてうれしい」と笑顔。耐久の冷水投手(海南市出身)は「全体的に調子は良かった。夏に向けてさらにレベルを上げてもう一度甲子園に行きたい」と話した。

第2試合、市和歌山は2点を追う5回裏、1死二塁から玉置が右中間に適時二塁打を放って1点を返した。その後2死二塁となり、村上の中前適時打で試合を振り出しに戻した。

和歌山東は同点の7回表、谷村と辻奨の連続適時打などで4得点を挙げる。8回表には、2打席連続となる辻奨の適時打などで2点を追加した。

市和歌山は最終回に1点を返すも追い付けず。和歌山東が市和歌山を5点差で下した。

和歌山東の米原寿秀監督は「バッター陣がしっかりと振れていた。決勝も総力戦で戦う」と話した。

走者を背負いながらも6回無失点と好投した松倉投手(智弁)

走者を背負いながらも6回無失点と好投した松倉投手(智弁)

 

7回表、谷村の適時打で勝ち越し(和歌山東)

7回表、谷村の適時打で勝ち越し(和歌山東)

 

5回裏、村上の適時打で玉置が同点の本塁生還(市和歌山)

5回裏、村上の適時打で玉置が同点の本塁生還(市和歌山)

関連記事

同じカテゴリのニュース一覧