二階伸康氏が立候補表明 衆院選新2区

自民党の二階俊博衆議院議員の三男で秘書の伸康氏(46)が17日、和歌山県田辺市で会見し、次期衆院選和歌山新2区からの立候補を表明した。同党の政治資金問題に秘書としての連帯責任を感じる半面、40件を超える出馬要請に応える責任があると出馬を決断。「故郷を愛する仲間と一緒に一歩踏み出し、地方の未来を守る」と力強く決意を述べた。

「政治は一人ではできない」――。支援する知人、友人、恩師ら約30人が駆け付け、伸康氏の後ろに並ぶ異例の会見となった。

伸康氏は政治資金問題の責任を取る形で父俊博氏が次期衆院選への不出馬を表明したことを受け、自身に後継の資格がないのではと自問を続ける中、県町村会など多くの出馬要請に強く後押しされたと説明。衆議院定数の「10増10減」の影響で地方の痛み、苦しみが国に届きにくくなることへの危機感を強く感じるとし、「森林や水田の保全、都市への食料や人材供給を担って国土を守っているのは私たち地方。地方の消滅は国の消滅につながりかねない」などと、地方の発展に力を注ぐ考えを示した。

政治資金問題には国民の信頼回復へ丁寧な説明、議員の世襲には議論が必要としたが、最終的にはいずれも選挙で有権者の審判を仰ぎたいとの考え。父俊博氏に対しては「誇りに思い、感謝している。一方で、時代に即して政治の在り方も変わらなければならない」と話した。選挙に向けては自民党県連に新2区候補となる支部長予定者としての選任を求めたとし、党本部からの公認にも期待した。

伸康氏は御坊市出身、田辺市在住。日高高校、青山学院大学法学部公法学科を卒業。全日空勤務を経て、14年9月から俊博氏の公設第一秘書となり、俊博氏の党総務会長、幹事長時代を支えた。去る15日付で公設第一秘書を退職し、現在は私設秘書。

新2区には共産党新人で前県議の楠本文郎氏(69)が立候補を表明している。

支援する知人、友人をバックに会見する伸康氏

支援する知人、友人をバックに会見する伸康氏

関連記事

同じカテゴリのニュース一覧