外国人材の雇用を支援 県がサポートデスク

外国人材の和歌山県内就職と定着を促進するため、県は3日、外国人材の雇用に関する相談などの支援を無料で行うサポートデスクと、県内企業と外国人材とのマッチングを行うサイトを開設した。

「WAKAYAMA外国人材雇用サポートデスク」では、外国人雇用労務士や行政書士などの専門アドバイザーが、外国人材の受け入れを希望する県内事業者や、県内就職を望む外国人からの相談に応じ、採用後のフォローに至るまで必要な支援を行う。

外国人材と県内事業者が対象の合同企業説明会や、関連する情報や事例を紹介するセミナーなども開催する。

サポートデスクは、和歌山市本町の本町ビル1階、わかやま就職支援センター(はたらコーデわかやま)内。相談時間は午前10時~午後5時(土日・祝日、年末年始除く)。相談は電話(℡050・5527・9954)、メール、ウェブ(要予約)、来所(木曜のみ、要予約、最終受け付けは午後4時)で受け付ける。詳しくはホームページ

県内企業と外国人材とのマッチングサイトでは、県内企業がコンシェルジュによる伴走支援を受けながら、面接から内定まで全てをオンラインで完結させることができる。

関連記事

同じカテゴリのニュース一覧