県内7振興局 地域おこし協力隊を募集

和歌山県は、広域的な地域支援機能の強化を図るため、七つのエリア(振興局)それぞれの地域課題解決に一緒に取り組む「地域おこし協力隊」を募集している。

県が地域おこし協力隊を募集するのは初めて。

エリアと業務内容は、海草振興局「SNSを活用した海南海草地域の魅力発信」▽那賀振興局「サイクリングを通じた魅力発信と誘客・周遊促進」▽伊都振興局「移住者情報の収集・発信、移住者同士の交流促進」▽有田振興局「有田地域の観光素材の掘り起こし、体験観光周遊プランの創出」▽日高振興局「教育旅行誘致をメインにした体験型観光の推進」▽西牟婁振興局「サイクリングルート“クマイチ”コンテンツの造成、情報発信」▽東牟婁振興局「空き家の利活用に向けた掘り起こし、情報発信」――。

募集人数は各振興局に1人ずつ。締め切りは8月16日。

委嘱期間は11月1日から2025年3月末の予定(所定の審査を経て最初の委嘱日から通算して3年まで延長可能)。

応募条件や内容の詳細、申し込み方法などは県特設募集ページから。表記されている各振興局の募集要項一覧から、申し込み方法などが確認できる。

また、募集説明会が大阪と東京で行われる。7月6日午後1時~3時、大阪市浪速区日本橋西のFUN SPACE DINER、7日同時刻、東京都渋谷区神宮前の原宿スペースである。申し込みはフォームから。

問い合わせは県地域おこし協力隊採用プロジェクト(℡073・441・2426、メールe1001001@pref.wakayama.lg.jp)、特設ページの画面上からも可能。

関連記事

同じカテゴリのニュース一覧