二階 俊博

二階 俊博

「農は国の基なり」食糧自給率低下に警鐘 ―コロナ危機から活かす教訓―

政府が全国に緊急事態宣言を拡大して間もなく1カ月。この間、全国各地の医療現場ではまさに「命」を懸けた戦いが、連日連夜、不眠不休のごとく繰り広げられています。また、県内においても和歌山県庁をはじめ各自治体、保健所の職員の皆 […]

続きを読む>>


 

国内外の各方面から心温まる支援物資 奮闘する医療・福祉現場に届く

2月13日の夕刻、仁坂吉伸知事よりお電話があり、和歌山県内で新型コロナウイルス感染者の陽性者が確認されたため、これから記者会見で発表する旨のご連絡を頂戴しました。直ちに、私は仁坂知事に対し「できることは何でもするので、夜 […]

続きを読む>>


 

「蓮」を通じたベトナムとの平和外交 ~1063名の同志とともに訪問~

1月11日~13日の日程でベトナム第3の都市であるダナンを訪問してまいりました。ダナンは中部地方に位置し、日本政府が1月から領事事務所を開設するなど、地理的にも経済的にも要所となる都市です。既に、羽田・成田・関西からも直 […]

続きを読む>>


 

大規模自然災害に政治が全力を 今こそ「国土強靭化」の精神を訴える

「政治」の最大の使命は国民の生命と財産を守ることに他なりません。私たちの郷里・和歌山の偉人であり、「稲むらの火」で有名な濱口梧陵先生は、まさにその事を体現した方でありました。私たちはいまの時代の「政治」を担うものとして、 […]

続きを読む>>


 

「憲法を考える県民集会」を開催 ―謙虚に国民の意見を聞く姿勢が重要―

10月18日に和歌山市において、憲法改正県民会議が主催する「憲法を考える県民集会」が開催されます。私も自民党本部を代表して参加する予定です。当日は、会場があふれるほどの約1000名を超える県民の皆さまがお集りになるとのこ […]

続きを読む>>


 

南紀白浜空港の「機材大型化」実現 和歌山県の交流人口拡大に追い風

去る8月21日、日本航空㈱(JAL)より南紀白浜空港と羽田空港を結ぶ定期便の「機材大型化」が発表されました。これにより、本年10月27日より、1日3往復6便のうち、朝と夕方の2往復4便がボーイング737―800(165席 […]

続きを読む>>


 

各国独自の「食と文化」を尊重 「商業捕鯨」再開までの長い道のり

私自身が生まれ育った故郷・和歌山県から、「代議士」として選出いただき、35年以上が経過しました。これまで、微力ながら、地元の同志の皆さまに支えられ、導いていただきながら、和歌山県が抱えるさまざまな課題に正面から取り組んで […]

続きを読む>>


 

故郷・和歌山の躍進を目指し「総力結集」 故郷・和歌山の躍進を目指し「総力結集」

間もなく「平成」という時代が終わりを告げ、今まさに新しい時代の扉が開こうとする中、全国各地において統一地方選挙が始まりました。自由民主党は友党である公明党とともにまさに総力を結集して、政治の安定とそれぞれの地方の躍進のた […]

続きを読む>>


 

自民党を代表して安倍総理に質問 ~「平成最後の国会」はじまる~

第198回通常国会が開会されました。5月に皇位継承を控える中、「平成最後の国会」が始まりました。私は安倍総理の施政方針演説に対し、自由民主党を代表して質問に立たせて頂きました。 私自身、昭和58年の初当選以来、郷里和歌山 […]

続きを読む>>


 

2025年「大阪万博」の招致成功 ~人類の課題解決の場に~

2025年国際博覧会(万博)の開催地が大阪に決まりました。万博の日本開催は2005年の愛知万博以来20年ぶり、大阪では1970年以来55年ぶりの開催となります。 大阪開催決定にあたり、私も「自民党2025大阪万博誘致推進 […]

続きを読む>>


 

がんばってます

月別アーカイブ