岸本 周平

岸本 周平

脱炭素社会とエネルギー価格高騰 ――長期的な視点から

ロシアによるウクライナ侵攻からおよそ3カ月が経ち、今後も長引くことが予想されます。原油や天然ガスの輸出大国であるロシアへの経済制裁も長期化することになり、資源価格の高騰も続くおそれがあります。 ガソリン、軽油などの価格の […]

続きを読む>>


 

ロシアのウクライナ侵攻を終息させるために ―経済制裁は不退転の決意で

ロシアによるウクライナ侵攻が始まって1カ月以上が経ちました。実力による現状変更は国際法違反であり、ジェノサイドとも言える民間人への無差別で非人道的な攻撃は決して許されるものではありません。 西側諸国はこれまで一致団結して […]

続きを読む>>


 

トリガー条項発動でガソリン、軽油の値下げを! 国民民主党が予算案に賛成した理由

ロシアによるウクライナ侵攻により、原油が1バレル100㌦を超えて高騰し、今後もガソリン価格の上昇が予想されます。1月27日には、ガソリン補助金制度が実施されましたが、現場のガソリンスタンドでの値下げは一部に限定され、据え […]

続きを読む>>


 

ウイズコロナ、ポストコロナの時代 ―勇気を持って一歩前に

新型コロナウイルスの脅威に直面して早くも2年が経とうとしています。この間、この国の不都合な真実が次々と明らかになってきました。 国産ワクチンが開発できないような技術力の低下、デジタルトランスフォーメンションも遅れ、潜在成 […]

続きを読む>>


 

懸命に生きる人達の生活を守り続けたい ―まっすぐな政治をめざして

新型コロナウイルスによって、これまでの私たちの生活はすっかり変わりました。 コロナ病床を増やすこともできず、一時、13万人以上の患者が自宅待機をする中、何人もの方が自宅で亡くなっています。 国産ワクチンの開発もできず、海 […]

続きを読む>>


 

「霞が関」はなぜコロナに勝てないのか? ―日本の行政の問題点

デルタ株による第5波の感染拡大が続いています。ワクチン未接種の現役世代の感染が中心ですから、ワクチン接種が先進国並みに進んでいれば防げた事態です。 国全体で緊急にワクチン接種が必要な場合、ワクチンの開発と認可のスピード、 […]

続きを読む>>


 

国会を開いて、コロナ対策の議論を! ―積極的な経済政策が必要

先月、通常国会が閉会しました。この国会ではデジタル社会形成基本法案や小学校の全学年において1クラス40人から35人に引き下げる法案なども成立しましたが、LGBT理解促進法案などは国会提出もできませんでした。また、会期中に […]

続きを読む>>


 

コロナワクチンはいつ打てるのか? ― 戦略の見直しを

短期集中と銘打った政府の4月25日からの緊急事態宣言は効果がなく、結局、対象地域を増やして期限も延長されました。もはや、政策の体をなしていません。通常の生活を取り戻すため決め手となるワクチン接種も遅れています。 連休明け […]

続きを読む>>


 

和歌山のワクチンの状況と今後の見込み ―一日も早い接種で安心な日々を!

和歌山市では、65歳以上の高齢者を対象とする新型コロナウイルスワクチンの接種は4月12日からスタートします。高齢者の接種券は3月22日から発送スタート。予約もすでに始まっています。来年3月31日までに65歳になる皆さんに […]

続きを読む>>


 

コロナ対策のための特措法等改正案の問題 ―補償と罰則のバランスが悪すぎる!

2月7日までの緊急事態宣言が1カ月延長されました。多くの飲食店をはじめ関係業界が影響を受けています。感染防止と経済のバランスをどう取るか、誰が政権を運営していても難しい課題です。そのための特別措置法・感染症法などの改正法 […]

続きを読む>>


 

がんばってます

月別アーカイブ