浮島 智子

浮島 智子

わいせつ教員根絶を議員立法 子どもの人権のため3カ月で成立

5月28日の参議院本会議で、教員がわいせつ行為などを理由に懲戒免職になっても3年で免許が再取得できる現行制度の課題に対応する「教育職員による児童生徒性暴力防止法」(議員立法)が、全会一致で可決・成立しました。私は、これま […]

続きを読む>>


 

大学の強み引き出す文科省に わいせつ教員根絶の立法成立を

今春、旧和歌山市民図書館跡に新設されました和歌山リハビリテーション専門職大学に視察に行ってまいりました。専門職大学とは、大学改革として55年ぶりに2017年5月24日の学校教育法の改正によって設けられた日本の職業大学で、 […]

続きを読む>>


 

わいせつ教員根絶へ立法化を 教育、文化芸術の推進へ全力

先週15日(月)に和歌山県北部を震源とする地震が発生し、湯浅町では震度5弱を観測しました。先月にも和歌山市で震度4の揺れを観測。この機会に今一度、地震への備えが十分にできているか、各家庭・職場であらためてご確認いただきた […]

続きを読む>>


 

学術振興や文化・芸術支援 現場第一、対話重視の一年に

新しい年を迎え、早ひと月が過ぎました。今年は新型コロナウイルス拡大という厳しいなかでの幕開けとなりました。例年ならたくさんの新年の集いで皆さまにお会いさせていただくのですが、今年はそういう場がほとんどないなかでの1カ月と […]

続きを読む>>


 

寄り添う「大衆直結の政治」を オリパラ、教育課題で国会質疑

先月、広川町の稲むらの火の館で行われました濱口梧陵生誕200年を記念する植樹式に参加させていただきました。稲むらの火につきましては、私がオリンピック・パラリンピック招致のときに発案させていただいた「日本遺産」で(「百世の […]

続きを読む>>


 

不妊治療の保険適用拡大を 少人数学級推進を申し入れ

先月、9月の防災月間を記念する街頭演説を公明党和歌山県本部・女性局として和歌山県内6市3町で開催させていただきました。防災・減災は重要な課題です。今月の台風14号の折りも、和歌山県内では人的被害、崖崩れによる落石、波によ […]

続きを読む>>


 

当事者の声を聞き緊急支援 文化芸術を支える活動に注力

先日、日本歌手協会の田辺靖雄会長他、合田道人理事長、山本リンダ理事らが来訪され、コロナ禍で大きな打撃を受ける文化芸術活動に対する国の「緊急総合支援パッケージ」の実現をリードした取り組みに「文化芸術を守るために尽力してくれ […]

続きを読む>>


 

子どもたちの学びの確保に全力 学生支援緊急給付金を2次募集

 今月5日、東京を久しぶりに離れ、和歌山に戻ってまいりました。初めに驚いたのは南海和歌山市駅の変わりようでした。新型コロナウイルスの影響で開業が延期されていました市街地再開発事業の「キーノ和歌山」が6月5日にオープン、そ […]

続きを読む>>


 

困窮学生への緊急給付金が実現 9月入学を含め学びの保障を検討

4月16日から和歌山など全国に拡大された緊急事態宣言は5月14日に和歌山を含む39県で解除され、18日からは近鉄百貨店和歌山店の全館、イオンモール和歌山の専門店街などが再開、県立学校では時間差登校などの分散登校の実施、高 […]

続きを読む>>


 

現場の声から支援の必要訴え 全員で新型コロナのリスク抑制を

はじめに、この度の新型コロナウイルス感染症でお亡くなりになられた方に哀悼の意を表するとともに、ご遺族の方には心よりお悔やみ申し上げます。日本国内において初めて患者の発生を確認したのが1月15日。和歌山県では2月13日の夜 […]

続きを読む>>


 

がんばってます

月別アーカイブ