がんばってます

二階 俊博

自民党を代表して安倍総理に質問 ~「平成最後の国会」はじまる~

第198回通常国会が開会されました。5月に皇位継承を控える中、「平成最後の国会」が始まりました。私は安倍総理の施政方針演説に対し、自由民主党を代表して質問に立たせて頂きました。 私自身、昭和58年の初当選以来、郷里和歌山 […]

続きを読む>>


 

持続可能な地域社会の構築へ 二つの明るい兆し見え始める

大臣就任から4カ月がまたたく間に過ぎました。ご期待に沿えるよう本当に分刻みの日程をこなしながら取り組んでいます。 そうした中、いよいよ通常国会が始まりました。今年は皇位継承、さらに大阪で開催され議長国を務めるG20、そし […]

続きを読む>>


 

鯨肉がまた庶民のものに IWC脱退と日本の方針

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。 2019年は今上天皇がご退位、皇太子徳仁親王がご即位なさり、元号が変わる大きな節目となる一年ですが、朝鮮半島出身労働者問題や自衛隊哨戒機に対するレーダー照射 […]

続きを読む>>


 

こくみん民主党 ―野党再編の未来

明けましておめでとうございます。 野党のバラバラな状況に終止符を打ち、右か左かという不毛な対立を超えて、社会全体を包み込む温かさを持った政治勢力の結集をはかるために、昨年5月、新党「こくみん民主党」が設立されました。 私 […]

続きを読む>>


 

一人も置き去りにしない教育 副文科相として県内の公務も

第197臨時国会は、今月10日、閉幕いたしました。今国会では、災害被災地の復旧・復興を進める2018年度第1次補正予算や、経済と暮らしを守る重要な法改正が実現しました。 第1次補正予算には、学校のブロック塀の危険除去や全 […]

続きを読む>>


 

「外国」とどう向き合うか 国家百年の計へ決断の時期

 12月10日で臨時国会は閉会しました。9月に召集された今国会では本年度に発生した災害の復旧費を盛り込んだ補正予算が成立し被災地域の復旧に対して迅速な対応がなされました。また法案審査では特に外国人労働者の受け入れに関連し […]

続きを読む>>


 

2025年「大阪万博」の招致成功 ~人類の課題解決の場に~

2025年国際博覧会(万博)の開催地が大阪に決まりました。万博の日本開催は2005年の愛知万博以来20年ぶり、大阪では1970年以来55年ぶりの開催となります。 大阪開催決定にあたり、私も「自民党2025大阪万博誘致推進 […]

続きを読む>>


 

ドローン新技術加速を 中山間地の輸送などへ前進

 ドローンの社会実装に向けた取り組みが本格化しています。ドローンを使用した貨物輸送に向けた実証実験が日本各地で実施、もしくは実施予定で、国家戦略特区指定のものから民間企業が主導するもの、はたまた大学が研究で行うものなど、 […]

続きを読む>>


 

外国人労働者をどう受け止めたらよいのか? ―多文化共生社会と人権問題

 政府は外国人労働者の受け入れを増やす法案を提出。昨年11月に、技能実習生の滞在期間を3年から5年に延長しましたが、なお、人手不足が深刻なため、業種を限って新たに5年の在留資格を与える案です。  現状、外国人労働者は過去 […]

続きを読む>>


 

一人ひとりに光をあてる 副文科、内閣相の重責に全力

この度、10月2日に発足した第4次安倍改造内閣におきまして、文部科学副大臣兼(東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当)内閣府副大臣の重責を担わせていただくこととなりました。これまでも教育政策に取り組んでまいりました […]

続きを読む>>


 

がんばってます

月別アーカイブ