がんばってます

二階 俊博

日本一の有田川町「ぶどう山椒」 高まる需要と産地の危機

土用丑の日に頂くうなぎは夏バテを防ぐとともに、本格的な夏の訪れを告げる風物詩でもあります。 このうなぎに絶対に欠かせないのが、私たちのふるさと和歌山が誇る山椒です。清涼感いっぱいの独特の良い香りは食欲をかき立て、さまざま […]

続きを読む>>


 

開催国の責任と醍醐味 五輪成功へ、関係者に敬意

ワクチン接種について、説明不足から混乱を招いていることは誠に遺憾です。一言で言うならば、地方自治体や医療関係者のご尽力で想定以上に接種が進み、需要と供給のバランスが崩れたということです。 ワクチンは6月までに1億1400 […]

続きを読む>>


 

コロナ禍の支援で緊急提言 「新しい形の五輪」の成功を

全国各地で大雨などによる警報が相次ぎ、静岡県熱海市では土石流による甚大な被害が発生しました。あらためて、亡くなられた方々のご冥福とご家族へのお悔みを申し上げるとともに、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。狭あい […]

続きを読む>>


 

すさみ町に「防災道の駅」 安全に暮らせる地域の拠点に

ワクチン接種が進む中、引き続き気の抜けない日々が続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。 以前この稿でも紹介した通り、道の駅については少し整理を始める、という方向になりました。全国で1200以上ある道の駅は、まさ […]

続きを読む>>


 

国会を開いて、コロナ対策の議論を! ―積極的な経済政策が必要

先月、通常国会が閉会しました。この国会ではデジタル社会形成基本法案や小学校の全学年において1クラス40人から35人に引き下げる法案なども成立しましたが、LGBT理解促進法案などは国会提出もできませんでした。また、会期中に […]

続きを読む>>


 

わいせつ教員根絶を議員立法 子どもの人権のため3カ月で成立

5月28日の参議院本会議で、教員がわいせつ行為などを理由に懲戒免職になっても3年で免許が再取得できる現行制度の課題に対応する「教育職員による児童生徒性暴力防止法」(議員立法)が、全会一致で可決・成立しました。私は、これま […]

続きを読む>>


 

現場のニーズに柔軟に対応 ワクチン推進で「日常」回復を

1月に召集された第204回国会は去る6月16日をもって会期末を迎えました。150日間の会期中、さまざまな議論が国会の中で行われましたがその中心になったのはやはり新型コロナウイルス感染症に関することでした。 私が所属する厚 […]

続きを読む>>


 

ヤング米国臨時大使が龍神村を訪問 B29搭乗員慰霊碑に平和の思い込め献花

去る、6月5日・6日の両日、私はジョセフ・ヤング駐日米国臨時代理大使ご夫妻を和歌山県に案内致しました。私とヤング大使は、これまで日ごろから「日米同盟の深化」や「外交の諸課題」について、定期的に意見交換を行ってまいりました […]

続きを読む>>


 

時代にふさわしい地方議会へ 政府に提言、議員立法も始動

コロナワクチンの接種が進むなか、報道(日経新聞R3・5・12)によると諸外国では3割の接種で感染拡大が収まり、5割もしくは2回接種3割で終息に向かうと報じられています。高齢者への接種でこの2回接種3割の水準に至りますが、 […]

続きを読む>>


 

「百年健幸」の国へ提言準備 改正災害対策基本法が施行

観測史上最も早く5月中旬の梅雨入りとなりました。和歌山城や県内各地の紫陽花も咲き始めたでしょうか。和歌山に帰ることが難しい状況ですが、インターネットなどに掲載される、色とりどりの紫陽花の開花情報を日々楽しみに待っています […]

続きを読む>>


 

がんばってます

月別アーカイブ