がんばってます

岸本 周平

経産省と内閣府の政務官就任 異例の抜てきに全力投球

 このたびの第3次野田改造内閣において、 経済産業省と内閣府の大臣政務官を拝命しました。  経済産業省は、 2000年から2002年まで勤務していたなつかしい職場です。 情報処理システム開発課長とメディアコンテンツ課長の […]

続きを読む>>


 

再生医療の推進に全力 iPS細胞研究への支援を

 10月8日、 今年のノーベル医学賞・生理学の受賞者は、 京都大学の山中伸弥教授に決定した。 受賞の理由は、 マウスの成熟した細胞を未成熟な幹細胞(さまざまな細胞に変わる能力をもつ万能細胞)へと初期化する方法を発見したこ […]

続きを読む>>


 

国土強靭化法案の成立を 先覚者・濱口梧陵に学ぶ

 「国土強靭化日本を強くしなやかに」 は、 三本の法律 「国土強靭化基本法」 「国土強靭化関連法」 「首都直下型地震対策法」 にまとめ先の国会に提出している。  防災対策は、 まさに 「転ばぬ先の杖」 が大事で、 先手先 […]

続きを読む>>


 

新執行部で国民の信頼を 自民党に新しい流れ

 安倍総裁、 石破幹事長体制がスタートし、 私は石破幹事長の下で副幹事長を務めることになりました。 しっかり職責を果たしていきたいと思います。  なお、 今回の総裁選は世間の注目を集め、 決選投票で地方党員票の結果が逆転 […]

続きを読む>>


 

山中伸弥さんの思い出 同級生のノーベル賞を祝福

 10月8日に京都大学の山中伸弥教授がノーベル賞を受賞した。 心からお祝いしたい。 彼の研究するiPS細胞は、 今後難病に苦しむ患者さんの治療等での活用が期待されている。 また創薬の面で活用が進めば、 臨床試験等が大幅に […]

続きを読む>>


 

竹島問題渦中に韓国訪問 不可解な大統領の言動

 国会が終わり、 各政党では代表選挙が行われ、 なんだかんだ言っても本格的に 「休会」 状態の国会。 戦後最長といわれた割には成立した法案の数は極めて少なく、 あとはいつ 「解散」 するかが注目されている状態です。  そ […]

続きを読む>>


 

軽い言葉が生む、軽い政治 経験や知恵を生かし転換を

 昨今は政治家になるのも塾に通ってなるものらしく、 松下政経塾、 橋下維新塾、 小沢一新塾と大はやりであるが、 そんな風潮が政治家の言葉を軽くし、 政治を軽くした大きな原因だと私は思っている。  大体、 政治とは現実対応 […]

続きを読む>>


 

東燃和歌山工場の存続へ前進 エネルギーの地方分散を

 みなさん、 こんにちは。 たまき公良です。  有田市にある東燃ゼネラル和歌山工場の存続問題が一歩前進しました。 9月8日に閉会した通常国会で 「石油備蓄法の改正」 法案が可決したからです。 東燃ゼネラルの存続問題につい […]

続きを読む>>


 

国民投票を代表選の争点に 原発で実施約束の候補支援

 民主党の代表選挙が始まりました。 今回の代表選挙に際して、 私は下記の2つの視点で行動しています。  ① 「原発の在り方を問う諮問型 『国民投票』 の実施」 を公約に入れてもらう。  ②上記によって民主党が 「国民の声 […]

続きを読む>>


 

マイナンバー法案の行方 秋の臨時国会で修正協議

 臨時国会が終わり、 衆議院で可決された 「議員定数45減」 の政治改革法案や、赤字国債発行のための公債特例法案が、 参議院では審議もされず廃案になりました。 衆議院が自ら身を切る覚悟で45議席減を決定したのに、 参議院 […]

続きを読む>>


 

がんばってます

月別アーカイブ