がんばってます

岸本 周平

リベラル保守の政治を目指す ―それにもかかわらず!

 英国の政治家エドマンド・バーグの定義によれば、保守主義とは、「人間が不完全な存在であることを前提に、過去や現在の制度にこだわらず、歴史から学びつつ制度を少しずつ改革する」立場を言います。  「この道しかない」という態度 […]

続きを読む>>


 

人口減少と所有者不明土地 都市と地方で変わる価値観

 この度の大雨で全国各地で甚大な被害が発生しています。心からお見舞い申し上げるとともにお亡くなりになった方々に心よりご冥福をお祈りします。また安否のわからない皆さんには一刻も早くご無事が確認されることをお祈りいたします。 […]

続きを読む>>


 

大連アカシアまつり開幕式 日中防災減災フォーラムに出席

私は、5月25日から29日の日程で中国遼寧省大連市と四川省成都市を訪れ、日本と中国の発展と、両国の防災分野での協力強化を訴えてまいりました。 特に、昨年末に習近平国家主席とお会いした際に、ぜひ中国のさまざまな地方に足を運 […]

続きを読む>>


 

残る「森友」は公文書管理問題 証人喚問で論点を時系列に整理

18日の大阪北部地震で大きな被害が生じました。被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。早々に自民党でも現地に入り、政府与党が一丸となって復旧に務めてまいります。 さて最近の世論調査でも、森友問題は十分に解明されてい […]

続きを読む>>


 

こくみん民主党を立上げました ドラマの第二幕

 民進党と希望の党の仲間が集まって、新しい政党「こくみん民主党」を立上げました。衆議院議員39名、参議院議員23名の野党第二党としての船出です。  安倍一強体制の下、財務省の公文書改ざんや森友・加計学園問題など、不祥事が […]

続きを読む>>


 

広川の日本遺産認定に喜び 県博、和工の文化財PJを世界へ

先週、うれしいニュースが飛び込んできました。文化庁が認定する日本遺産が5月24日に発表され、和歌山県からは『「百世の安堵」~津波と復興の記憶が生きる広川の防災遺産~』(広川町)が選ばれました。 これは、安政元年(1854 […]

続きを読む>>


 

城、友ヶ島の残念な現状 多くの目で確かめて環境整備を

通常国会の会期もあと一カ月ほどを残すところとなりました。私は所属しております国土交通委員会、法務委員会を中心に活動を続けております。去る5月18日には国土交通委員会にて「所有不明者土地」について質問をいたしました。人口減 […]

続きを読む>>


 

200名超の政官民関係者とロシア訪問 ~日露関係の新たな段階に向けた重要な機会に~

 去る4月26日から6日間の日程で私は自由民主党幹事長として、ロシア、トルコを訪問してまいりました。ロシアには、4月26日から29日まで、ロシアのモスクワとサンクトペテルブルクの二都市を訪問しました。  ロシア訪問は、日 […]

続きを読む>>


 

一日も早い国会正常化を 野党の審議拒否は責任放棄

南北首脳会談が、世界が注視する中で無事に行われたことを歓迎したいと思います。今後の米朝会談、さらに日本との関係においても好結果につなげてほしいものです。 ただ、過去の経緯を踏まえれば、北朝鮮の本気度を慎重に見極めながら対 […]

続きを読む>>


 

森友学園問題の本質は何か 民主主義が危ない

 森友学園の決裁文書改ざんが明らかになり、再び脚光を浴びています。いったい何が問題なのでしょうか。  まずは、国民の大事な国有財産の値引きが正当だったかどうかです。9億円以上の土地が約8億円値引きされましたが、その根拠の […]

続きを読む>>


 

がんばってます

月別アーカイブ