海南・紀美野・紀の川・岩出のニュース一覧

女性活躍のサンコー 海南市初えるぼし認定

和歌山労働局(小島敬二局長)は、女性の活躍推進への取り組み実施状況が優良な「えるぼし認定企業」に、㈱サンコー(海南市大野中、角谷太基代表取締役社長)を認定。18日に認定通知書を交付した。企業は県内では10社目。海南市では […]

続きを読む>>


紀州漆器のデザインへ 専門学校生が学ぶ

海南市の紀州漆器協同組合と和歌山市の和歌山コンピュータビジネス専門学校は、伝統文化の継承と発展を目標にした新たな取り組みを始めた。 同校の授業の一環で、海南市の伝統工芸の魅力を若い人にも知ってもらおうと企画。新入生のコン […]

続きを読む>>


災害時に炊き出し 信濃路と海南市が協定

和歌山県内にうどん、そばなどの和食店を20店舗展開する創業48年目の㈱信濃路(西平都紀子代表取締役社長)は、大規模災害の発生時、被災者への炊き出しなどを実施するため、海南市と「災害時における炊き出し等の協力に関する協定」 […]

続きを読む>>


信頼関係で詐欺防ぐ JAながみねに感謝状

特殊詐欺を未然に防いだとして和歌山県の海南署は4月28日、ながみね農業協同組合JAながみね本店金融共済部(海南市大野中)に感謝状を贈った。 同署によると、同月19日午後0時30分ごろ、同市の80代女性から「300万円を出 […]

続きを読む>>


まちの発展に尽力 海南市政施行記念表彰

海南市は市制施行を記念して、各分野で功労のあった18人の功績をたたえ、27日に市役所で表彰式を行った。 同表彰は、社会福祉の増進や保健衛生の推進、産業の振興などの分野から選出。2020、21年は新型コロナ感染症拡大防止の […]

続きを読む>>


海南市議18人決まる 新人5人全員当選

任期満了に伴う海南市議選は24日、投開票され、新市議18人が決まった。昨年補欠選挙で当選した杉本博美さん(48)が、1928票でトップ当選を果たした。定数2減の中、現職4人が涙をのみ、新人は5人全員が当選。党派別に無所属 […]

続きを読む>>


海南市議選 初当選の古田さんが決意

24日に投開票された海南市議選で初当選を決めた古田充司さん(50)は午後11時30分ごろ、重根西の事務所で約50人の支援者やスタッフらと万歳で喜びを分かち合い、花束を受け取り、ダルマに目を書き入れた。 立候補を決断したの […]

続きを読む>>


海南市議選きょう審判 深夜にも大勢判明へ

任期満了に伴う海南市議選(定数18)は、24日投開票が行われ、即日開票される。現職16人、元職1人、新人5人の計22人による7日間の選挙戦は有権者の審判を待つのみとなり、同日深夜にも大勢が判明する見通し。 候補の党派別内 […]

続きを読む>>


対面自粛で手応え薄く 海南市議選最後の訴え

定数18に対し、現職16人、元職1人、新人5人の計22人で争う激戦となっている海南市議選は、24日の投開票日まで残り1日となった。各陣営は支持拡大に懸命。コロナ禍での選挙活動は有権者と握手をしたり、密を避けるために個人演 […]

続きを読む>>


大空をゆらゆらと 名手川にこいのぼり80匹

5月5日の「こどもの日」を前に、和歌山県紀の川市の名手川では、こいのぼり80匹が掲げられ、ゆらゆらと大空を気持ちよさそうに泳いでいる。 名手川美化推進委員会が活動の一つとして1999年から毎年実施している地元の風物詩。こ […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧