海南・紀美野・紀の川・岩出のニュース一覧

手信号で交通整理 災害に備え岩出署訓練

大規模災害などによる停電に備え、和歌山県の岩出署は13日、岩出市立市民総合体育館近くの交差点(中迫)で、警察官の手信号による交通整理訓練を行った。 同署の警備課、地域課、交通課に所属する署員17人が参加。停電で信号機の灯 […]

続きを読む>>


防災情報等発信 海南市がLINE登録呼び掛け

海南市はSNSを使った広報ツールとして、災害情報の発信や行政への簡単アクセスができる「海南公式LINE(ライン)」を開設。登録者を募集している。 ことし5月に運用を開始。若い世代から高齢世代まで約2300人が登録している […]

続きを読む>>


「実りの秋」実感も終盤 晩生品種の稲刈り

和歌山県内各地で稲刈りが終盤を迎えている。 稲は早生(わせ)の品種の収穫から始まり、9月下旬には中生(なかて)、10月10日ごろからは晩生(おくて)の品種の稲を刈っていく。 紀美野町松瀬の潰﨑峰利さん(71)の田んぼでは […]

続きを読む>>


木と対話し家具作り アレン・ドミニクさん

和歌山県紀美野町に住むイギリス人カーペンター(家具職人)のアレン・ドミニクさん(51)は、少子化で廃園となった元幼稚園を利用した「工房アレン’S」で、主に天然無垢材を使用し、くぎを使わない伝統的な「ほぞ組」という製法でオ […]

続きを読む>>


誇りと使命感を胸に 県警察学校23人が卒業

和歌山県警察学校(和歌山市木ノ本、森下昌彦校長)で1日、初任科第151期生(短期課程)の卒業式が行われ、22~28歳の23人(うち女性4人)が警察官としての新たな一歩を踏み出した。 卒業証書を授与した森下校長は「何事にも […]

続きを読む>>


安定的な給水へ 下佐々浄水場で安全祈願祭

施設の老朽化に伴い、紀美野町が再整備を進めている下佐々浄水場の安全祈願祭が9月30日、同浄水場で行われた。 同浄水場は1972年に完成。貴志川の河川水を原水とし、敷地面積約3000平方㍍に、砂でろ過する緩速ろ過方式のろ過 […]

続きを読む>>


旬の柿を味わって 若手農家の小倉・城本さん

柿がおいしいシーズンを迎えた。和歌山県紀の川市の小倉優一郎さん(36)と城本海人さん(18)は、刀根早生(とねわせ)と紀の川柿を生産する若手農家。日本一の柿の生産量を誇る和歌山で「自然と共に仕事ができて楽しい」と笑顔で収 […]

続きを読む>>


小野田寛郎さんを映画化 海南市で試写会

太平洋戦争の終結後もフィリピン・ルバング島に潜伏し、約30年後の1974年3月に帰還した旧日本陸軍少尉・故小野田寛郎さんを描いた映画『ONODA一万夜を越えて』の試写会が19日、小野田さんの故郷・和歌山県海南市の海南ノビ […]

続きを読む>>


秋の訪れ告げる赤色 各地でヒガンバナ咲く

和歌山県紀美野町の随所で、秋の訪れを告げるヒガンバナが開花している。 秋の彼岸の期間(秋分の日を入れた前後3日間)だけに花を咲かせることから、その名が付けられた。田んぼのあぜ道などに群生し、収穫を待つ稲穂の黄金色と赤い花 […]

続きを読む>>


小川新町長が初登庁 町民に寄り添う町政を

紀美野町長選で無投票による初当選を果たした小川裕康町長(65)が16日朝、町役場に初登庁し1期目の町政をスタートさせた。 町役場の玄関前で職員らが徒歩で初登庁する小川町長を拍手で出迎えた。職員から花束を受け取った小川町長 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧