海南・紀美野・紀の川・岩出のニュース一覧

ハート模様の牛探そう デートの穴場黒沢牧場

和歌山県海南市上谷の黒沢牧場は、県の新型コロナウイルス感染防止の休業要請対象にはならず、営業していたが、来場者数は昨年と比べ7割減少した。以前は家族連れや県外からの客層が多かったが、最近は若いカップルが3密を避けてゆった […]

続きを読む>>


検温やマスク徹底 近大で学生の一部入構開始

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、4月3日から構内への立ち入りを規制していた和歌山県紀の川市西三谷の近畿大学生物理工学部で25日、大学院生の入構が始まった。学部生については6月8日から一部授業で入構が開始される。 入 […]

続きを読む>>


町と言葉への愛着綴る 柳川さん「黒江ことば」

「アイタ」は「明日」、「ヤッチャゲナーヨ」は「~してあげなさい」――。和歌山県海南市黒江地区で話されている「黒江ことば」や、和歌山の方言を同市黒江の柳川和一郎さん(94)が15年かけて1冊のファイルにつづった。自然に書き […]

続きを読む>>


開館は6月1日に決定 交流施設ノビノス

新型コロナウイルス感染症の影響で開館が延期となっていた市民交流施設海南nobinos(ノビノス海南市日方)の開館が6月1日に決まった。 同所は図書館、ホール、多目的室などを備えた複合施設。海南の伝統色を使ったカラフルな館 […]

続きを読む>>


「#海南エール飯」 市が飲食店を応援

和歌山県海南市は、外出自粛や休業に伴い大きな影響を受けている市内の飲食店をSNSで応援する「#海南エール飯」を実施している。 市内飲食店の応援プロジェクトの一環。店を利用する人はテークアウト、デリバリーで注文した料理の写 […]

続きを読む>>


ランチ注文で飲食店応援 海南の企業が推進

新型コロナウイルスによる影響下で、地元の飲食店を楽しみながら応援しようと、屋外照明やLEDサインを手掛ける㈱タカショーデジテック(和歌山県海南市南赤坂、古澤良祐代表取締役社長)では、地元飲食店のテークアウトメニューを昼食 […]

続きを読む>>


ドライブスルー図書貸し出し 海南ノビノス

新型コロナウイルス感染症の影響で開館が延期となっている和歌山県海南市日方の複合施設海南nobinos(ノビノス)は、「いま、nobinosにできること」としてさまざまな取り組みを行っている。 現在はドライブスルーによる本 […]

続きを読む>>


水道料金の免除など 紀の川市が独自経済対策

和歌山県紀の川市は、新型コロナウイルス感染症への市独自の緊急経済対策を盛り込んだ10億1238万円の2020年度一般会計補正予算案を発表。市内全世帯へのマスクの配布、国の特別定額給付金に1人あたり1万円の上乗せ、水道料金 […]

続きを読む>>


事業者に一律給付金 紀美野町が緊急対策で

紀美野町は18日、新型コロナウイルス感染症への独自の緊急経済対策を新たに発表した。町内の中小企業者に20万円、個人事業主に10万円を一律で給付し、全町民に1人あたり5000円の地域限定商品券を配布するなど、深刻な影響を受 […]

続きを読む>>


町民1人あたり1万円 紀美野町が独自給付金

和歌山県紀美野町は12日、新型コロナウイルス感染症対策として、町独自に町民1人あたり1万円を支給する生活支援給付金の費用を盛り込んだ8689万4000円の一般会計補正予算を専決処分した。 町は15日から、国の特別定額給付 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧