海南・紀美野・紀の川・岩出のニュース一覧

企業の枠超え交流 海南商議所初合同入社式

和歌山県の海南市内の企業に就職した新入社員の門出を祝い、地元を挙げて祝福しようと海南商工会議所は、同市日方の同会議所4階ホールで5日、「令和4年度新入社員合同入社式・研修会」を行った。 初めて実施。新入社員同士の交流の場 […]

続きを読む>>


菓子業界の発展を 橘本神社で銘菓奉献祭

ミカンと菓子の神様である「田道間守命(たぢまもりのみこと)」を祭る橘本神社(和歌山県海南市下津町橘本、前山和範宮司)で3日、春の大祭「菓子祭・全国銘菓奉献祭」があり、全国の菓子業者185社以上が菓子を供え、菓子業界の発展 […]

続きを読む>>


新1年生に 宇賀部神社でランドセル清祓

首から上の病気の平癒や試験合格など、頭の神様として知られる和歌山県海南市小野田の宇賀部神社(小野田典生宮司)で1日、間近に小学校入学を控えた子の「ランドセル清祓」があった。 毎日背負う新しいランドセルをおはらいし、6年間 […]

続きを読む>>


青洲の偉業語り継ごう 紀の川市で学習会

和歌山県紀の川市出身の医聖・華岡青洲(1760~1835)の学習会がこのほど、同市名手市場の那賀総合センターで開かれ、約60人が10日に実施される検定会に向けて学びを深めた。 青洲は20年の年月と情熱をかけて麻酔薬「通仙 […]

続きを読む>>


那賀支所で役立てて 名手病院が車いす寄贈

医療法人共栄会名手病院(和歌山県紀の川市名手市場、池田宜史理事長)は3月29日、同市役所那賀支所(名手市場)に車いす2台を寄贈した。 同院は市の新型コロナワクチン接種会場になっているが、感染リスクを抑えるため、広さのある […]

続きを読む>>


4月1日付

◆有力者の墓か 岩橋千塚で新たな古墳4基 ◆避難民受け入れへ 和市がウクライナ支援 ◆学生支援で地域貢献 湊組財団が初の助成 ◆感染再拡大に危機感 コロナ新規223人 ◆青洲の偉業語り継ごう 紀の川市で学習会 ◆那賀支所 […]

続きを読む>>


紀の川市の副市長に今城氏 教育長は再任

紀の川市の副市長に、市理事の今城崇光氏(60)が就任する。4月1日付。 今城氏は同朋大学文学部卒。1985年に桃山町役場に採用後、農業振興課長、管財課長、総務部次長兼管財課長、企画部長を経て、2021年から理事を務めてい […]

続きを読む>>


蒔絵のナンバープレート 海南高生がデザイン

漆器の製造販売を行う㈲橋本漆芸(和歌山県海南市岡田、橋本洋二代表取締役)が県立海南高校(同市大野中)の美術部8人とコラボレーションし、「漆器を自分たちの生活に引き戻す」をテーマに約1年かけ、作品作りに挑戦。県を代表する「 […]

続きを読む>>


紀の川市183人異動 新市長のもと施策推進

和歌山県紀の川市は25日、4月1日付の2022年度の人事異動を発表した。第2次市長期総合計画の基本構想である市の将来像「人が行き交い 自然の恵みあふれる 住みよいまち」の実現に向けて、施策の推進力を強化。2月末に就任した […]

続きを読む>>


災害時の物資輸送 海南市が佐川急便と協定

海南市は18日、佐川急便㈱と災害時の支援物資受け入れや配送に関する協定を結んだ。南海トラフ巨大地震や台風、大雨などによる大規模な災害が発生した場合、被災者への食料や生活必需品などの物資の供給を行うことで生活の安定を図る。 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧