海南・紀美野・紀の川・岩出のニュース一覧

心和ませ校内彩る 那賀高校生徒会が花植え

「新型コロナウイルスで続く暗い気持ちを吹き飛ばしたい」――。和歌山県立那賀高校(岩出市高塚、歌保晴校長)の生徒会10人がこのほど、正門や中庭に花を植える美化活動を実施した。色鮮やかな花々が生徒や教職員など見る人の心を癒や […]

続きを読む>>


中高生向け本を充実 岩出図書館新コーナー

和歌山県岩出市根来の岩出図書館は今月から、中高生を対象にしたヤングアダルトコーナーを増設している。司書が手作りしたアニメキャラクターのポップも添えられている。 同コーナーには司書が選んだ、すぐに読める「短編の本」や、やり […]

続きを読む>>


青洲の里が営業再開 弁当や配達サービスも

新型コロナウイルスの影響で4月24日から休業していた和歌山県紀の川市西野山の道の駅「青洲の里」が5日、営業を再開。持ち帰り弁当の販売や配達サービスも始めた。 同駅内のレストラン「華」は3月18日からビュッフェ形式の提供を […]

続きを読む>>


安全安心な野菜を 桃山町のヨシムラファーム

ニンニクや桃、パッションフルーツなどを生産する農業生産法人㈱ヨシムラファーム(和歌山県紀の川市桃山町調月)は、し尿や生ごみなどのリサイクル有機質肥料を使い、資源循環農法で安心・安全な野菜を育てている。環境に負荷をかけない […]

続きを読む>>


高濃度アルコール販売 九重雜賀が消毒用で

新型コロナウイルス対策でアルコール消毒液が不足する中、食酢や日本酒、梅酒を製造する和歌山県紀の川市桃山町元の㈱九重雜賀が5日から医療機関や高齢介護施設、学校などを中心に「高濃度エタノール65%」を販売する。 きっかけは地 […]

続きを読む>>


触れるブースは制限も 自然博物館が再開

新型コロナウイルス感染症予防のため、4月9日から休館していた和歌山県立自然博物館(海南市船尾)が2日、再開した。 再開に伴い、感染対策を徹底。消毒液の設置をはじめ大水槽前のベンチを撤去。来館者にはマスク着用や展示ケースに […]

続きを読む>>


ハート模様の牛探そう デートの穴場黒沢牧場

和歌山県海南市上谷の黒沢牧場は、県の新型コロナウイルス感染防止の休業要請対象にはならず、営業していたが、来場者数は昨年と比べ7割減少した。以前は家族連れや県外からの客層が多かったが、最近は若いカップルが3密を避けてゆった […]

続きを読む>>


検温やマスク徹底 近大で学生の一部入構開始

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、4月3日から構内への立ち入りを規制していた和歌山県紀の川市西三谷の近畿大学生物理工学部で25日、大学院生の入構が始まった。学部生については6月8日から一部授業で入構が開始される。 入 […]

続きを読む>>


町と言葉への愛着綴る 柳川さん「黒江ことば」

「アイタ」は「明日」、「ヤッチャゲナーヨ」は「~してあげなさい」――。和歌山県海南市黒江地区で話されている「黒江ことば」や、和歌山の方言を同市黒江の柳川和一郎さん(94)が15年かけて1冊のファイルにつづった。自然に書き […]

続きを読む>>


開館は6月1日に決定 交流施設ノビノス

新型コロナウイルス感染症の影響で開館が延期となっていた市民交流施設海南nobinos(ノビノス海南市日方)の開館が6月1日に決まった。 同所は図書館、ホール、多目的室などを備えた複合施設。海南の伝統色を使ったカラフルな館 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧