海南・紀美野・紀の川・岩出のニュース一覧

下鞆渕で落石 けが人なし、現在も通行止め

 15日午前10時半ごろ、和歌山県道かつらぎ桃山線の紀の川市下鞆渕地内で落石があり、現在も全面通行止めとなっている。16日から復旧作業が行われており、11月10日ごろ復旧の見込みとなっている。  那賀振興局建設部管理保全 […]

続きを読む>>


駅のベンチに温もり 那賀高生が座布団寄贈

 和歌山県立那賀高校(岩出市高塚)の生徒14人は29日、授業で製作した「刺し子座布団」を、同市高塚のJR岩出駅に寄贈した。  同校では教育目標の一つに「地域貢献する那高生」を掲げ、約10年前から「生活文化」の科目で製作を […]

続きを読む>>


加恵の嫁入りにうっとり 青洲まつり時代行列

世界で初めて全身麻酔による乳がん摘出手術に成功した和歌山県紀の川市出身の外科医・華岡青洲の偉業を後世に伝える「青洲まつり」が27日、同市西野山の道の駅「青洲の里」などで行われ、大勢の見物客らでにぎわった。 青洲の妻である […]

続きを読む>>


漆器まつりへ 組合青年部が記念品を制作

 海南市の紀州漆器協同組合(田村彰男専務理事)と同青年部(堺昭憲部長)は、11月2、3日に同市で開かれる「第31回紀州漆器まつり」に向けて記念品を作成。黒江の紀州漆器伝統産業会館「うるわし館」を作業場に部員15人が集まり […]

続きを読む>>


手話の音楽ステージ 下津高でKAZUKIさん

 海南市立海南下津高等学校(柳和希校長)は、聴覚障害があり、手話で講演や音楽表現に取り組むKAZUKIさん(31)を招いて人権学習会を実施。全校生徒約70人は、聞こえない人の不安感を思いやる大切さを学び、手話で盛大な拍手 […]

続きを読む>>


被災地へ支援を 貴志川高生が募金呼び掛け

台風19号で被災した地域を支援しようと、和歌山県紀の川市の貴志川高校の生徒会5人が23、24の両日、貴志川町神戸の貴志駅で募金活動を行い、駅利用客らに支援を呼び掛けた。 同校では毎年、「高校生防災スクール」を実施。訓練や […]

続きを読む>>


琴ノ浦温山荘園トンネル 6年ぶりに再開通

 和歌山県海南市船尾の琴ノ浦温山荘園(田中紀生園長)は、園内のトンネルの補強工事を終え、2013年4月の通行止め以来、6年ぶりに再開通させた。トンネルは通り抜けると浜辺へ出ることができ、その景観美で長く市民に愛されてきた […]

続きを読む>>


地元の農産物知ろう 粉河保園が柿園見学

 和歌山県紀の川市粉河の県果樹試験場かき・もも研究所で15日、粉河保育園の園児37人が柿の品種園を見学する「ふれあい体験」が行われた。  和歌山産の柿は生産量全国1位、桃は全国4位とフルーツ王国を代表する果物。粉河地域の […]

続きを読む>>


甘くクリーミー ホワイトサポテ収穫ピーク

 和歌山県海南市下津町の橋爪道夫さん(69)は、約30年にわたり国内では珍しい南国の果物「ホワイトサポテ」を栽培している。甘みが強くクリーミーな食感が特長で、生産農家が少ないため希少価値が高い。橋爪さんの農園では現在収獲 […]

続きを読む>>


キイジョウロウホトトギス 緑花セで見頃

 和歌山県岩出市東坂本の県植物公園緑花センターで、希少種の「キイジョウロウホトトギス」が見頃を迎えている。同センターによると、今月24日ごろまで楽しめるという。  キイジョウロウホトトギスは紀伊半島特産で熊野南部にのみ分 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧