海南・紀美野・紀の川・岩出のニュース一覧

食材に感謝込めて 長保寺で万物供養祭

自然の恵みと食材に感謝する「魚介鳥獣草木供養(万物供養祭)」が9日、和歌山県海南市下津町上の国宝・長保寺(瑞樹正哲住職)で行われた。 食卓にあがる食材に感謝を込め、食べることの大切さを多くの人に知ってもらいたいと毎年実施 […]

続きを読む>>


現職含む2陣営出席 岩出市長選候補者説明会

任期満了に伴う岩出市長選(27日告示、10月4日投開票)の立候補予定者説明会が3日、同市山のサンホールで開かれ、4選を目指す現職の中芝正幸氏(77)の陣営と候補者未定の男性代理人が出席した。 市長選を巡ってはこれまで目立 […]

続きを読む>>


2024年で廃止へ 海南高定時制課程

和歌山県教育委員会は、県立海南高校定時制課程について、22年度から生徒募集を停止し、24年度末に廃止することを決定した。 同課程は1948年10月に開校し、働く学生らを中心に多くの卒業生を送り出してきたが、年々入学生は減 […]

続きを読む>>


被災時は体育館が警察署に 海南署が市と協定

和歌山県海南市と海南署は8月31日、「大規模災害時における施設使用の協力に関する協定」を締結した。災害の発生で同署の庁舎が浸水、倒壊などで使用ができなくなった際には、臨時拠点として同市大野中の市総合体育館の一部を使い活動 […]

続きを読む>>


行く夏惜しむ音色 宇賀部神社なごり風鈴

和歌山県海南市小野田の宇賀部神社(小野田典生宮司)境内の木々に風鈴がつり下げられ、行く夏を惜しむかのように優しい音色を奏でている。 同神社によると、「なごり風鈴」と呼び、邪気をはらう意味を込めている。風鈴は、このほど同神 […]

続きを読む>>


ふるさとに恩返し アーチェリー倉矢さん

昨年オランダで行われた「世界アーチェリー選手権大会」で好成績を上げた和歌山県紀の川市貴志川町出身の倉矢知明さん(23)が、6月から母校の県立貴志川高校で後輩たちの指導にあたっている。倉矢さんは「生まれ育ったまちに恩返しが […]

続きを読む>>


コロナ対策で3億円 紀美野町が補正予算

和歌山県紀美野町は20日、臨時議会を開き、新型コロナウイルス感染症対策費として約3億2482万円を増額する一般会計補正予算案を可決した。 補正予算の内容は、地区集会所のサーキュレーター設置(104万円)、公共施設の手洗い […]

続きを読む>>


風鈴の音色涼やか 柿本神社で200個揺れる

和歌山県海南市日方の伊勢部柿本神社(塩﨑昇宮司)で31日まで、漆などで塗られた色とりどりの風鈴が木枠に飾り付けられ、風が通ると涼しげな音色を響かせている。 約200個が境内を彩る。塩﨑宮司によると風鈴は、この地域で鎌倉時 […]

続きを読む>>


移動スーパーで見守り 紀の川市と業者が協定

和歌山県紀の川市は18日、日の丸観光バス㈱(本社=かつらぎ町佐野)のグループ会社、大家商店が運営する「移動スーパーまごの手」と包括連携協定を締結した。移動販売車で地域の集会所などに出向き、カフェを開くなど、地域の見守りの […]

続きを読む>>


セアカゴケグモに注意 紀の川・名手公園で

和歌山県紀の川市名手市場の名手公園で19日、特定外来生物で毒性を持つセアカゴケグモ1匹が確認された。市は注意を呼び掛けている。 セアカゴケグモは攻撃性がなく、おとなしいため、素手で触らない限りかまれることはないとされるが […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧