海南・紀美野・紀の川・岩出のニュース一覧

友好への誓い新たに 日中平和の塔を移設

和歌山県海南市日方の燦燦(さんさん)公園にあった記念碑「日中両国平和の塔」が海南nobinos(ノビノス、同市日方)に移設され、15日に移設式と日中友好協会県連合会による平和のつどいが行われた。 記念碑はまだ日中国交が回 […]

続きを読む>>


ゆる~く伝える「黒江ことば」 グッズが人気

海南市観光協会は黒江地域で使われてきた言葉「黒江ことば」を伝えるグッズを販売している。 黒江ことばは紀州漆器の産地として親しまれてきた黒江で話されている方言。同協会の黒岩正和さんがカメラマンとして黒江で写真展を開いた際に […]

続きを読む>>


栄養価を考えて 海南下津高生が特製弁当

海南市立海南下津高校(同市下津町丸田)の生徒たちは、ことしも、同校恒例となった「海南下津弁当」の調理実習に取り組んだ。 3年生の食物科では集団給食の授業があり、1度で200食、年間で2000食の弁当を作る。生徒がレシピを […]

続きを読む>>


豪雨被災地の支援を 貴志川高生が募金活動

九州豪雨で被災した人たちの力になりたいと、和歌山県立貴志川高校の生徒会らが7月27~29日、同校と貴志駅、松源貴志川店で義援金を募り、買い物客らに協力を呼び掛けた。 紀の川市貴志川町の松源貴志川店での活動では、生徒会長で […]

続きを読む>>


あら川の桃マカオへ 日本公庫の支援で

日本政策金融公庫(日本公庫)農林水産事業は、海外での販路開拓を後押しする「トライアル輸出支援事業」を活用し、桃の生産などを行う和歌山県紀の川市桃山町元の㈱八旗農園(高平昌英代表取締役)とマカオの貿易商社、和偉食品貿易有限 […]

続きを読む>>


九州の豪雨被災地を支援 紀の川市が募金箱

九州を襲った豪雨による被災地を支援しようと、和歌山県紀の川市は義援金の受け付けを始めた。市役所本庁舎1階市民課と各支所・出張所に募金箱を設置している。 期間は10月30日まで。市役所の他、那賀、粉河、桃山、貴志川の各支所 […]

続きを読む>>


地域ブランドPRへ まちづくり推進協が総会

里山の魅力や文化を継承し、活力あるまちづくりを進める紀美野町まちづくり推進協議会(北裕子会長)の総会が15日、同町の町役場美里支所で行われた。 同会は地元住民や町職員など66人で構成。「ブランドづくり」「美しい里づくり」 […]

続きを読む>>


安全に高齢者の送迎を 警察が事故防止啓発

介護福祉施設による高齢者送迎中の事故を防ごうと、岩出署は13日、和歌山県岩出市西国分の社会福祉法人皆楽園で啓発活動を行った。 6月10日に佐賀市内では介護施設の送迎車両が水路に転落し、乗っていた高齢者3人が死亡する事故が […]

続きを読む>>


高さ3.6メートル 海南中のヒマワリが成長

海南市立海南中学校(和歌山県海南市日方、熊代秀至校長)の正門そばに植えたヒマワリが成長し、高さ3・6㍍を超えて大きな花を咲かせている。 ヒマワリは昨年校内で植えた花から落ちた種子が発芽したもの。校内の畑や植物を整備してい […]

続きを読む>>


手話への理解深めて 紀の川市が動画を配信

手話についての理解を深めようと、和歌山県紀の川市はこのほど、手話動画の配信を市のホームページで開始した。 同市は2018年4月に「紀の川市広げようこころの輪手話言語条例」を制定。「手話が言語である」という認識に基づき施策 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧