政治・経済のニュース一覧

コロナ影響も持ち直し 4月の県内経済情勢

和歌山財務事務所は、2021年4月判断の県内経済情勢報告を発表。総括判断は「新型コロナウイルス感染症の影響により、厳しい状況にあるものの、持ち直しつつある」とし、前回の21年1月から据え置いた。 情勢報告は、個人消費や設 […]

続きを読む>>


優先権者の早期決定を IR推進協が知事に要望

和歌山県が進めるカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を後押ししている任意団体「わかやまIR推進協議会」は1日、県が審査中の2社の事業提案について、選定委員会の意見を尊重し、優秀な計画を示した事業者を優先権者とするよう […]

続きを読む>>


県景況3カ月ぶり改善 ワクチン先行き期待

帝国データバンクによる3月の景気動向調査で、企業の景況感を示す景気動向指数(DI)は、全国が2カ月連続改善の38・0(前月比2・2㌽増)、和歌山県内は3カ月ぶり改善の38・1(同1・4㌽増)となった。新型コロナウイルスの […]

続きを読む>>


虐待受けた高齢者144人 県内19年度調査

2019年度に和歌山県内30市町村で受け付けた高齢者虐待に関する相談・通報は285件(前年度271件)に増えたが、虐待と判断された事例は138件(同143件)、虐待を受けた人は144人(同147人)に微減したことが県のま […]

続きを読む>>


地元店レシートで賞品当たる 5月~キャンぺ

新型コロナウイルスの影響で落ち込む地域経済の活性化につなげようと、和歌山電力㈱(和歌山市板屋町、山口高史代表取締役)は、地元商店の買い物レシートが抽選券となり、1400人以上に豪華賞品が当たる「レシートキャンペーン」の第 […]

続きを読む>>


対面入社式は意見二分 コロナ影響の企業調査

新型コロナウイルスの企業活動への影響に関する東京商工リサーチの第14回アンケート調査(3月1~8日)で、4月の入社式を対面で開催するかしないかの判断は各50%に二分された。「影響はない」と答えた和歌山県内企業は、前回と同 […]

続きを読む>>


和歌山市が上乗せ支援 国の事業再構築補助金

コロナ禍による経済や社会状況の変化に対応し、新分野展開や業態転換などを図る企業を支援する国の「事業再構築補助金」の申請が15日に始まるのに合わせ、和歌山市は、事業が採択された中小企業を対象に、上乗せして経費を支援する独自 […]

続きを読む>>


災害時は復興拠点設置 紀の川市と3企業協定

紀の川市と市社会福祉協議会、市内の3企業は6日、和歌山県内初となる「災害時におけるボランティアセンター設置場所に関する協定」を締結した。災害が発生した際に企業の用地や市内の公共施設など12カ所にボランティアセンターを設置 […]

続きを読む>>


新たに32人が感染 新型コロナ2日間で30人超

和歌山県は8日、県内で新たに幼児から90代までの男女32人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。 感染者数は2日連続で30人を超え、県内の累計感染者は1454人となった。17人が退院し、同日午後1 […]

続きを読む>>


渋沢に学ぼう 海南商議所青年部が絵本寄贈

和歌山県の海南商工会議所青年部(川口鉄平会長)は2日、子ども向けの絵本『おかねってなぁに?』35冊を、海南市に寄贈した。 絵本は、商工会議所の生みの親で、2024年から流通する新1万円札の図柄となる渋沢栄一が、お金の大切 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧