政治・経済のニュース一覧

県経済に持ち直しの動き 財務事務所判断

和歌山財務事務所は、2020年10月判断の和歌山県内経済情勢報告を発表。総括判断は「新型コロナウイルス感染症の影響により、厳しい状況にあるものの、持ち直しの動きがみられる」とし、7月判断に続き2期連続で上方修正した。 情 […]

続きを読む>>


西村経済再生相が来県 団体幹部と意見交換

西村康稔経済再生担当大臣が14日来県し、和歌山市内で県内経済団体幹部、仁坂吉伸知事らと意見交換を行った。 経済団体幹部との意見交換で、西村大臣は新型コロナウイルスの感染拡大状況について「全国的に感染者が増えており危機感を […]

続きを読む>>


国土強靭化予算拡充を 二階氏が申し入れ

自民党の二階俊博幹事長(衆議院和歌山3区選出)は11日、災害に強いインフラ整備を進める国土強靭(きょうじん)化施策について、2021年度以降の予算拡充などを求める党の緊急決議を菅義偉首相に申し入れた。 二階氏が本部長を務 […]

続きを読む>>


黒田に新拠点、事業拡大 トランスコスモス

和歌山市でコンタクトセンター業務を手掛けているトランスコスモス㈱(本社=東京都渋谷区)が事業拡大のため市内の新拠点に移転する計画に対し、市は4日、同社を市企業立地促進奨励金の指定企業とし、指定書を交付した。 同奨励金は、 […]

続きを読む>>


県内中小企業の苦境続く 東商リサーチ調査

新型コロナウイルスの企業活動への影響について、東京商工リサーチが行った第8回アンケート調査(8月28日~9月8日)で、「影響が継続している」と答えた和歌山県内企業は71・4%と前回より1・2㌽減ったが、政府や自治体の資金 […]

続きを読む>>


多田代表ら役員を再任 公明党県本部大会

公明党県本部は18日、第13回大会を和歌山県和歌山市西汀丁の勤労者総合センターで開き、役員改選で多田純一代表(県議)らが再任された。党本部から出席した北側一雄副代表は衆議院解散総選挙の時期について、流動的な要素が多いとし […]

続きを読む>>


観光消費の拡大へ 紀陽銀がファンド出資

㈱紀陽銀行(和歌山県和歌山市本町、松岡靖之頭取)は、㈱地域経済活性化支援機構(以下、REVIC)などが設立・運営する「観光遺産産業化投資事業有限責任組合」(以下、同ファンド)への出資を決定した。 同ファンドは「日本ならで […]

続きを読む>>


5期連続マイナス判断 7~9月景況調査

近畿財務局和歌山財務事務所の景気予測調査(8月15日時点)で、和歌山県内企業の7~9月期の景況判断BSI(前期比「上昇」から「下降」を引いた指数)は前期のマイナス55・1からマイナス15・3に大きく上昇したが、5期連続の […]

続きを読む>>


7期目の市政運営へ 中芝岩出市長初登庁

9月27日に行われた岩出市長選挙で、無投票で旧岩出町長時代を含む7選を果たした中芝正幸市長(77)が8日、和歌山県岩出市西野の市役所に初登庁した。「紀州にきらりと光るわれらがふるさとともに創ろう伸びゆく岩出」をキャッチフ […]

続きを読む>>


有効求人1倍下回る コロナ禍で5年半ぶり

8月の和歌山県内の有効求人倍率(季節調整値)が0・97倍(前月比0・03低下)となり、2015年2月以来、5年半ぶりに1倍を下回った。和歌山労働局は「雇用情勢は、休職が求人を上回り、厳しさがみられる。新型コロナウイルス […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧