政治・経済のニュース一覧

子ども食堂の活動応援 和歌山東RCが寄贈

和歌山東ロータリークラブ(=RC、会員45人、樫畑友洋会長)は17日、コロナ禍の状況下でも積極的に子どもへの支援をしている、和歌山市こども食堂連絡協議会(美園町、岡定紀会長)に米や手指消毒用アルコールなどを寄贈した。 同 […]

続きを読む>>


感染再拡大で景況下降 先行き改善も不透明

和歌山社会経済研究所の景気動向調査で、2021年1~3月期の県内企業の自社景況判断は、「良い」と答えた企業から「悪い」と答えた企業の割合を引いたBSI値がマイナス25・6(前期比2・8㌽下降)に悪化した。4~6月期の見通 […]

続きを読む>>


「第三者の犯行」 林死刑囚の弁護士が主張

1998年7月、和歌山市園部で開かれた夏祭りでカレーにヒ素を混ぜて4人を殺害したなどの罪で死刑判決が確定している林真須美死刑囚(59)が5月31日付で和歌山地方裁判所に再審を申し立てた。代理人の生田暉雄弁護士は16日、同 […]

続きを読む>>


岸武青果が民事再生法申請 コロナ影響で

青果卸売業者の岸武青果㈱(和歌山市湊北町、代表=岸真寛ほか)が和歌山地裁に民事再生法の適用を申請していたことが14日、分かった。経営悪化に加え、新型コロナウイルス感染拡大による飲食店向けの受注の消失が追い打ちとなり、負債 […]

続きを読む>>


県議会議長に森氏 女性初、副議長は鈴木氏

和歌山県議会は9日、新議長に森礼子氏(52)=自民党県議団=、新副議長に鈴木太雄氏(50)=同=を選出した。県議会事務局によると、女性が議長に就くのは初めて。正副議長は1年で交代するのが慣例となっている。 森氏は中央大学 […]

続きを読む>>


和歌山商工会議所140周年 記念パネル展

ことしで140周年を迎えた和歌山商工会議所(勝本僖一会頭)は、和歌山市西汀丁の同会議所1階ロビーで、記念のパネル展を開いている。7月初旬まで。 同会議所は1881年5月22日、商工業者の世論を代表する機関として、中川三七 […]

続きを読む>>


支援策利用が8割に コロナ禍県内企業調査

新型コロナウイルスの企業活動への影響に関する東京商工リサーチの第15回アンケート調査(4月1~12日)で、「影響が継続している」と答えた和歌山県内企業は70・2%(前回66・7%)に増え、政府や自治体の資金繰り支援策を利 […]

続きを読む>>


コロナ影響も持ち直し 4月の県内経済情勢

和歌山財務事務所は、2021年4月判断の県内経済情勢報告を発表。総括判断は「新型コロナウイルス感染症の影響により、厳しい状況にあるものの、持ち直しつつある」とし、前回の21年1月から据え置いた。 情勢報告は、個人消費や設 […]

続きを読む>>


優先権者の早期決定を IR推進協が知事に要望

和歌山県が進めるカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を後押ししている任意団体「わかやまIR推進協議会」は1日、県が審査中の2社の事業提案について、選定委員会の意見を尊重し、優秀な計画を示した事業者を優先権者とするよう […]

続きを読む>>


県景況3カ月ぶり改善 ワクチン先行き期待

帝国データバンクによる3月の景気動向調査で、企業の景況感を示す景気動向指数(DI)は、全国が2カ月連続改善の38・0(前月比2・2㌽増)、和歌山県内は3カ月ぶり改善の38・1(同1・4㌽増)となった。新型コロナウイルスの […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧