政治・経済のニュース一覧

災害の犠牲者ゼロへ 県が国土強靱化計画

県は、大規模災害に備える従来の防災・減災対策を人命最優先で再点検し、犠牲者ゼロの実現を目指す新たな施策を示した「県国土強靱(きょうじん)化計画」を策定した。東日本大震災や紀伊半島大水害の被害を踏まえ、南海トラフ巨大地震な […]

続きを読む>>


安保関連法の廃止訴え 市民500人が集会

19日に成立した安全保障関連法に反対する集会が23日、和歌山城西の丸広場で開かれ、市民ら約500人(主催者発表)が集まり同法廃止を訴えた。 9条ネットわかやま、安全保障関連法案の廃案を求める和歌山大学有志の会、戦争をさせ […]

続きを読む>>


安保関連法への抗議継続 市民団体ら声明

安全保障関連法が19日に可決・成立したことに対し、反対運動を続けてきた民間団体から抗議の声明などが続々と発表されており、各団体は同法の採決を強行した政府・与党への批判を強め、同法の廃止を求めて今後も活動を継続するとしてい […]

続きを読む>>


わかやま歴史館オープン 和歌山市南別館

耐震補強などに合わせてリニューアル工事を進めていた和歌山市役所南別館「わかやま歴史館」が19日、オープンした。同日午前には開館セレモニーが行われ、関係者約60人が出席。尾花正啓市長らがテープカットで完成を祝った。 以前の […]

続きを読む>>


安保関連法が成立 反対の市民ら抗議継続

従来の憲法解釈を変更し、集団的自衛権の行使要件を新設するなどした安全保障関連法案は19日午前2時ごろから参議院本会議で採決が行われ、自民・公明両党と日本を元気にする会、次世代の党、新党改革の野党3党の賛成多数で可決、成立 […]

続きを読む>>


廃案求め和駅前で抗議活動続く 安保法制

 安全保障関連法案をめぐり、参院平和安全法制特別委員会は17日午後4時半過ぎ、法案の採決を強行し与党などの賛成多数で可決。参院本会議に緊急上程された。与党は18日中の法案の可決・成立を図る構え。野党は防衛相らの問責決議案 […]

続きを読む>>


和歌山市が開発規準を見直しへ 意見募集

 和歌山市は、市街地の拡散や中心部の空洞化を食い止め、尾花正啓市長が掲げるコンパクトシティーの実現や優良農地の保全のため、市街化調整区域の開発基準を見直す。10月15日までパブリックコメントを実施し、見直し案に対する市民 […]

続きを読む>>


産廃計画の中止を要望 修験道の僧侶ら

県北部に連なる葛城山で修験道の山岳修行をする県内や京都府、滋賀県などの僧侶らが9日、県庁と和歌山市役所、同市議会を訪れ、同市滝畑地区に計画されている産業廃棄物最終処分場を建設しないよう訴えた要望書を提出した。 市役所では […]

続きを読む>>


最優秀10万円 起業プランコンテスト

 和歌山商工会議所などでつくる「創業支援セミナーinわかやま」実行委員会は、起業についてのビジネスプランコンテストを開催。10月30日までプランを募集する。最優秀賞(1人)には賞金10万円と副賞(県産品など)を贈る。   […]

続きを読む>>


岸本議員ら民主・岡田代表に解党要請

県選出の岸本周平衆院議員ら「民主党若手有志の会」は3日、同党を解党し、新政党樹立に向けて取り組むよう同党の岡田克也代表に要請した。 岸本議員によると、岡田代表は「いまの時期では何も言えない」と答えた。 同会は岸本議員の他 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧