政治・経済のニュース一覧

知事にがれき受け入れ要請 公明党県議団

 公明党県議団は16日、 仁坂吉伸知事に、 東日本大震災で発生したがれきを受け入れるよう要請した。  申し入れでは、 「被災地の方々の苦悩を思うと、 全国民の協力によるがれきの一日も早い処理が求められている」 とし、 政 […]

続きを読む>>


がれき受け入れの動き 和歌山市議会

 東日本大震災の被災地のがれきについて、 和歌山市での受け入れを求める動きが市議会で進んでいることが分かった。 この動きに対し、 受け入れに反対する市民らが15、 16日に市議会を訪れ、 陳情書15通を和田秀教議長宛てに […]

続きを読む>>


新名物へ 和歌浦の天然アサリの試食会

アサリ料理

 片男波干潟 (和歌山市和歌浦南) にネットを敷設して、 天然アサリの増減を調べる調査の成果報告会が13日、 同市雑賀崎のホテル太公望で開かれた。 行政や漁協の関係者ら約50人が参加。 専門家は 「片男波干潟には高い能力 […]

続きを読む>>


まだ3割の世帯に届かず 避難カード

 東日本大震災の発生を受け、 県民に最寄りの避難所を書き込んでもらおうと県が全世帯分43万枚作成した 「避難カード」。 市町村を通じて昨年7月から配布しているが、 8カ月が経過し、 まだ3割の世帯に行き届いていないことが […]

続きを読む>>


加太に消防学校移転 28年度開校目指す

 東海・東南海・南海地震などの大規模災害に備え、 全国的に複雑化・高度化する消防業務に対応するため、 県は新年度予算案に、 県消防学校(和歌山市冬野)をコスモパーク加太(同市加太)に移転整備するための事業費を計上している […]

続きを読む>>


震災1年 和歌山県の取り組み聞く

 東海・東南海・南海地震の恐れがある県では、 東日本大震災の発生から1カ月もたたずに、 防災・減災対策を総点検するスケジュールを立てた。 避難所の見直しなどの 「緊急点検」、 来年度中を想定した 「中期対策」、 国が中央 […]

続きを読む>>


非正規職員の給与水準全国下位 和歌山市

 和歌山市の非正規職員の給与水準が、全国41中核市の中で下位にとどまっていることが分かった。9日の市議会本会議で貴志啓一議員 (市民クラブ) の一般質問に当局が答えた。  坂本安廣総務局長の答弁によると、 現在の非正規職 […]

続きを読む>>


南谷池は埋め立てず 和歌山市北部の産廃計画

 和歌山市北部の産廃最終処分場建設計画について、 当初の計画より面積が縮小されることなど、 計画の具体的な変更内容が明らかになった。 計画地内で当初埋め立てるとしていた 「南谷池」 は埋め立てず、 同池を含まない西側部分 […]

続きを読む>>


「世界ジオパーク」認定目指す 和歌山県

 日本地質百選に選ばれている古座川町の「一枚岩」や「虫食い岩」など、地質遺産に恵まれた紀南地域を自然公園「世界ジオパーク」に認定させようと、県は本格的な取り組みを始める。認定されると観光客の増加などが期待でき、4年後の認 […]

続きを読む>>


大橋市長「日本トップレベルの市役所目指す」

和歌山市長 大橋市長

 和歌山市の大橋建一市長は1日、 市議会2月定例会本会議で来年度の施政方針を述べた。 3期目の公約として掲げている 「市民力」 「基盤力」 「観光力」 を磨くことに引き続き重点を置き、 「先頭に立つのは私だという強い決意 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧