政治・経済のニュース一覧

カメラの西本が閉店へ 創業77年の老舗に幕

創業77年の老舗写真店、㈱西本(和歌山県和歌山市西高松、峠泰行社長)は、運営する「カメラの西本」と「西本スタジオ」を10日で閉店する。 同社は1943年に創業。カメラ・写真機材やDPE(現像・焼き付け・引き伸ばし)の販売 […]

続きを読む>>


クラファンで食事券購入を 飲食店応援PJ

新型コロナウイルスの感染拡大により売上減など大きな影響を受けている地域の飲食店への応援事業の一環として、和歌山商工会議所(勝本僖一会頭)は、クラウドファンディングで会員店舗の食事券を購入する形で資金を募る「バイローカル」 […]

続きを読む>>


景況感7カ月連続の悪化 新型コロナで後退

帝国データバンクによる4月の景気動向調査で、企業の景況感を示す景気動向指数(DI)は全国で前月比6・7㌽減の25・8となり、7カ月連続の悪化、先月に続いて過去最大の下落幅を更新した。和歌山県内DIは同9・4㌽減の24・5 […]

続きを読む>>


パンダが結んだ友好発展 県と四川省が覚書

和歌山県は19日、中国・四川省との間で友好交流関係発展のための覚書を締結したと発表した。3月24日付で書面を郵送により交換し、仁坂吉伸知事と尹力(いんりき)省長が署名した。観光や防災・減災、医療、教育、経済など多様な分野 […]

続きを読む>>


国のコロナ対応に苦言 ウェブ会議で仁坂知事

全国知事会新型コロナウイルス緊急対策本部の第9回会合が20日午前、ウェブ会議で行われた。仁坂吉伸和歌山県知事は3分間の発言の中で、感染者の隔離の在り方、医療従事者への対応などを巡り、「改めるべき」「センシビリティー(感受 […]

続きを読む>>


コロナ関連 県臨時議会が補正予算案を可決

和歌山県議会5月臨時会が11日開会し、県当局が上程した本年度一般会計当初予算案を全会一致で可決し、閉会した。 補正予算案は、新型コロナウイルス感染症の影響により売り上げ急減などの影響が生じた県内事業者を支援するため38億 […]

続きを読む>>


新型コロナ対策に38億円 県が補正予算

和歌山県は7日、11日開会の5月臨時県議会に提出する案件を発表した。新型コロナウイルス感染症の影響により売り上げ急減などの影響が生じた県内事業者を支援するため、本年度一般会計を38億1128万4000円増額補正する。補正 […]

続きを読む>>


3月の景況が震災後の水準に コロナ影響で

帝国データバンクによる3月の景気動向調査で、企業の景況感を示す景気動向指数(DI)は全国で前月比6・2減の32・5となり、6カ月連続の悪化、2002年5月の調査開始以降、最大の下落幅を記録した。県内DIも同6・3ポイン […]

続きを読む>>


コロナ対策予算案を審議 臨時県議会が開会

和歌山県議会4月臨時会が22日、開会し、県当局は新型コロナウイルスの感染拡大で売上減少などに見舞われた県内事業者への支援などを盛り込んだ総額113億9280万2000円の2020年度一般会計補正予算案など計4件を上程した […]

続きを読む>>


県が策定 ギャンブル等依存症対策推進計画

和歌山県は「県ギャンブル等依存症対策推進計画」を策定した。2020~22年度の3年間を期間とし、ギャンブル依存症に関する県内の現状と課題に対し、基本的な考え方や、予防、相談、治療などの具体的な施策、協力体制の構築などを示 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧