政治・経済のニュース一覧

皮ごとかんきつゼリー 新製法でクラファン

〝フルーツ王国〟和歌山産のかんきつ類を皮ごと全て使った新しいゼリーが誕生した。和歌山県白浜町の㈲福亀堂(野村和生代表取締役)が開発し、クラウドファンディングを活用して限定販売中。フードロスの削減にもつながると注目されてお […]

続きを読む>>


県内最低賃金831円に コロナ禍で1円増

和歌山県内の最低賃金が10月1日から1円引き上げられ、時間額831円に改定されることが決まった。 リーマンショック後の2009年、東日本大震災後の11年と同額の小幅な引き上げ額で、和歌山地方最低賃金審議会(冨山信彦会長) […]

続きを読む>>


和歌山3区に畑野氏 共産が時期衆院選へ擁立

日本共産党県委員会は8月31日、次期衆院選和歌山3区に、新人で党3区国政対策委員長の畑野良弘氏(60)を擁立すると発表した。 畑野氏は那智勝浦町生まれ。和歌山県立古座高校(現串本古座高校)、横浜放送映画専門学院を卒業。フ […]

続きを読む>>


安倍首相辞表明 県内政界の声さまざま

安倍晋三首相は28日夕、記者会見し、持病の潰瘍性大腸炎の悪化を理由に辞任の意向を正式に表明した。体調不安説がささやかれていたとはいえ、突然の辞意は与野党に衝撃を広げ、後継の首相は誰になるのか、解散総選挙の時期は早まるのか […]

続きを読む>>


需要拡大で大幅増益 ガーデニングタカショー

ガーデニング関連製品大手の㈱タカショー(和歌山県海南市南赤坂、高岡伸夫社長)=東証1部=は26日、2021年1月期第2四半期の連結決算を発表した。新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛に伴い、ガーデニング需要が国内外と […]

続きを読む>>


国民県連は合流せず 岸本議員も歩調合わす

国民民主党県連は22日、和歌山県和歌山市内で常任幹事会を開き、立憲民主党との合流新党に参加しないことを決めた。県連代表の岸本周平衆議院議員(和歌山1区)は、個人としても県連と同一歩調を取るとしている。 県連幹事長の浦口高 […]

続きを読む>>


下落幅過去最大を更新 社経研4~6月期調査

和歌山社会経済研究所の景気動向調査で、2020年4~6月期の和歌山県内企業の自社景況判断は、「良い」と答えた企業から「悪い」と答えた企業の割合を引いたBSI値が、過去最大の下げ幅だった前回よりさらに悪化し、マイナス43・ […]

続きを読む>>


厳しい状況も下げ止まりの動き 県経済情勢

和歌山財務事務所は、2020年7月判断の和歌山県内経済情勢報告を発表。総括判断は「新型コロナウイルス感染症の影響により、厳しい状況にあるものの、足下では下げ止まりの動きがみられる」とし、18年4月以来、2年3カ月ぶりに上 […]

続きを読む>>


コロナで61%減少 お盆期間きのくに線特急

お盆期間(7~17日、11日間)にJRきのくに線和歌山―箕島間の特急列車を利用した人数は2万9423人で、前年比61%減に激減。新型コロナウイルス感染拡大による移動自粛ムードが影響したとみられる。 JR西日本和歌山支社に […]

続きを読む>>


県景況3カ月連続で改善 帝国データ7月動向

帝国データバンクによる7月の景気動向調査で、企業の景況感を示す景気動向指数(DI)は、全国が2カ月連続改善の29・1(前月比1・5ポイント増)、和歌山県内が3カ月連続改善の30・8(同2・3ポイント増)となった。新型コロ […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧