政治・経済のニュース一覧

衆院選の10代投票率45・22% 上昇幅大きく

和歌山県選挙管理委員会は9日、5日に公表した衆院選(10月31日実施)の県内18、19歳の投票率(抽出調査)を訂正した。日高町と上富田町からの報告に誤りがあったため。 訂正後の投票率は45・22%で、2017年10月の前 […]

続きを読む>>


補償窓口6日に開設 水管橋崩落の市議協議会

和歌山市議会の「六十谷水管橋崩落に関する協議会」(井上直樹座長)が5日に開かれた。市企業局は、水道の本管復旧と水道料金の減免措置をすでに示していた方針に沿って進めることを説明し、紀の川北部の断水で生じた機器などの補償につ […]

続きを読む>>


IRに県民の意見を 公聴会25日から14会場で

和歌山県は、和歌山マリーナシティに誘致を目指しているカジノを含む統合型リゾート(IR)の区域整備計画作成に向け、県民の意見を聞く公聴会を、25日から12月5日にかけて、和歌山市内7コミュニティセンターなど県内14カ所で開 […]

続きを読む>>


維新が県内2位に躍進 衆院選の比例結果

第49回衆院選の和歌山県内比例代表は1日早朝に開票結果が確定。小選挙区で落選し、比例に重複立候補していた和歌山1区の自民前職・門博文さん、2区の立憲民主新人・藤井幹雄さん、維新新人・所順子さんの3人はいずれも復活当選はな […]

続きを読む>>


1区は岸本さん5選 2・3区は自民が制す

第49回衆院選は10月31日に投票、即日開票された。和歌山1区は国民民主前職の岸本周平さん(65)が自民前職の門博文さん(56)を4回連続で退け、5選。2区は自民前職の石田真敏さん(69)が8回目、3区は自民前職の二階俊 […]

続きを読む>>


2区は石田さん磐石の8選 改憲など目指す 

和歌山2区で、安定した戦いで8選を決めた自民党前職の石田真敏さん(69)は、コロナ禍を配慮し大規模な集会を控え街頭・街宣を中心に活動を展開。コロナ対策や減災・防災、国土強靭(きょうじん)化といった「当面すべき課題」と憲法 […]

続きを読む>>


充実した戦いできた 藤井さん敗戦も悔いなし

藤井さんは選挙区での落選を受け、午後8時すぎに支援者らの前に姿を見せ、「皆さんに支えていただいたことに、心から御礼申し上げる」と頭を下げた。 選挙戦については「充実した選挙戦を戦うことができた。後は、私の力不足、能力不足 […]

続きを読む>>


投票率58.24% 前回から微増、期日前は微減

投票は和歌山県内822カ所で行われ、一部を除き午後8時に終了した。開票作業は、30市町村の開票所で小選挙区、比例代表の順で1日未明まで行われた。 投開票までわずか17日と、解散に伴う衆院選では戦後最も短くなった今回の選挙 […]

続きを読む>>


政権選択きょう投票 県内10陣営に審判

第49回衆院選は31日に投票が行われ、即日開票される。和歌山県内3小選挙区に立候補した計10陣営による熱戦は30日限りとなり、各候補は最後の票の上積みへ、懸命なラストスパートを繰り広げた。自民・公明の連立政権継続か、野党 […]

続きを読む>>


国政決戦あと一日 各陣営支持拡大に懸命

衆院選は31日の投開票まで残りあと一日。和歌山県内3小選挙区では計10人の候補が支持拡大へ懸命の訴えを続けてきた。新型コロナウイルス対策や、甚大な影響を受けている経済、国民生活の回復など重要な政治課題に取り組む県民の代表 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧