政治・経済のニュース一覧

日本製鉄に見直し要望 高炉休止で尾花市長

日本製鉄が和歌山製鉄所(和歌山県和歌山市)の第1高炉を2022年9月までに休止すると発表したことを受け、尾花正啓市長は10日、同社の本社(東京都)を訪問し、休止を再考するよう要望した。同社からは困難との回答を受けたが、尾 […]

続きを読む>>


3年ぶり減の1503億円、和歌山市20年度予算案

和歌山県和歌山市は12日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は前年度比4・1%減の1503億1430万円で過去最大だった19年度を下回り、3年ぶりの減少。特別会計と公営企業会計を含めた総額は2・1%減の2893億 […]

続きを読む>>


和歌山市議会2月定例会 19日から3月24日まで

和歌山市議会運営委員会は12日、2月定例会の日程を19日開会、3月24日閉会の35日間と決めた。一般質問は3~6、9、10日、常任委員会は2月25、26日、3月11~13、16~19日に行う。 市当局の提出予定案件は、2 […]

続きを読む>>


県経済「緩やかに回復」1月情勢判断据え置き

和歌山財務事務所は、2020年1月判断の和歌山県内経済情勢報告を発表した。総括判断は「緩やかに回復しつつある」とし、3カ月ごとの発表で7期連続の据え置き。各項目の判断は、生産活動が「回復のテンポが緩やかになっている」、雇 […]

続きを読む>>


廃棄物処理など審議 紀の川市が臨時議会開会

紀の川市議会は4日、臨時議会を開き、提案された市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について審議した。会期は6日までの3日間。 提案理由は、4月1日からの一般廃棄物の処理手数料の引き上げなどに伴う改正を行うため。 […]

続きを読む>>


19年は件数増、負債額は減 県内企業倒産

東京商工リサーチ和歌山支店がまとめた2019年の和歌山県内倒産件数(負債額1000万円以上)は86件で、前年比6件の増加となったが、負債総額は同77・87%(111億7400万円)減の31億7400万円にとどまり、過去1 […]

続きを読む>>


10年後見据えた予算に 公明年賀会で山口代表

公明党県本部(代表=多田純一県議)は15日、新春年賀会を和歌山県和歌山市のホテルアバローム紀の国で開いた。党本部から山口那津男代表が出席し、党所属議員や県内の首長、各種団体の代表、党員、連立を組む自民党の議員ら約600人 […]

続きを読む>>


二階氏ら1000人ベトナム訪問 フック首相らと交流

自民党の二階俊博幹事長を団長とする「日本ベトナム文化経済観光交流団」が11日からベトナムを訪問。12日にはダナン市内で「交流の夕べ」が行われ、両国の関係強化を図った。日本からは政界、経済界などから1000人を超える訪問団 […]

続きを読む>>


協力し県勢発展へ 経済5団体合同の賀礼会

和歌山県内の経済5団体で構成する県経済団体連合会は8日、和歌山市友田町のホテルグランヴィア和歌山で「2020年新春賀礼会」を開き、県政財界のトップをはじめ421人が出席した。 構成団体は、県商工会議所連合会(勝本僖一会長 […]

続きを読む>>


人口減少や衆院解散 県出身国会議員が討論

和歌山県出身、選出などの国会議員7人が和歌山の振興策や政局の展望などを語り合う「和歌山県出身国会議員座談会」が4日、和歌山市湊本町の和歌山放送であった。人口減少や先端技術などについて議論。衆院解散についても話題が及んだ。 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧