政治・経済のニュース一覧

和市と白浜に進出 新規事業開発支援レリック

企業の新規事業開発を支援する㈱Relic(レリック、東京都渋谷区、北嶋貴朗代表取締役CEO)が和歌山市と白浜町にサテライトオフィスを同時開設することが決まり、25日、県庁知事室で進出協定の調印式が行われた。 同社は新規事 […]

続きを読む>>


徒歩遊説や屋外集会 衆院選、週末の各候補

衆院選は23、24日、選挙期間中唯一の日曜日を含む週末の戦いを迎えた。コロナ禍のため、秋の休日ながらイベントなどのにぎわいは少ないが、それでも買い物や行楽で人や車が多い駅前、幹線道路沿いなどには、懸命に活動する和歌山県内 […]

続きを読む>>


ワクチン効果など強調 菅前首相が和歌山入り

自民党の菅義偉前首相は21日夕方、和歌山市入りし、JR和歌山駅前で衆院選の和歌山1区党公認候補の応援演説を行い、約500人(陣営発表)が集まった。 菅前首相は、政権運営で最大の課題となった新型コロナウイルス対策を振り返り […]

続きを読む>>


政権維持か交代か 衆院選公示で舌戦スタート

第49回衆院選が19日、公示され、和歌山県内3小選挙区には10陣営が立候補した。前回選挙から4年間の国政を担った安倍・菅両政権への審判を含め、4日に就任したばかりの岸田文雄首相を新しい政権の顔に、自民・公明両党が過半数( […]

続きを読む>>


コロナ禍でも熱気 衆院選、各陣営初日の動き

コロナ禍で迎えた初の総選挙は、選挙活動の手法にも変化をもたらしている。マスク着用で演説をする候補者も多く、握手をグータッチに変えたり、大規模な集会は控えたり、感染予防への配慮がにじむ。それでも各陣営の熱気、有権者への懸命 […]

続きを読む>>


県内10陣営が出馬へ 衆院選きょう公示

第49回衆院選が19日に公示される。4日に発足したばかりの岸田文雄内閣は、自民・公明両党で政権維持に必要な過半数の議席獲得を目指し、野党は政権交代に向けて連携を深め、和歌山県内3小選挙区でも候補者調整による自民との対決の […]

続きを読む>>


七つ道具準備完了 参院選公示前に県選管

19日公示、31日投開票の衆院選が目前となり、和歌山県選挙管理委員会は15日、選挙運動用に候補者に交付する「七つ道具」の準備を済ませた。公示日前日の18日午後には、県内3小選挙区の立候補届け出受け付け会場となる県庁北別館 […]

続きを読む>>


選挙違反取締本部を設置 県警1600人態勢

19日公示、31日投開票の第49回衆議院議員総選挙に向け、和歌山県警本部は15日、県警本部と県内の14警察署に選挙違反取締本部を設置し、本格的な取り締まりを始めた。 人員態勢は、県警本部が親家和仁警察本部長以下224人、 […]

続きを読む>>


衆議院が解散 総選挙が事実上スタート

衆議院が14日午後の本会議で解散され、事実上の選挙戦に突入した。衆院選の日程は「19日公示、31日投開票」と正式に決定。現行憲法下で初めて、投開票日が任期満了日(21日)の後にずれ込んだ。新型コロナウイルス対策や発足した […]

続きを読む>>


1区に2陣営、2区は4陣営 衆院選県内小選挙区説明会

19日公示、31日投開票の衆院選が迫る中、県選挙管理委員会は12日、県内3小選挙区の立候補予定者説明会を和歌山市の県薬剤師会館で開いた。 本紙エリアの和歌山1区には国民民主現職の岸本周平氏(65)と自民現職の門博文氏(5 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧