政治・経済のニュース一覧

補正予算案116億円 12月県議会が開会

 県議会12月定例会が2日開会し、県当局は、総額116億2652万円の本年度一般会計補正予算案を含む計25議案を上程した。  補正予算案は、国の経済対策を活用した高速道路ICへのアクセス道路整備などに34億2820万円、 […]

続きを読む>>


市内産品の消費促進へ 和歌山市が登録制度

行政で使用する物品や建設工事の資材で市内産品の消費を促進するため、和歌山市は1日、「市産品登録制度」を創設し、登録受け付けを開始する。 市産業振興基本条例や市産業振興ビジョンに基づき、市産品の魅力をアピールして地産地消の […]

続きを読む>>


県産コラボ商品ローソンに 和みックスPJ

 県と大手メーカーが県産食材を使用したコラボ商品を共同開発する「和みックスプロジェクト」の第2弾として、県産フルーツを使用したスイーツなどを販売する和歌山フェア「旬のあじ和い収穫祭」が29日、近畿2府4県のローソン226 […]

続きを読む>>


知事「予防難しい」 脱税社長からの献金で

 仁坂吉伸知事の資金管理団体などが、脱税で有罪判決を受けた紀の川市のナット製造会社の男性社長から献金を受けていたことが分かり、29日午後、報道陣の質問に応じた仁坂知事は「男性が脱税していた事実は知らなかった。たまたま献金 […]

続きを読む>>


家庭教育支援条例案を取り下げ 和歌山市

和歌山市議会は28日、緊急の議会運営委員会を開き、29日開会の12月定例会に上程予定だった「市家庭教育支援条例案」について、市当局からの撤回の申し入れを承認した。 同条例案の趣旨は、学校、地域住民、地域活動団体、事業者、 […]

続きを読む>>


どれがお好み? 駿河屋の新羊羹3種が好評

和菓子の㈱総本家駿河屋(和歌山市、岡本良太社長)は、和歌山を代表する三つの特産食材を使用した「和歌山県特産品羊羹(ようかん)」を開発、発売し、好評を得ている。 新しい羊羹は「みかん」「醤油(しょうゆ)」「山椒」の3種類。 […]

続きを読む>>


良質の革製品を 27日までレザーフェス

県産の皮革製品を販売する「和歌山レザーフェスティバル」が26日、和歌山市三沢町の中央コミュニティセンターで始まった。27日まで。 一般消費者に天然皮革の良さを実感してもらおうと、県製革事業協同組合(森田紀生理事長)が主催 […]

続きを読む>>


小中学校の空調整備等 和歌山市補正予算

 和歌山市議会12月定例会が29日に開会する。市は、小中学校教室への空調設置や小学校トイレの改修、高齢者施設や保育所などの防犯カメラ設置補助などを盛り込んだ44億9124万円の平成28年度一般会計補正予算案など50議案を […]

続きを読む>>


大和化成が事業拡大 和歌山市から奨励金

企業の新規立地や事業規模拡大を支援する「和歌山市企業立地促進奨励金制度」の指定書交付式が22日、市役所で行われ、本社と工場を拡大移転する化学工業薬品製造販売、大和化成工業㈱(同市小雑賀、河内信之社長、従業員49人)に、尾 […]

続きを読む>>


県12月補正116億円 道路整備や防犯強化

県は24日、総額116億2652万円を増額する平成28年度一般会計補正予算案を発表した。12月2日開会の12月定例県議会に提出する。補正後の一般会計は5942億1487万円となる。 補正予算案には、国の経済対策関連で、高 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧