文化・暮らしのニュース一覧

喜多村進と徳川頼貞 県立博物館で企画展

和歌山県立博物館(和歌山市吹上)の企画展「喜多村進と徳川頼貞―南葵音楽文庫をめぐるひとびと―」が10月4日まで開かれている。紀伊徳川家の私立図書館である南葵文庫、南葵音楽図書館などで司書を務めた喜多村進(1888~195 […]

続きを読む>>


中央郵便局の歩み 市立博物館でパネル展

和歌山中央郵便局(和歌山県和歌山市一番丁)の歴史や歩みを紹介するパネル展が27日まで、同市湊本町の市立博物館1階玄関ホールで開かれている。昭和20年代から30年代に撮影されたものを中心に34点を紹介。戦後の郵便事情や郵便 […]

続きを読む>>


人生刻んだ鉛筆画 14日まで栗本邦男さん回顧展

両目がほとんど見えなくなるまで鉛筆画を描き続け、昨年10月に69歳で亡くなった和歌山県和歌山市の栗本邦男さんの回顧展が14日まで、同市の県民文化会館特設展示室で開かれている。4年間という凝縮された期間に描いた中から、18 […]

続きを読む>>


マンボウで疫病退散? 和市立博物館の木版画話題

和歌山県和歌山市湊本町の市立博物館では、江戸時代後期とみられるマンボウの木版画を展示中。コロナ禍の「アマビエ」のように疫病退散を願ったとみられ、話題となっている。 A4判ほどの大きさ。ユニークなタッチでマンボウとみられる […]

続きを読む>>


光ある限り描いた4年間 栗本さん鉛筆画展

深く刻まれた顔のしわ、哀愁を宿したまなざし——。静寂かつ克明に、見る者の心に迫るような人間の内面や精神性を精緻な鉛筆画で描き、昨年10月に69歳で亡くなった和歌山県和歌山市の栗本邦男さんの回顧展が9日から14日まで、同市 […]

続きを読む>>


ドライフラワー&仏工芸展 マニエール

和歌山県和歌山市禰宜のケーキサロン・マニエールで30日まで、ドライフラワーやプリザーブドフラワー、フランスの伝統工芸・カルトナージュの作品が展示されている。 制作者は、教室でも指導する岩出市の阪口真由美さん。カルトナージ […]

続きを読む>>


道の駅ランキング3位 くしもと橋杭岩

トリップアドバイザー㈱が実施した「旅好きが選ぶ!日本人に人気の道の駅ランキング2020」で「道の駅くしもと橋杭岩」(和歌山県串本町)が3位に入った。 同ランキングは、同社が旅行プラットフォームのトリップアドバイザーに投稿 […]

続きを読む>>


癒やしのブーゲンビリア 畠中整骨院で満開

和歌山県和歌山市小松原の小松原畠中整骨院(畠中宰治院長)で、入り口に植えられたブーゲンビリアが満開になっている。 同所でヨガ教室を開く畠中信子さん(77)が40年ほど前に植えたもの。はじめは鉢植えで咲いていたが、整骨院の […]

続きを読む>>


学校コンサートも充実 10月きのくに音楽祭

和歌山県内初の本格的な音楽祭として昨年誕生した「きのくに音楽祭」が、ことしも10月4、9~11日の4日間、和歌山市内各地で開かれる。今回は、次代を担う子どもたちに忘れられないクラシック音楽との出合いを体験してもらおうと、 […]

続きを読む>>


熱中症対策は万全? 雑賀崎の飲食店に珍客

厳しい残暑が続く中、和歌山県和歌山市雑賀崎の飲食店に時折現れる「かわいいお客さん」が、店のスタッフらの心を癒やしている。 場所は、住宅街にあり「隠れ家レストラン」として知られる「和創作料理日進月歩(にっしんげっぽ)~cu […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧