文化・暮らしのニュース一覧

スペインの情熱感じて マリーナシティで祭典

和歌山市のフラメンコ舞踊家、森久美子さんが設立した「和歌山フラメンコ協会」がことしで20周年を迎えるにあたり、和歌山マリーナシティ(同市毛見)で5月16日、「フラメンコの祭典」を開く。 同協会は、「フラメンコの素晴らしさ […]

続きを読む>>


楽しさ伝わる陶芸ずらり 北島さん初の個展

和歌山市の北島健司さん(71)の初めての陶芸展「古稀+1記念 作陶の足跡」が21日、同市本町の本町公園ギャラリーで始まった。25日まで。 大皿や茶わん、花器やつぼなどバラエティーに富んだ約300点が会場いっぱいに並ぶ。念 […]

続きを読む>>


『ゴルゴ13』200巻到達 ギネス記録に並ぶ

和歌山市出身の劇画家さいとう・たかを(本名=齊藤隆夫)さん(84)が手掛け、青年漫画誌「ビッグコミック」(小学館、月2回刊行)で長期連載中の人気劇画『ゴルゴ13(サーティーン)』が今月5日、200巻に到達し、『こちら葛飾 […]

続きを読む>>


優しい香りたわわに 四季の郷で藤棚が見頃

和歌山市明王寺の道の駅「四季の郷公園」の藤棚が見頃を迎え、鮮やかな紫色の花を見上げながら来園者は散策を楽しんでいる。 新型コロナウイルス第4波の感染が急速に拡大し、同市をはじめ紀北地域5市4町には25日まで、県が不要不急 […]

続きを読む>>


見て楽しい陶芸作品 北島健司さん初の個展

和歌山市の北島健司さん(71)の初めての陶芸展が21日から25日まで、同市本町の本町公園ギャラリーで開かれる。趣味で陶芸を楽しんで約30年。念願だった個展を前に、北島さんは「陶芸に助けられ、支えられて日々を過ごしてきまし […]

続きを読む>>


日本人の心に響く映画 「時の絲ぐるま」上映

失われつつある「麻」と「絹」の伝統技術や稲作儀礼から垣間見る日本の本質を描いた、地球写真家の石井友規監督(37)のドキュメンタリー映画『時の絲(いと)ぐるま』が17、18日の両日、伊太祁曽神社(和歌山市伊太祈曽、奥重視宮 […]

続きを読む>>


近世用水路や中世山城 県指定文化財に2件

和歌山県教育委員会は16日、白浜町にある江戸時代の灌漑(かんがい)用水路「安居(あご)近世用水路」と、上富田町の中世山城「龍松山(りゅうしょうざん)城跡」の2件を史跡として県指定文化財に新規指定し、天然記念物の追加指定1 […]

続きを読む>>


子どもに音楽教育 小さな歌声倶楽部が発足

新型コロナウイルスの影響により困難になっている子どもたちの文化芸術体験の機会を創出し、持続的な活動につなげようと、「和歌山小さなこどもの歌声倶楽部」(岩橋延直会長)が発足し、5月に開講する。 文化庁の2021年度「地域文 […]

続きを読む>>


明るい絵で楽しい気分に エトアール洋画展

大正14年設立の絵画グループ「エトアール洋画会」の第95回記念展が19日まで、和歌山県民文化会館(和歌山市小松原通)の特設展示室で開かれており、会員5人それぞれの個性を生かした油彩画や水彩画、木版画などの作品37点が楽し […]

続きを読む>>


新たな表現を探究 絵画と陶芸の「三人展」

和歌山ゆかりの作家による絵画と陶芸の「三人展」が18日まで、海南市大野中の画廊ビュッフェファイヴで開かれている。 出品者は和歌山市の洋画家・土井久幸さん、岩崎奈美さん、かつて和歌山市加太で作陶していた東京の陶芸家・出口絵 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧