文化・暮らしのニュース一覧

心を刺激する508点 24日までジュニア県展

次世代のアーティストを育て、和歌山県内の美術文化振興を図る第6回県ジュニア美術展覧会(ジュニア県展)の本展が24日まで、県立近代美術館(和歌山市吹上)で開かれている。 県内の小中学生を対象に絵画・書・立体の3部門で募集し […]

続きを読む>>


経塚に込めた願い 風土記の丘で出土品展

和歌山県和歌山市岩橋の県立紀伊風土記の丘の資料館で3月14日まで、「奈良国立博物館所蔵品里帰り展 経塚(きょうづか)に願いを込めて」がスポット展示として開かれている。 自然災害や飢饉(ききん)、動乱が続いた平安~鎌倉時代 […]

続きを読む>>


高野山奉納の五輪塔 国登録有形民俗文化財に

高野町の圓通寺が所有する「高野山奉納小型木製五輪塔及び関連資料」が、和歌山県内初の国登録有形民俗文化財に登録される見通しとなった。国の文化審議会が15日、文部科学大臣に答申した。日本の霊山信仰や死者供養の様相を考える上で […]

続きを読む>>


切磋琢磨し活躍を 県展7部門の入賞者表彰

和歌山県が主催する県内最大の公募美術展、第74回県美術展覧会「県展」の表彰式が16日、県立近代美術館(和歌山市吹上)で行われ、各部門の入賞者に下宏副知事から表彰状が手渡された。 洋画、日本画、書、写真、工芸、彫塑、華道の […]

続きを読む>>


健康寿命延伸へ 背骨コンディショング体験会

健康寿命の向上を目指す「わかやま健康style」(寺田尊紀代表)は2月19日、和歌山県和歌山市野崎の野崎地区会館で「背骨コンディショニング」を開催する。 寺田代表は一般社団法人背骨コンディショニング協会の県内唯一のインス […]

続きを読む>>


演劇研修所の第1回成果発表 31日市民会館

市民がプロの指導を受けながら舞台芸術を学ぶ和歌山市民会館の講座「演劇研修所」の第1回成果発表公演が31日午前11時、午後3時からの2回、同館小ホールで開かれる。朗読劇と受講生の戯曲による演劇2作品が上演される。わかやま新 […]

続きを読む>>


32人の絵画・イラスト展 24日までアクア

和歌山県和歌山市満屋のギャラリー&カフェAQUA(アクア)は24日まで、県内外の作家32人による絵画・イラスト展「AQUART2021」を開いており、100点以上の多彩な作品が並んでいる。 出展作家の一人、同市のイラスト […]

続きを読む>>


コロナ禍に光る182点 第74回県展始まる

和歌山県が主催する県内最大の公募美術展、第74回県美術展覧会「県展」の本展が13日、和歌山市内2会場で始まった。7部門の応募313点の中から入賞・入選182点が選ばれ、洋画・日本画・書・写真・工芸・彫塑は県立近代美術館( […]

続きを読む>>


本の世界で県内旅を ほうぼわかやま発行

印刷会社の㈱ウイング(和歌山県和歌山市梶取、松下忠代表取締役)は、県の歴史や文化を伝える情報誌『ほうぼわかやま』の25号を発行した。 巻頭特集は「和歌山の本を読もう」。有吉佐和子の『紀ノ川』、夏目漱石の『行人(こうじん) […]

続きを読む>>


アルパカの夫婦 お城の動物園に仲間入り

和歌山城公園動物園に昨年末、新たにアルパカの夫婦が仲間入りした。 「信州塩尻農業公園チロルの森」(長野県塩尻市)の閉園に伴いやって来た2頭のアルパカは、雄の「パルル」と雌の「アルル」で、ともに10歳。主食の干し草を仲良く […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧