文化・暮らしのニュース一覧

和歌祭5年ぶり地元開催 絢爛豪華な時代絵巻

和歌山市和歌浦西の紀州東照宮の例祭「和歌祭」が12日、和歌浦一帯で行われた。100人を超える男衆が勇ましく本殿から続く108段の石段を駆け下りる「神輿(みこし)おろし」で祭りは幕開け。華やかな衣装をまとった行列が地域を練 […]

続きを読む>>


老舗の味と技が集結 近鉄百貨店で「大京都祭」

和歌山市友田町の近鉄百貨店和歌山店5階催事場で15日から21日まで、「第11回大京都展」が開かれる。50以上のブランドが参加し、京都各地のグルメやスイーツ、京雑貨など伝統工芸品も並ぶ。 京都市、京都商工会議所、公益社団法 […]

続きを読む>>


情熱のスペイン体感 19日にフラメンコの祭典

和歌山市毛見の和歌山マリーナシティ・ポルトヨーロッパで19日、和歌山フラメンコ協会(森久美子会長)プロデュースによる「フラメンコの祭典inポルトヨーロッパ」が開かれる。 スペインのセビリア地方で毎年春に開かれるフラメンコ […]

続きを読む>>


静寂、喧騒テーマに ギャラリーTENで写真展

和歌山市十一番丁のギャラリーTENで15日から26日まで、「静寂」や「喧騒」をテーマにした一般公募写真展が開かれる。 同ギャラリー主催の公募展。それぞれが撮影した、静けさや騒がしさを感じる場面を写した作品が並ぶ。 午前1 […]

続きを読む>>


ニホンミツバチの採蜜へ 和歌浦天満宮に巣箱

希少なニホンミツバチを育成し採蜜しようと、和歌山市和歌浦西の和歌浦天満宮は境内に巣箱を設置し、4月30日、清祓式が行われた。 ニホンミツバチは農薬やダニなどの影響で生息数の減少が危惧されている。巣箱の設置は、江戸時代から […]

続きを読む>>


ベトナム語の運用開始 運転免許の学科試験

和歌山県警は1日から、ベトナム語による運転免許学科試験の運用を始めた。県内に住むベトナム人が近年増えており、今後も増加が見込まれることから実施。これにより外国語の学科試験は英語、中国語、ベトナム語の3言語となった。 外国 […]

続きを読む>>


観光ガイドを募集 和歌山市語り部クラブ

和歌山市内で行う観光ガイドのボランティアを募集するため、和歌山市語り部クラブは25日、同市手平の和歌山ビッグ愛9階A会議室で説明会を開く。 同クラブは現在、50~80代の43人が在籍。和歌山城や同市西浜の日本庭園・養翠園 […]

続きを読む>>


黄色いショウブが見頃 西浜の養翠園で

国指定名勝、和歌山市西浜の養翠園で鮮やかな黄色のショウブ(黄菖蒲)が見頃を迎え、初夏の庭園に彩りを添えている。 アヤメ科の多年草で水辺や湿地に群生する。ハナショウブによく似ているが、キショウブの方が大型で1本の花茎にいく […]

続きを読む>>


和歌浦天満宮で石段発見 東照宮への経路か

日本三菅廟の一つとして長く信仰を集めている和歌浦天満宮(和歌山市和歌浦西)の境内の山林で、江戸時代に使われていたとみられる石の階段が見つかった。同宮と社官(神主)を兼務し、関係が深かった紀州東照宮へと続く経路と推測され、 […]

続きを読む>>


プレミアムボートショー マリーナシティで

和歌山市毛見の和歌山マリーナシティヨット倶楽部を主会場に、11と12の2日間、「マリーナシティ プレミアムボートショー」が開かれる。 マリンライフを彩るクルーザーやフィッシングボートが集まる。ボートショー実行委員会では「 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧