文化・暮らしのニュース一覧

幽玄の世界堪能 日前宮薪能に800人

 和歌山市秋月の日前宮(紀俊武宮司)が主催する、和歌山の夏の風物詩、第38回「日前宮 薪能」が26日に同境内であり、約800人が、かがり火に照らされた舞台で演じられる幽玄の世界を味わった。  厳かな火入れの神事の後、観世 […]

続きを読む>>


歴4年で国展入選 86歳北村さん写真展

 和歌山市関戸の北村廣造さん(86)の写真展「輝跡・和・日常」が8月5日まで、同市西高松のカメラの西本車庫前本店で開かれている。  北村さんはカメラを始めて約4年ながら、国展で2年連続の入選を果たすなど、すでに数々の賞を […]

続きを読む>>


和歌山県庁本館 国登録文化財に

 国の文化審議会が19日に答申した登録有形文化財に、県内では、和歌山市の県庁本館と日高川町の寒川家住宅の2カ所8件が選ばれた。県庁本館は昭和13年の完成以来、戦禍をくぐり抜け、75年にわたって県民に親しまれてきた県を代表 […]

続きを読む>>


洋画家集団「青甲会」展 22日まで県文

 流派を超えた洋画家集団「青甲会」(小川英夫代表)の第67回展が22日まで、和歌山市の県民文化会館県民ギャラリーで開かれている。  同会は昭和21年に結成。会員は、独立や新制作、新世紀、示現会など、さまざまな会に属してお […]

続きを読む>>


ホール活性化へコーディネーター委嘱 和歌山県立図書館

 県立図書館(和歌山市西高松、立野淑郎館長)2階の多目的ホール「メディア・アート・ホール」の活性化に向けて活動する「コーディネーター」8人7団体が決まり、委嘱式が6日、同ホールで行われた。  コーディネーターは、ホールの […]

続きを読む>>


「わかやまパリ祭」500人を魅了

 和歌山パリ祭実行委員会と和歌山シャンソン友の会など主催の第16回「わかやまパリ祭」が6月29日、和歌山市民会館小ホールで開かれ、約500人が伸びやかな歌声と見どころ満載のステージを楽しんだ。  今回は、ゲストに同市出身 […]

続きを読む>>


作品み~んな「たんざくサイズ」 若手作家が展覧会

 和歌山ゆかりの美術家によるチャリティー展「たんざく展」が30日から7月7日まで、和歌山市広道のギャラリーTBで開かれる。七夕にちなみ「たんざくサイズ」(76㍉×364㍉)の絵画や版画、書や工芸、イラストなど、ジャンルを […]

続きを読む>>


「市展」始まる 第1期は日本画など

 和歌山市などが主催する第62回市美術展覧会(市展)が26日、市民会館で始まった。  初日には大橋建一市長や来賓、審査員ら出席のもとテープカットが行われ、美術ファンらが大勢詰め掛けた。  ことしの一般応募は7部門で258 […]

続きを読む>>


亡き夫と共に 植山さん写真展

 和歌山市出身で、兵庫県川西市の植山和美さん(52)が、詩と写真の作品展「行ってきます」を同市本町ぶらくり丁商店街内のギャラリー半田で開いている。7月1日まで。一昨年に55歳で亡くなった夫・哲男さんの写真作品と自身の詩、 […]

続きを読む>>


カンボジア孤児院絵画展 28日~フォルテで

 カンボジアの孤児院の子どもたちの絵画展が28日から30日まで、和歌山市本町の複合商業施設フォルテワジマで開かれる。海南市出身で、カンボジアの孤児院「スナーダイ・クマエ」を運営するメアス博子さん(38)が開くもので、こと […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧