文化・暮らしのニュース一覧

芸術の秋、力作並ぶ 海南市美術展スタート

第15回海南市美術展が28日、日方の海南保健福祉センターで始まった。初日を飾るセレモニーでは授賞式や審査員による講評などがあり、多くの市民が作品の鑑賞を楽しんでいる。10月6日まで。 作品部門は洋画、日本画、書道、写真、 […]

続きを読む>>


ニホンジカの「あき」 お城の動物園で誕生

和歌山市の和歌山城公園動物園で25日、ニホンジカの赤ちゃんが誕生した。 生まれたのは閉園間近の午後4時50分ごろ。居合わせた来園者は母親の「あおい」が出産する様子を見守り、「頑張って!」「もうちょっと!」などと声援を送り […]

続きを読む>>


ガラス作家の西中さん 和歌山市に作品を寄贈

 和歌山市出身のガラス造形作家・西中千人(ゆきと)さん(54)が25日、創作活動30年の節目に故郷の同市に作品を寄贈した。市役所で西中さんから尾花正啓市長に作品が手渡され、尾花市長は感謝状を贈呈した。  西中さんは和歌浦 […]

続きを読む>>


秋風に揺れるコスモス 道の駅青洲の里で見頃

 紀の川市西野山の道の駅「青洲の里」でコスモスの花が見頃を迎えている。10月初旬から中旬まで楽しめるといい、訪れた人は秋風に揺れる花々を見ながら、ゆったりとした時間を過ごしている。  花壇は約10㍍四方で赤やピンク、白の […]

続きを読む>>


天王塚古墳出土品を初公開 紀伊風土記の丘

和歌山県立紀伊風土記の丘(和歌山市岩橋)の秋期特別展「開かれた棺―紀伊の横穴式石室と黄泉(よみ)の世界」が28日から12月1日まで、同所で開かれる。紀伊の横穴式石室の導入から終焉(しゅうえん)までを通じ、古墳時代後期の紀 […]

続きを読む>>


人物や風景を印象的に 写団「創生」作品展

写真クラブ、写団「創生」(藤吉修忠代表)による第24回展が30日まで、和歌山県和歌山市北出島の県勤労福祉会館プラザホープ2階展示室で開かれている。 同クラブは、同市を中心に県内各地に住む14人で構成。プロの写真家の山中健 […]

続きを読む>>


近代日本と陸奥宗光 近代美術館で展覧会

近代日本が本格的に諸外国と交流するため、外務省が設置されてことしで150年となるのを記念する展覧会「外交史料と近代日本のあゆみ」が11月2日から12月15日まで、和歌山県立近代美術館(和歌山市吹上)で開かれる。県出身の元 […]

続きを読む>>


保護猫活動への理解を 熊沢さんが絵画展

「猫漫画家」として活動する熊沢楓さん(=和歌山県由良町)が和歌山市古屋のティーズカフェで、チャリティー展覧会「101匹ねこちゃん展」を開いている。29日まで。 白崎海岸近くで保護ネコ6匹と過ごす熊沢さんは大阪府出身。田舎 […]

続きを読む>>


花や茶で味わう秋 文化協会が観月の夕べ

和歌山文化協会(森本光子会長)の第67回「観月の夕べ」が22日、和歌山県和歌山市のホテルアバローム紀の国の和室で開かれ、来場者は抹茶を味わいながら秋の風情を楽しんだ。 中秋の名月の時季に開いている同協会の年間三大行事の一 […]

続きを読む>>


憧れの紀州の「真景」 県立博物館で企画展

 実際に目にした風景を描き、江戸時代中期から盛んになった「真景図」をテーマにした企画展が10月6日まで、和歌山県立博物館(和歌山市吹上)で開かれている。真景図を語る上で欠かせない紀州の画家・桑山玉洲(くわやま・ぎょくしゅ […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧