文化・暮らしのニュース一覧

和歌山市の井田さんが初の写真個展

 和歌山市和田のアマチュアカメラマン井田幸志さん(55)が11日まで、同市宇須のギャラリー花畑で初めての個展「夜のしじま~紀伊半島の夜~」を開いている。月夜や闇夜、夕暮れや明け方の山や海、空を、長時間露光でフィルムに焼き […]

続きを読む>>


紀州の和菓子文化を一冊に 和大の鈴木教授

和大 鈴木教授

 和歌山大学経済学部の鈴木裕範教授(63)が、一般向けの書『紀州の和菓子~その文化とまちづくり~』を㈱和歌山リビング新聞社から出版した。鈴木教授は「和菓子は地域の歴史風土の中から生まれた文化。和菓子を知ることは地域につい […]

続きを読む>>


県立図書館の上映会リニューアル

 「映画文化を県民に広めよう」 。 和歌山市西高松の県立図書館文化情報センター (谷口義彦センター長) は5月30日、 これまで開いてきた上映会 「図書館映画会」 の趣向を変え、 新上映会 「ぶんじょう名画シネマサロン」 […]

続きを読む>>


和歌山県水墨画協会が15年目の作品展

 県水墨画協会 (小川華瓣会長) は、 ことしで15周年を迎えた毎年恒例の作品展を和歌山市の市民会館で開いている。 3日まで。 市の友好都市・中国山東省の山東画院との日中交流作品展と、 同協会の有志が指導している市内の障 […]

続きを読む>>


和歌山県美術家協会が第50回記念展

 県内最大の美術団体、県美術家協会(清水達三会長)の第50回記念展が23日、和歌山市手平の和歌山ビッグ愛で始まった。洋画・日本画・書・写真・工芸・彫塑・華道の全7部門の作品340点が一堂に展示されている。27日まで。   […]

続きを読む>>


久保さん 『熊野のアリア』出版

 短歌結社「水甕 (みずがめ)」 同人の久保みどりさん (71)=和歌山市吹上=が、 第一歌集『熊野のアリア』を㈱角川書店から出版した。 久保さんは 「私自身が忘れてしまえば跡形もなく消えてしまう日常の出来事を、 押し花 […]

続きを読む>>


御坊祭の獅子舞披露 390周年の和歌祭

春日組 獅子舞

 13日に和歌浦地区で行われる紀州東照宮の例大祭 「和歌祭」 に友情出演する御坊祭春日組の役員が9日、 東照宮を訪れ、 渡御行列の順番などの最終打ち合わせを行った。 春日組は獅子舞を披露することになっており、 和歌祭実行 […]

続きを読む>>


和歌祭の楽器など手作り 楠見中の和田さん

 紀州東照宮 (和歌山市和歌浦西) の例祭 「和歌祭」 には、 大勢の縁の下の力持ちがいる。 同市楠見中の診療放射線技師・和田邦宏さん (54) もその一人だ。 和田さんは3年前から祭りに関わり始め、 道具などを手作り。 […]

続きを読む>>


本紙記者が「百面」メークを体験 和歌祭

 5月13日に行われる紀州東照宮 (和歌山市和歌浦西)の大祭「和歌祭」 の練り物の見どころの一つに、 「百面」 と呼ばれる仮面を着けたにぎやかな一群があり、 百面に脅かされて泣いた子どもは元気に育つといわれている。 十数 […]

続きを読む>>


フォルテ周辺で「和歌祭大ならし」

 5月13日に和歌山市和歌浦周辺で開かれる紀州東照宮の例祭「和歌祭」を前に、同祭をPRする全体練習「和歌祭大ならし」が22日、同市本町の複合商業施設フォルテワジマ周辺で行われた。同市伝統文化活性化実行委員会が主催する同祭 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧