文化・暮らしのニュース一覧

よんたまびえマスク コロナ退散願い販売中

和歌山電鐵㈱(本社=和歌山県和歌山市伊太祈曽、小嶋光信社長)は、新たに「よんたまびえマスク」の販売を開始した。 9月に登場したニタマ駅長マスクに続き、要望があったことから商品化。疫病退散に御利益があると話題の妖怪「アマビ […]

続きを読む>>


犬猫の飼い方講習会 15日に海南保健所で

和歌山県動物愛護センターは15日午後1時半から3時半まで、「犬・猫の飼い方講習会&譲渡会in海南」を海南市大野中の海南保健所2階大会議室で開く。 同センターは、犬・猫の飼育を希望する人に譲渡を行っており、譲渡希望者は飼い […]

続きを読む>>


ご来光はライブ配信 元日お城イベント縮小

和歌山県和歌山市は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、新春の和歌山城での恒例イベントを縮小して開催する。例年1月1日の午前6~9時に行っている天守閣の無料開放は中止し、初日の出はライブ配信する他、「新春つれもて歩こう […]

続きを読む>>


和歌山城も迎春準備 天守閣楠門にしめ縄

2020年もいよいよ押し迫った28日、和歌山県和歌山市の和歌山城天守閣では正月の準備が行われ、楠門(くすのきもん)の通称で知られる二の門に大しめ縄が飾り付けられた。 しめ縄は、長さ約2・2㍍、一番太い部分の直径が約30㌢ […]

続きを読む>>


「書と短歌 季のめぐり」 妻木さん一冊に

和歌山県海南市岡田の妻木伊佐子さんが、自作の短歌を書にしたため、第2集『書と短歌―季(とき)のめぐり』を発刊した。喜寿と金婚式を迎える節目を前に5年ぶりに編んだ一冊で、妻木さんは「ほんの日記代わりの拙い歌ですが、皆さんに […]

続きを読む>>


温泉であったまろう スタンプラリー開催

和歌山県温泉協会(会長=堀順一郎那智勝浦町長)は、県内の温泉施設を巡るとクオカードが当たる「温泉スタンプラリー」を、来年2月28日まで開催している。 県PRキャラクター「きいちゃん」が温泉でくつろいでいるイラストが表紙に […]

続きを読む>>


杉原さん、河内祭保存会に 文科相表彰

芸術・文化の振興や文化財の保護などに尽力した個人、団体に贈られる2020年度地域文化功労者文部科学大臣表彰に、和歌山県内から、音楽家、合唱指導者の杉原治(いさお)さん(86)=和歌山市=と、古座川河内祭(こうちまつり)保 […]

続きを読む>>


総本家駿河屋善右衛門 1月に屋号を変更

老舗和菓子店「総本家駿河屋」(本社=和歌山県和歌山市小倉、岡本良太社長)は来年1月1日、創業560年の節目を迎えるのに合わせ、屋号に創業者・岡本善右衛門の名前を冠し、「総本家駿河屋善右衛門」に変更する。新ブランドの立ち上 […]

続きを読む>>


屏風の美を味わう 県立博物館で企画展

古くから調度品として用いられ、二つで一組を基本としながら、さまざまな形式で人々の目を楽しませている屏風(びょうぶ)の魅力を紹介する和歌山県立博物館(和歌山市吹上)の企画展「屏風の美―収蔵品の名品から―」が来年1月24日ま […]

続きを読む>>


和楽器知ろう 城東中学で箏と尺八の授業

和歌山市立城東中学校(美園町、楠見健校長)でこのほど、日本の伝統楽器への理解を深める授業があり、2年生約60人が箏と尺八について学んだ。 箏と尺八のデュオ「ゆるりら」の川端敏行さん、久保利文音さんらが訪問。「ジングルベル […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧