文化・暮らしのニュース一覧

紀三井寺の桜が満開 平年より4日早く

和歌山地方気象台は3月31日午後、和歌山市でソメイヨシノが満開になったと発表した。平年より4日、昨年と比べると1日早い。 桜の名所、同市の紀三井寺にソメイヨシノの標本木があり、この木の花が8割以上開花すると満開が宣言され […]

続きを読む>>


春告げる自慢の味 加太でワカメ漁が最盛期

和歌山県和歌山市の加太で天然ワカメの漁が最盛期を迎えている。潮の流れが速い加太の海では根がしっかりとして葉が厚く、歯応えのあるワカメが育ち、天然ミネラルやカルシウムが豊富に含まれている。 漁師が素潜りし、鎌を使って水深3 […]

続きを読む>>


情熱刻んだ木版画 海南市の木下護さん回顧展

昨年3月に69歳で亡くなった和歌山県海南市の元中学校美術教諭、木下護さんの作品を紹介する回顧展が30日まで、和歌山市湊通丁北のアバローム2階ギャラリー龍門と、同市湊通丁南のギャラリー白石の2会場で開かれている。「いつか個 […]

続きを読む>>


マスク購入費など補助 和市が緊急経済対策

和歌山市は26日、新型コロナウイルス感染症に伴う緊急経済対策の第1弾を発表。保育所や福祉施設のマスク購入費の補助、学童保育の拡大に要する費用など1億5896万円の2019年度一般会計補正予算を専決処分した他、一部の税や公 […]

続きを読む>>


コロナでも桜まつり 和歌山城で、宴席は禁止

和歌山市では22日に桜の開花が宣言され、29日ごろに満開が予想されているが、新型コロナウイルスの影響で、花見シーズンにも自粛ムードが漂う。 和歌山県内有数の名所、和歌山城公園では市が毎年「桜まつり」を開催。ことしもぼんぼ […]

続きを読む>>


桜鯛の季節が到来 加太伝統の一本釣りに同行

和歌山県和歌山市加太の友ヶ島周辺で「桜鯛」が釣れる時期になった。加太で行われている「一本釣り漁法」はあまりに有名で、和歌山で生まれ育った私も名称ぐらいは知っている。でも実際に、この目で伝統の漁法を見てみたい――。まだ少し […]

続きを読む>>


境内に春の訪れ 子安地蔵寺にXマスローズ

安産祈願のため近畿各地から多くの人が訪れる子安地蔵寺(和歌山県橋本市菖蒲谷、島田弘恭住職)では、早春に咲くクリスマスローズが楽しめる。見頃は4月上旬まで。 約20年前に植えられた1000株以上にもおよぶピンク色のクリスマ […]

続きを読む>>


さまざまな「女性」写す 24日まで男性4人展

「女性」をテーマにした写真展「四人の男が捉えた『女』たち」が24日まで、和歌山県和歌山市宇須のギャラリー花畑で開かれている。 出品者は磯間弘児さん(72)、宮脇和也さん(51)、新井達男さん(79)、大瀬克幸さん(71) […]

続きを読む>>


愛着ある時計を再び 修理専門店「M&K」

自宅に眠ったままの時計はありませんか? 電池がなくなったのか、それとも故障なのか。長年使ってきた愛着のある腕時計や、家族と共に時を刻んできた掛け時計など。「M&K watch repair」(和歌山県和歌山市神前)は、そ […]

続きを読む>>


「スポーツ」テーマに表現 26日~アートのわ展

「子どもも大人も、障害のある人もない人も、隔たりなくアートで一つの『わ』になってつながろう」との思いを込めた展覧会「アートのわ展」が26日から30日まで、和歌山県和歌山市小松原通の県民文化会館大展示室で開かれる。 ことし […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧