文化・暮らしのニュース一覧

草花と味わう令和の秋 文協茶道部が茶花展

和歌山文化協会茶道部(永岡一惠部長)の第31回「茶花(ちゃばな)展」が17日、和歌山県和歌山市のホテルアバローム紀の国で開かれ、多くの来場者が山野の草花と茶席で秋の風情を楽しんだ。 会員38人が72点の茶花を出品。モミジ […]

続きを読む>>


熊野古道に提灯設置 街道の歴史と魅力発信

熊野古道の世界遺産登録15周年にちなみ、和歌山県和歌山市は市内にある熊野古道に提灯(ちょうちん)を設置した。 市ではことし8月に熊野古道推進協議会を開催しており、提灯や案内板設置など、環境整備に向けた事業計画を決めた。市 […]

続きを読む>>


生徒が元気に接客 市高デパートにぎわう

 和歌山市立和歌山高校(六十谷、勝本泰弘校長)で16日、毎年恒例の市高デパートが始まり、生徒たちの元気な呼び込みの声が響いた。17日も行われる。  ことしで43回目。生鮮食品から家庭用品まで1000種類以上の商品を格安で […]

続きを読む>>


山田隆英さんが一席 勤労福祉会館写真コン

 和歌山県勤労福祉会館主催の第33回写真コンテストの入賞者が決まり、一席(同館館長賞)に、海南市の山田隆英さんの「乱舞」が選ばれた。  今回は139人が243点を応募。山田さんの作品は、愛知県豊田市の祭りで、秋晴れの高い […]

続きを読む>>


熊野水軍城館跡が国史跡に 国審議会が答申

国の文化審議会(佐藤信会長)は15日、中世に紀伊半島南岸部を支配した熊野水軍の安宅(あたぎ)氏の城館跡(和歌山県西牟婁郡白浜町安宅)を国指定史跡に、御坊市の大地主だった橋本太次兵衛家の住宅(同市湯川町小松原)を国登録有形 […]

続きを読む>>


神秘的な木の国写す 本紙連載竹田さん個展

本紙に写真紀行エッセイ「木の国悠久の大地」を連載するセイカ㈱専務取締役・竹田元則さん(64)の写真展が19日まで、和歌山県和歌山市湊通丁北のホテルアバローム紀の国2階ギャラリー龍門で開かれている。竹田さんが常駐し、撮影技 […]

続きを読む>>


林家染二さんが講演 21日和市で人権講座

2019年度和歌山市人権講座が21日午後2時から3時半まで、伝法橋南ノ丁の市民会館小ホールで開かれ、落語家の林家染二さんが「笑いと情けが人の輪をひろげる」をテーマに講演する。 染二さんは1984年、現4代目林家染丸さんに […]

続きを読む>>


ぶどう山椒ポテチ 18日からカルビーが販売

 大手菓子メーカーのカルビー㈱(東京都千代田区、伊藤秀二社長)は、和歌山県産の「ぶどう山椒」を使用した「ポテトチップスぶどう山椒味」を18日から、近畿2府4県のコンビニやスーパーマーケットなどで販売する。12月下旬までの […]

続きを読む>>


生け花と作品が調和 文化協会の総合美術展

 生け花と美術作品がコラボレーションする和歌山文化協会(森本光子会長)の「第66回総合美術展」が14日、和歌山県和歌山市伝法橋南ノ丁の市民会館で始まった。17日まで。  華道部員と各分野の部員がペアになり、俳句や日本画、 […]

続きを読む>>


益子と笠間、個性豊かに Msで陶芸5人展

 益子、笠間焼の陶芸家5人による展覧会「製作を楽しみ、制作を愉しむ。」が17日まで、和歌山県和歌山市十二番丁のMsギャラリー12番丁で開かれている。  出品者の一人、藤本均さん(68)は23歳まで紀の川市で過ごし、現在は […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧