社会のニュース一覧

東北の被災地へ竹あかり 想火プロジェクト

11日で発生から10年を迎える東日本大震災。㈱竹千代(和歌山県海南市日方)の社長で「みんなの想火(そうか)プロジェクト」の県代表の谷正義さんが3日、追悼の明かりを被災地に届けようと、「竹あかり」のワークショップを和歌山市 […]

続きを読む>>


優れた製品開発認定 県企業ソムリエに2社

和歌山県企業ソムリエ委員会(会長=島正博・㈱島精機製作所会長)の2020年度の認定企業に㈱ユニカル(橋本市小峰台、小林真治社長)、激励賞企業に㈱山東鐵工所(和歌山市宇須、河井恒治社長)が決まり、2日に県庁で認定、授与式が […]

続きを読む>>


感染が全年代に拡大 県分析コロナ「第3波」

和歌山県は県内の新型コロナウイルス感染状況について発表。昨年11月中旬からことし2月中旬にかけての、新型コロナウイルスの「第3波」の感染状況について、第1波、第2波に比べて全ての年代に広がっていることが分かった。 ことし […]

続きを読む>>


包装デザイン考えよう 和工で産学官交流事業

和歌山県立和歌山工業高校(和歌山市西浜)で4日、産学官交流事業が開かれ、同校産業デザイン科の1年生40人が野上木工㈱(本社=海南市船尾、野上義幸社長)の商品パッケージを題材にデザイン案を製作した。 和歌山市商工振興課と同 […]

続きを読む>>


116年、最後の卒業式 赤十字看護専門学校

和歌山県和歌山市小松原通の赤十字看護専門学校(平岡眞寛校長)で2日、最後の卒業式が行われ、昨年唯一の在校生として先輩を見送った第69回生の35人(男子5人、女子30人)が、赤十字救護員制服に身を包み、同校を締めくくる卒業 […]

続きを読む>>


特殊詐欺防止で連携 県警とセコムが協定締結

和歌山県警と警備サービス大手のセコム㈱和歌山統括支社は2日、特殊詐欺の被害防止で協力する協定を締結した。同社と府県警の同様の協定は近畿で初めて。 セコムは全国の家庭や事業所約250万件とセキュリティー契約を結んでおり、高 […]

続きを読む>>


県書道資料館が30周年 11月まで記念展開催

和歌山県和歌山市西汀丁の県書道資料館(天石東村記念ホール)は、ことし11月に開館30周年を迎えることを記念し、「開館三十周年記念展~感謝をこめて~」を11月30日まで開催している。同館は、同市生まれの書道家で、書道教育の […]

続きを読む>>


新たに1人の感染判明 新型コロナ県内1164人に

和歌山県は1日、新たに田辺保健所管内在住の70代女性が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。県内の累計感染者は1164人となった。4人が退院し、1日午後1時現在で9人が入院している。 70代女性は2 […]

続きを読む>>


苦難の先に明るい未来 県内公立高校で卒業式

和歌山県内ほぼ全ての公立高校で1日、卒業式が行われ、県立向陽高校(和歌山市太田、鈴木晴久校長)では普通科236人、環境科学科76人の計312人が慣れ親しんだ母校を巣立った。 在校生は参加せず、保護者は2人までに制限した他 […]

続きを読む>>


新たに2人の感染判明 新型コロナ県内1163人に

新型コロナウイルスに関して、和歌山県は2月27日に田辺保健所管内の60代無職女性、28日に同保健所管内の70代無職男性の計2人が、感染していることが確認されたと発表した。 県内の累計感染者は1163人となった。28日午後 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧