社会のニュース一覧

世界の課題を議論 17カ国高校生フォーラム

国内外の高校生が国際的な課題について議論する「第7回アジア・オセアニア高校生フォーラム」が26日に始まった。新型コロナウイルスの影響で昨年に続きウェブ会議形式となり、28日の最終日まで、各国の生徒による発表や意見交換の様 […]

続きを読む>>


和大生が茅葺きPJ おむすび屋オープンへ

和歌山大学むすび屋弥右ヱ門茅葺(やうえもんかやぶ)きプロジェクトチーム(福美裕子代表)は9月16日まで、クラウドファンディング(CF)サイト「CAMPFIRE(キャンプファイアー)」内で、地域の魅力を発信する「茅葺きのお […]

続きを読む>>


ワクチン接種証明書の受付を開始 和歌山市

和歌山市は26日、新型コロナウイルスワクチンの接種を受け、海外渡航の予定がある人を対象に、入国時の隔離措置などの免除に必要な接種証明書(ワクチンパスポート)の申請受け付けを開始した。申請は郵送で行う。申請書の様式や必要書 […]

続きを読む>>


秋篠宮ご夫妻はオンライン参加 高校総文

31日に開幕する第45回全国高校総合文化祭「紀の国わかやま総文2021」に、皇嗣(こうし)秋篠宮ご夫妻がオンラインで参加されることが決まった。新型コロナウイルスの感染状況から、昨年の高知大会に続いての対応となった。 31 […]

続きを読む>>


森林や樹木守り育てる 県緑化功労表彰式

森林や樹木を守り育てる活動で功績があった個人や団体に贈られる2021年度和歌山県緑化功労賞の表彰式が県庁で行われ、日高川町の紀中森林組合(中家哲組合長)、和歌山市の加太観光協会(稲野雅則会長)、わかやま市民生活協同組合( […]

続きを読む>>


社員の健康守るために 二次診断受診推奨

企業で働く従業員が一次健康診断の結果を基に受診することができる「二次健康診断等給付」。2001年から始まった制度で、1年に1度、事業者の負担なく無料で受診することができる。社員の健康確保を図るためにも実施が推奨されている […]

続きを読む>>


税務署でクラスター 2回接種後の陽性者も

和歌山県は22、23日の2日間で、県内の10~60代の26人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。和歌山税務署(和歌山市二番丁)で職員の感染が計5人となり、60例目のクラスター(感染者集団)に認定された他、ワクチンを […]

続きを読む>>


生理用品を無料で配布 和歌山市が26日から

和歌山市は、新型コロナウイルス感染拡大などの影響で経済的に困っている女性を支援しようと、26日から生理用品を無料配布する。 さまざまな理由で生理用品の購入が難しい人が対象。経済的理由から生理用品が十分に購入できない「生理 […]

続きを読む>>


南出選手頑張って 母校の巽小中生ら寄せ書き

東京五輪の開会式を目前に控え、和歌山県海南市の巽小学校と巽中学校は19日、両校の卒業生で、東京五輪の男子10㌔水泳オープンウオーターに出場する、南出大伸(たいしん)選手(25、木下グループ)を応援しようと、児童や生徒らが […]

続きを読む>>


「第5波の可能性高い」 感染拡大で呼び掛け

和歌山県福祉保健部の野㞍孝子技監は20日、県庁で記者会見し、県内の新型コロナウイルスの感染状況が11日以降、顕著な上昇傾向を示しているとして、「第5波の入り口に入った可能性が高い」と危機感を示した。 県内では、3月14日 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧