社会のニュース一覧

脱炭素社会へ 和歌山市とパナソニックが協定

和歌山市とパナソニック㈱エレクトリックワークス社(本社=大阪府門真市)は27日、建物で使用するエネルギー消費量を実質ゼロにする「ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)」およびWell-Being(ウェルビーイング)の普 […]

続きを読む>>


盲導犬育成へ理解を アゼリアRCが街頭募金

和歌山アゼリアロータリークラブ(RC、北野敏夫会長)は27日、和歌山市のJR和歌山駅前で盲導犬育成資金活動「ワンワン基金街頭募金」を行った。 会員やボランティアら約20人の他、同クラブの提唱によって22年に慶風高校(紀美 […]

続きを読む>>


美化で誇れる水軒川に 花王などが清掃

地域の川をきれいにし住み良いまちをつくろうと、まちづくりに取り組むNPO法人、自治会、花王㈱和歌山工場(和歌山市湊)らは合同で25日、水軒川(同)の河川敷を清掃した。 清掃活動は、「NPO法人砂山バンマツリ」(樫原雅忠代 […]

続きを読む>>


きのくに信金が植樹 県の「企業の森」で

森林保全を目的とした和歌山県の事業「企業の森」に参加する、きのくに信用金庫(本店=和歌山市本町、田谷節朗理事長)は18日、白浜町田野井の「きのくに信用金庫の森」で植樹を行った。田谷理事長はじめ職員やその家族ら64人が参加 […]

続きを読む>>


JR和歌山駅前で花の植替 慶風高校生徒ら

NPO法人花いっぱい推進協議会は22日、和歌山県紀美野町の慶風高校の生徒と一緒に和歌山市のJR和歌山駅前花壇で花の植え替えを実施。ケイトウ、サルビア、ベゴニアなど6種類1130株を植えた。 同所では同協議会が毎月、草引き […]

続きを読む>>


緑花センターでバラ見頃 75品目咲き誇る

和歌山県岩出市東坂本の県植物公園緑花センターでは、季節のバラが満開となり、来園者を楽しませている。 同園には75品種、約350本のバラが植えられ、赤や黄色、ピンク、紫などの花が色鮮やかに咲き、甘い香りを漂わせている。 見 […]

続きを読む>>


地域の相談役 和歌山市民生・児童委員大会

2024年度和歌山市民生委員・児童委員大会が21日、同市七番丁の和歌山城ホールで開かれた。約700人が参加し、功労者への表彰や講演などを行い、住民に寄り添う地域の身近な相談役として活動のさらなる充実を目指すことなどを確認 […]

続きを読む>>


街の美化、マナー向上へ JTが和駅喫煙所改修

日本たばこ産業(JT)㈱和歌山支社は、和歌山市のJR和歌山駅西口の喫煙所を改修し、一新した喫煙設備一式を寄贈。23日に市役所で寄贈の受け入れ式があり、同支社の米倉健支社長が尾花正啓市長に目録を贈呈し、尾花市長から感謝状を […]

続きを読む>>


入院患者に幸せのスズラン ANAが日赤へ贈る

入院患者と医療関係者の幸せを願い、全日本空輸㈱(ANA)の客室乗務員らが21日、和歌山市小松原通の日赤和歌山医療センターを訪れ、「しあわせ」という花言葉を持つスズランの切り花50本、同社オリジナルのしおり500枚を贈った […]

続きを読む>>


アロチの灯支え79年 「一心」が閉店へ

79年の歴史がある、和歌山市の繁華街・新内(あろち)の和食・うどんの「一心(いっしん)」が24日、閉店する。「アロチ」かいわいの時代の移り変わりを見てきた2代目・森清浩さん(故人)の妻、桂子さん(82)は「ここまでようや […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧