社会のニュース一覧

投じよう一票大切に 県庁前に啓発看板設置

第49回衆議院議員総選挙に向けた準備が本格化する中、和歌山県選挙管理委員会は18日、投票日が31日であることを知らせる啓発看板を県庁本館正門前に設置した。 看板は縦1・5㍍、横10㍍。「投じよう あなたの一票大切に」との […]

続きを読む>>


ビッグホエールが緑に 臓器移植普及推進月間

10月の「臓器移植普及推進月間」にちなみ、和歌山県とわかやま移植医療推進協会は21日まで、和歌山市手平の和歌山ビッグホエールを、移植医療のシンボルカラーであるグリーンでライトアップするキャンペーンを県内で初めて実施してい […]

続きを読む>>


2年連続引き下げ勧告 県職員ボーナス改定へ

和歌山県人事委員会(平田健正委員長)は18日、県と民間の給与の均衡を図るため、県職員のボーナス(期末・勤勉手当)を0・15カ月分引き下げるよう、仁坂吉伸知事と森礼子県議会議長に勧告した。月例給の据え置き、ボーナスの引き下 […]

続きを読む>>


思いやりの心大切に たかだゆき子さん絵本

和歌山市文化奨励賞を昨年受けた同市の児童文学作家、たかだゆき子さん(25)が、4作目となる絵本『おもいやりのこころ』を出版した。テーマにするのは、これまで発表した絵本でも、常に根底にあった「思いやり」の大切さ。SNSなど […]

続きを読む>>


県内8人が日本大会へ 女性応援コンテスト

豊かな人生経験を持つ女性たちが自身の可能性に目覚め、一歩踏み出して地域活性化などに貢献できるよう応援するコンテスト「Mrs of the Year(ミセス・オブ・ザ・イヤー)2021」の和歌山大会が14日、和歌山市七番丁 […]

続きを読む>>


水道管仮設で感謝状 自民県連が管工事業組合に

六十谷水管橋の崩落に伴い発生した和歌山市紀の川北部地域の断水で、自民党県連(会長=二階俊博前党幹事長)は15日、六十谷橋への仮設水道管の設置工事を担った市管工事業協同組合(小向俊和理事長)に感謝状を贈った。 仮設水道管に […]

続きを読む>>


思いやりの花咲かそう ゆっこりん一座初舞台

たかだゆき子さんは、絵本の世界だけでなく舞台にも活躍の場を広げ、思いやりの種をまく。自身が率いる「ゆっこりん一座」と劇団ZEROによる演劇が、11月17日午後2時半から、和歌山市の和歌山城ホールで行われる。 「きのくに舞 […]

続きを読む>>


洗車や清掃お手伝い 海南高校美里分校の生徒

和歌山県紀美野町毛原中の海南高校美里分校(川久保尚志校長)の生徒ら13人は14日、地域に貢献しようとカーブミラーや側溝の清掃、同地区の買い物支援車「きみのり」の洗車を行った。 地区のカーブミラー清掃を通じて、山間僻地(へ […]

続きを読む>>


日曜に乳がん検診 17日に賛同医療機関で

NPO法人J.POSH(ジェイ・ポッシュ)が年1回実施する、日曜日に受けられる乳がん検診「ジャパン・マンモグラフィー・サンデー(J.M.S)」が17日、全国の賛同医療機関で行われる。和歌山県内では、和歌山市、橋本市、御坊 […]

続きを読む>>


ワーケーションを推進 県と富士通が協定

固定的な場所や時間にとらわれない新しい働き方の推進を通して、地域課題の解決や地域の産業活性化につなげようと、和歌山県とITサービスなど大手の富士通㈱は15日、ワーケーション・移住に関する連携協定を締結した。 ワーケーショ […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧