社会のニュース一覧

新規感染者数ゼロ 県内コロナ48日ぶり

和歌山県は24日、県内で新たに新型コロナウイルスの感染者は確認されていないと発表した。 県内での新規感染者ゼロは11月6日以来で48日ぶり。24日午後1時時点の県内累計感染者は590人。6人が退院し、26人が入院している […]

続きを読む>>


全ての職員に感謝 仁坂知事が年末訓示

和歌山県庁で24日、仁坂吉伸知事による年末の訓示があった。ことしは新型コロナウイルス感染症対策として大勢の職員が1カ所に集まるのを避け、庁内テレビで放送された。 映像の中で仁坂知事は、「コロナで明け、コロナで暮れていく年 […]

続きを読む>>


良い初夢で新年を ぶらくり丁で枕絵配布

和歌山県和歌山市の中ぶらくり丁商店街振興組合(川﨑博史理事長)とぶらくり丁商店街協同組合(成瀨鋼理事長)は、枕の下に敷いて寝ると良い初夢が見られるという「初夢枕絵」を製作。両商店街の協賛店約30店で無料配布している。 ク […]

続きを読む>>


新たに3人が感染 新型コロナ県内590人に

和歌山県は23日、県内で新たに30~80代の男女3人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表した。県内の累計感染者数は590人となった。3人が退院し、23日午後1時時点で31人が入院している。 居住地別の感染 […]

続きを読む>>


危機管理を考えた年 尾花市長が振り返り

和歌山市の尾花正啓市長は24日、年内最後の定例記者会見で2020年を振り返り、新型コロナウイルスへの対応や、1月に国道24号花山交差点地下で発生した水道管の漏水問題などを挙げ、「危機管理を改めて考えさせられた年であり、こ […]

続きを読む>>


原風景や伝統訪ねて 西川さん10冊目紀行本

和歌山県紀の川市貴志川町西山の西川寛巳さん(91)が10冊目となる紀行本『にっぽんの旅 こんな旅』をこのほど出版した。西川さんは「好きなように旅をして書いた。自由に読んで楽しんでもらえれば」と話している。 西川さんは19 […]

続きを読む>>


中央市場でテイクアウト 全国初スマホ予約

和歌山市中央卸売市場(西浜)は26日、新鮮な野菜や魚介類などをスマートフォンでの簡単注文でテイクアウトできる全国初の取り組み「わかやま市場」をスタートする。期間限定の実証実験として、来年3月まで実施する。 6月の卸売市場 […]

続きを読む>>


和歌浦の象徴に 玉津島神社の西大鳥居完成

老朽化により1997年に撤去され、再建が願われていた玉津島神社(和歌山県和歌山市和歌浦中、遠北明彦宮司)の西大鳥居がこのほど完成した。23日には奉告祭が行われ、関係者がくぐり初めをして完成を喜んだ。 再建された西大鳥居は […]

続きを読む>>


まだ見ぬ被爆者の兄 残されていた組織標本

75年前に広島に投下された原子爆弾によって兄を亡くした和歌山県和歌山市のフリーアナウンサー・小林睦郎さん(75)のもとに、兄・茂美さんの体の一部が残されているという知らせが届いた。人体への放射線の影響を研究するため、被爆 […]

続きを読む>>


新たに5人が感染 新型コロナ県内587人

和歌山県は22日、県内で新たに10~30代の男性5人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表した。県内の累計感染者数は587人となった。6人が退院し、22日午後1時時点で31人が入院している。 居住地別の感染 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧