社会のニュース一覧

うららかに桜が満開 和歌山城公園にぎわう

和歌山市の桜が見頃を迎え、約600本の桜がある和歌山城公園は26日、花見を楽しむ家族連れらでにぎわった。 同市の桜は昨年より4日、平年より8日早く開花し、すでにほぼ満開。今週末は28日の日曜日が雨の予報のため、26、27 […]

続きを読む>>


避難所で温かい食事を 県と調理師会ら協定

南海トラフ地震などの大規模災害が発生した際に、避難所で温かい食事を円滑に提供できる体制を整えるため、和歌山県は24日、県調理師会(味村正弘会長)、県中小企業団体中央会(玉置篤会長)、日本調理師会(前田洋三会長)の3団体と […]

続きを読む>>


新型コロナ7人感染 変異株は4人、計17人に

和歌山県は24日、県内で新たに10~50代の男女7人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表した。県内の累計感染者は1220人。3人が退院し、24日午後1時時点で41人が入院している。 県によると、居住地別の […]

続きを読む>>


新しい時代に変革を 和大で1128人が巣立ち

和歌山大学(和歌山市栄谷)の卒業式が25日、同市民会館で行われ、四つの学部生と大学院生合わせて1128人が学びやを巣立ち、新たな一歩を踏み出した。 約40年間、同大の卒業式が行われてきた同館は、9月末に閉館予定。この場所 […]

続きを読む>>


市役所周辺の交通規制 市道中橋線整備に伴い

和歌山市役所東庁舎と建設中の和歌山城ホールの間を南北に走り、けやき大通りに至る「市道中橋線」の整備に伴い、4月1日から周辺の交通規制が変更される。 市によると、市営中央駐車場から中橋線に出庫する際は右折(南方面)のみとな […]

続きを読む>>


海南文化協会75周年 記念大会の21人を表彰

創立75周年を迎えた海南文化協会(花畑重靖会長)は20日、和歌山県海南市日方の海南ノビノスで記念の短歌、俳句大会、写真コンテストの入賞者21人を表彰した。役員や来賓、被表彰者ら約50人が75年の節目を祝い、協会のさらなる […]

続きを読む>>


移住やコロナ対応強化 和市人事異動821人

和歌山市は23日、4月1日付発令の2021年度定期人事を発表した。異動規模は821人(前年度比104人減)、うち昇任は294人で、新型コロナウイルス禍での業務の継続性などを考慮し、小さくなっている。組織体制では、移住定住 […]

続きを読む>>


県独自給付金を受付 飲食・宿泊や交通支援

和歌山県は23日、新型コロナウイルスの感染第3波の影響で売り上げが減少した飲食・宿泊・旅行事業者と、バスやタクシーなどの地域交通事業者を支援する独自の給付金の申請受け付けを開始した。5月31日まで。 いずれの給付金も県内 […]

続きを読む>>


コロナ新たに9人感染 英国由来の変異株も

和歌山県は23日、県内で新たに10代から70代までの男女9人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。 県内の累計感染者は1213人となった。同日午後1時時点で37人が入院している。 また、これまでに […]

続きを読む>>


開幕まであと222日 紀の国わかやま文化祭

和歌山県内初開催となる日本最大の文化の祭典、第36回国民文化祭と第21回全国障害者芸術・文化祭「紀の国わかやま文化祭2021」(10月30日~11月21日)の開幕まで222日となった22日、和歌山市の実行委員会は、開催の […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧