社会のニュース一覧

職人の家具味わう 23日まで一級技能士創作展

職人の手作り家具の良さに親しんでもらおうと、和歌山県洋家具商工業協同組合(岡本弘理事長)主催の「第9回和歌山家具手加工一級技能士創作作品展」が17日、和歌山市本町のフォルテワジマ4階イベントホールで始まった。23日まで。 […]

続きを読む>>


小阪さんが2度目の優秀賞 こども落語全国大会

笑いを届けるボランティア団体「わかやま楽落会」の「ぴょんぴょん亭うさぎ」こと小阪はやのさん(13)が、宮崎県で開かれた「第11回ひむかの国こども落語全国大会」の中高生の部で優秀賞に選ばれた。中学生になって初めての大会、小 […]

続きを読む>>


台風10号で交通の乱れ 850人に避難指示

大型で強い台風10号は15日、西日本を縦断し、各地に被害をもたらした。和歌山県内では人的被害はなかったが、鉄道各社は16日午前にかけて運休が相次ぎ、冠水や越波などで28カ所の道路が一時通行規制となるなど、交通は大きく乱れ […]

続きを読む>>


海南市では農道が沈下 昨年被害の補修したばかり

降り始めからの累積雨量が和歌山県海南市内5カ所の観測所で最多の349㍉となった東畑地区では東畑農道海南南部線が崩落し、通行止めになった。 現場は、長さ約30㍍、幅約3・8㍍にわたって沈下し、最大で約60㌢の段差が発生して […]

続きを読む>>


地元の魅力再認識して 帰省者にUIターンのすすめ

お盆の帰省シーズンに合わせた県主催のUIターン相談会が16日、和歌山県和歌山市本町のわかやま定住サポートセンターで開かれ、多くの人でにぎわった。 帰省や旅行などで県内を訪れる人が多い時期に県内での暮らしの魅力をPRしよう […]

続きを読む>>


台風10号が西日本縦断へ 強い雨や風に警戒を

大型の台風10号は15日午後に県に最接近し、西日本を縦断するとみられる。和歌山県内は14日午前までに沿岸部全域には波浪警報が発令され、16日にかけて大雨になる恐れがあり、和歌山地方気象台は浸水や洪水、土砂災害などに厳重な […]

続きを読む>>


人間力強化が大切 日本卓球協の宮﨑さん講演

日本卓球協会強化本部長の宮﨑義仁さん(60)の講演会が11日、フォルテワジマ(和歌山県和歌山市本町)の大ホールで開かれた。105人が参加し、日本の選手層を厚くし、世界に通用する選手を育てる宮﨑さんの「大改革」について耳を […]

続きを読む>>


貴志川線の永続へ 和歌山電鐵が10企画

厳しい経営状況にある貴志川線を永続させようと、運営する和歌山電鐵㈱(和歌山県和歌山市伊太祈曽、小嶋光信社長)は11日、「キシカイセイプロジェクト」を立ち上げた。沿線名の「貴志」と「起死」を掛けた企画。「あと5回きっぷ」の […]

続きを読む>>


環境に優しいSL 有田川町で乗車体験

国連が提唱する持続可能な開発目標(SDGs)を広めようと、D51形蒸気機関車を所有するアチハ㈱(本社=大阪市住之江区)と和歌山県有田川町は10~12日、同町徳田の有田川鉄道公園で環境問題の啓発イベントを実施。親子連れらが […]

続きを読む>>


糖尿病創傷の治癒促進 医大のグループが解明

 和歌山県立医科大学医学部法医学講座の近藤稔和教授を中心とする研究グループが、糖尿病に伴い発生する壊疽(えそ)や潰瘍(かいよう)の発生メカニズムを解明した。このほど和歌山市紀三井寺の同大で記者会見があり、近藤教授が発表し […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧