社会のニュース一覧

「南海線」全線 4月1日からダイヤ改正

和歌山大学前駅

 和歌山大学前駅の開業に合わせ、 南海電鉄は4月1日から、 南海線全線 (南海本線、 空港線、 高師浜線、 多奈川線、 加太線、 和歌山港線) のダイヤを改正する。 南海本線は一日2往復あった全席自由席の特急を廃止して一 […]

続きを読む>>


インフルエンザ本格流行 和歌山市に警報発令

 和歌山市保健所は24日、 市内にインフルエンザ流行発生警報を発令した。 流行しているのは、 ほとんどがA香港型。 保健所は 「乳幼児から成人、 高齢者まで全年齢で注意が必要になる」 とし、 外出後の手洗いやうがいなどの […]

続きを読む>>


年齢問わず楽しめる「スポーツ吹矢」に注目

スポーツ吹矢

 年齢や性別を問わず誰でも簡単に楽しめるスポーツとして、 「吹き矢」 が中高年層を中心に注目されている。 特に高齢者が多い和歌山では、 生涯スポーツとして今後ますますの広がりが期待される。 昨年8月にはスポーツ吹矢協会 […]

続きを読む>>


紀三井寺で消防訓練 文化財防火デー

紀三井寺護国院

 26日の文化財防火デーに合わせ、 和歌山市消防局は25日、 同市紀三井寺の紀三井寺護国院境内で総合消防訓練を行った。 消防局の署員や市消防団名草分団、 同寺の職員や世話人などで構成する自衛消防隊約60人が参加し、 放水 […]

続きを読む>>


ジビエ料理味わおう 2月14日から40店でイベント

ジビエウイーク

 県内産のイノシシやシカの肉を使った料理 「わかやまジビエ」 を、 県内40店舗の飲食店・ホテルで提供するイベント 「ジビエウイーク」 が2月14~26日に開かれる。 各店でジビエ料理を注文し、 アンケートに答えれば、 […]

続きを読む>>


「あがらにいらんで暴力団」 商店街などに看板

あがらにいらんで暴力団

 暴力団排除の機運を高めようと、 和歌山市新通の新通商店街など市内4カ所に 「あがらにいらんで暴力団」 などと書かれた啓発看板が設置され、 24日、 同市南雑賀町の県暴力団追放県民センターで除幕式が行われた。  看板は横 […]

続きを読む>>


地域を支える寄付考える NPOがフォーラム

 地域のボランティアなどの活動を寄付で支える仕組みづくりを考えるフォーラム「1・23 いよいよ動き出す寄付のチカラ」(わかやまNPOセンター主催)が23日、和歌山市友田町のホテルグランヴィアで開かれ、行政や県内のNPO関 […]

続きを読む>>


大漁旗でにぎやかに 旧正月祝い雑賀崎漁港

 旧正月を祝う和歌山市の雑賀崎地区では、来月5日まで漁が一斉休漁。漁船には大漁旗が掲げられ、にぎやかな雰囲気になっている=写真。  漁師の池田健一さん(79)によると、市内で旧正月を祝うのは雑賀崎だけ。一昔前は晴れ着の女 […]

続きを読む>>


80周年記念イベント企画中 桐蔭ラグビー部

 和歌山市吹上の県立桐蔭高校(勝丸健司校長)ラグビー部はことしで創立80周年を迎える。しかし、本年度の部員はマネジャーを含め5人しかおらず、存続が危ぶまれている状態だ。そんな中、今後も部を継続してラグビー界を盛り上げてい […]

続きを読む>>


和歌浦の景観考えるワークショップスタート

景観まちづくりワークショップ

 和歌山市の雑賀崎・田野・和歌浦地区を市景観計画の景観重点地区に指定するために、 地区内のさまざまな景観について話し合う 「景観まちづくりワークショップ」 が21日、 同市和歌浦南の和歌の浦アート・キューブで開かれた。 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧