社会のニュース一覧

考古学の重要性紹介 地震対策講演会

地震災害と考古学

 独立行政法人産業技術総合研究所の招へい研究員、 寒川旭さん (64) が22日、 和歌山市中央コミュニティセンター (同市三沢町) で、 「地震災害と考古学」 と題し、 遺跡調査が地震発生時期の特定につながることなどを […]

続きを読む>>


経験に基づく声続々 がん患者会ら対策条例で意見交換

県がん患者支援協議会

 県内のがん患者会などで構成する 「県がん患者支援協議会」 (岡本久子会長) は22日、 和歌山ビッグ愛 (和歌山市手平) で会合を開き、現在県議会で制定に向けて会議を進めている 「がん対策推進条例」 について意見を出し […]

続きを読む>>


和歌山市の女子大生2人進出 「edgeファイナル」

edge 2012

 若者を対象にした社会の課題を解決するビジネスプランのコンペ 「edge 2012」 (NPO法人edge主催) の学生チャレンジ部門で、 3回の審査を勝ち抜いた和歌山市在住の女子大学生2人が、 29日に大阪市北区の梅田 […]

続きを読む>>


生化学者・泊幸秀さんに「日本学術振興会賞

 紀の川市生まれの生化学者・泊幸秀(とまり・ゆきひで)さん(36)=東京大学分子細胞生物学研究所准教授=が、 研究 「小分子RNA(リボ核酸)がはたらく分子基盤の解明とその応用」 で、 本年度日本学術振興会賞を受賞した。 […]

続きを読む>>


県立中学校で入試スタート

 来年度の県立中学校の入試が21日、 向陽、 桐蔭など県内5校で一斉に始まった。 合わせて1772人が受験する。  志願者525人中449人が受験し、倍率5・61倍の狭き門となった県立向陽中学校 (和歌山市太田、 川恒弘 […]

続きを読む>>


腎臓病患者に好評 「低たんぱくパン」

㈲下津フードサービス

 たんぱく質の摂取を控えなければいけない腎臓病患者のために、 和歌山市狐島でパン屋 「ブレッドハウスピノキオ」 を経営する㈲下津フードサービスは、 時間がたっても柔らかい 「低たんぱくパン」 を作る技術を開発した。 一般 […]

続きを読む>>


通行量開催前の3倍 けやき大通り「手づくり市場

 和歌山市は、 平成21年6月からけやき大通りの歩道上で開いている 「野外アートプロジェクト・わぁーと! 手づくり市場」 を来年度も継続する方向で検討していることが分かった。 現在、 月1回の開催だが人気店もあり、 通行 […]

続きを読む>>


僧侶の大声響く 紀三井寺で大般若経転読法会

紀三井寺

 一年で最初の観音様の縁日 「初観音」 が18日、 和歌山市の紀三井寺 (前田孝道貫主) であった。 本堂では11人の僧侶が大般若経 (だいはんにゃきょう、 全600巻) を繰り落とす 「大般若経転読法会」 (てんどくほ […]

続きを読む>>


22日 県がん条例について患者会が意見交換

 県議会会派代表者による超党派の 「がん対策推進条例検討会」 が昨年12月に発足したのを受け、 「私たち患者や家族の声を届け、 実効性のある条例を作ってもらおう」 と、 県がん患者支援協議会 (岡本久子会長) が22日午 […]

続きを読む>>


深山に「自然観察エリア」整備中 和歌山市

自然観察エリア

 市民の憩いの場にしてもらおうと、 和歌山市は、 同市深山の関空土取り跡地を 「自然観察エリア」 として整備を進めている。 すでにビオトープを造成し、 木製のあずまやや八橋などを設置。 本年度は入り口に紀州材を使用した階 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧