社会のニュース一覧

落語家の桂文福さんら和歌山県に義援金

桂文福さん

 県出身の落語家、桂文福さん(58)と桂枝曾丸さん(43)、 落語専門定席・天満天神繁昌亭(大阪市北区天神橋)の支配人・恩田雅和さん (62) が28日、県庁の仁坂吉伸知事を訪れ、台風12号の義援金13万6000円を届け […]

続きを読む>>


不祥事再発防止へ 和歌山市が大綱まとめる

 車で線路内を走るなど、 和歌山市の職員による不祥事が続発したことを受け、 市が11月に設置した 「市職員不祥事再発防止委員会」 は、 不祥事再発防止策大綱をまとめ、 27日、 公表した。 人事課に新たに 「人事相談員」 […]

続きを読む>>


和歌山県民は「全国一風邪ひかない」

 和歌山人は風邪をひかない?。 県民がこの一年間で風邪をひいた回数が平均1・94回で全国で一番少なかったことが27日、 気象情報会社ウェザーニューズ(本社=東京都)の 「冬の風邪事情調査」 で明らかになった。  今月12 […]

続きを読む>>


高齢者虐待が過去5年で最多 和歌山県内昨年度

 県は昨年度、 県内市町村に寄せられた高齢者虐待に関する相談、 通報件数をまとめた。 通報は170件 (前年比65件増)、 うち虐待と判断されたのは101件 (37件増) で、 平成18年の調査開始以降最多となった。 県 […]

続きを読む>>


地域の意見を集約 伏虎地区の小中一貫校

 和歌山市の伏虎中学校区で小中一貫校設置に向けて協議する「伏虎中学校区学校適正規模化推進協議会」(小島渉会長)の第6回会議が26日、市役所大会議室であり、先月、各地区(本町、城北、雄湊)で開いた説明会での意見を集約した。 […]

続きを読む>>


和歌山県内が流行シーズン突入 インフルエンザ

 県は26日、県内がインフルエンザの流行シーズンに入ったと発表した。  定点患者報告数が、ことし第50週(12~18日)に、流行開始の目安である1・0人を超え1・9人となった。昨シーズンの流行シーズン入りはことし第1週( […]

続きを読む>>


那智勝浦に餅1200個送る 和歌山市の管工事業者

和歌山市管工事協同組合青年部

 台風12号で被災した那智勝浦町を支援しようと、 和歌山市管工事協同組合青年部(中井啓仁部長)は25日、 同市南中間町の管工事会館で餅つきを行い、 翌日、 同町水道局に餅約1200個(約60㌔分)を郵送した。 同部は9月 […]

続きを読む>>


協力者に卵1パック 献血キャンペーン開始

和歌山県赤十字血液センター

 年末年始の血液不足を補おうと、 県赤十字血液センターは26日、 献血協力者に卵1パック(10個)をプレゼントする 「献血でエッ! グ~ キャンペーン」 を開始した。 A、 O型が不足し、 特にO型は手術患者などが集中し […]

続きを読む>>


冬休みの青少年守れ アロチで夜間パトロール

和歌山東署

 和歌山市内の公立学校が冬休みを迎えたことを受け、 和歌山東署は、 管内のJR和歌山駅や繁華街アロチで、 夜間パトロールを行った。  安全な地域づくりを目指す環境浄化対策 (SA対策) の一環で平成11年から毎年取り組ん […]

続きを読む>>


竹中平蔵氏「和歌山の音楽レベルは高い」

NPO法人和陽文化振興会

 日本の伝統文化に触れる機会をつくろうと活動しているNPO法人和陽文化振興会 (竹中平蔵理事長) は23日、 和歌山市民会館で箏 (そう) のクリスマスコンサートを開き、 約150人が市民ホールに響くみやびな音色に酔いし […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧