社会のニュース一覧

和市の商業地は4年連続上昇 19年地価調査

和歌山県は19日、県内213地点の2019年地価調査の結果を発表した。県全体の平均変動率は、住宅地が1991年から29年連続、商業地は92年から28年連続の下落となったが、下落率はいずれも8年連続で縮小。和歌山市の商業地 […]

続きを読む>>


 “映える”夕日スポット 雑賀崎に展望広場

紀伊水道に沈む夕日のスポットとして知られる和歌山県和歌山市の雑賀崎灯台に、展望広場が整備され、インスタグラムなどSNSに〝映える〟新名所として注目されている。 市観光課によると、「観光に生かしてほしい」と、地域住民から灯 […]

続きを読む>>


メダルデザインを募集へ マスターズG関西

2021年に関西を中心に開催される生涯スポーツの国際大会「ワールドマスターズゲームズ(WMG)2021関西」の公式競技メダルデザインの募集が10月17日から始まる。18歳以上であれば応募でき、最優秀賞の作品には賞金30万 […]

続きを読む>>


台風10号で被害10億円超 県内の農林水産業

和歌山県は18日、8月15日の台風10号による県内農林水産業の被害額(確定報)を発表した。総額は前回(8月26日発表)に比べ4億4632万4000円増加し、10億181万7000円となった。 農作物などの被害は前回比53 […]

続きを読む>>


高野山の光が炬火に ねんりんピック採火式

第32回全国健康福祉祭「ねんりんピック紀の国わかやま2019」(11月9~12日)の総合開会式で点火される炬火(きょか)に、高野山奥之院の燈籠堂で約1000年間燃え続けているといわれる「祈親灯」が使われることが決まり、種 […]

続きを読む>>


紀州藩政の中枢 評定所跡の発掘現場を公開

和歌山県和歌山市は14日、和歌山城三の丸跡地に位置する市役所北側(九番丁)の発掘調査現場を公開し、江戸時代に紀州藩の財政を取り仕切っていた役所「評定所」の敷地から発見された石組みや陶磁器などを見ようと、考古学ファンら10 […]

続きを読む>>


マナー守って電車利用を 中学生が呼び掛け

電車や駅の利用マナー向上を呼び掛ける「きのくに・さわやかマナーアップキャンペーン」の初日となった17日、和歌山県和歌山市美園町のJR和歌山駅で中学生が啓発活動を行った。 キャンペーンは春と秋の年2回実施。県内の警察14署 […]

続きを読む>>


直川地区の絆深まる こばと学園夜店50周年

児童養護施設こばと学園(和歌山県和歌山市直川、山本真紀園長)は14日、「第50回こばと学園夜店」を開いた。住民や協力企業の出店や特設ステージの多彩な演芸があり、学園生や約300人の親子連れは和気あいあいと楽しいひとときを […]

続きを読む>>


駐車場の整備へ つつじが丘テニスコート

 和歌山市は、市立つつじが丘テニスコートに駐車場を新たに整備し、災害用の備蓄倉庫などの防災機能を持たせる。大規模大会開催時などに周辺の路上駐車が問題となっており、解消を図る。開会中の9月市議会に設計業務委託費2503万4 […]

続きを読む>>


迅速、安全に消火を 和市消防団が訓練

 和歌山市消防団第1方面隊による大規模な建物火災を想定した訓練が15日、和歌山県和歌山市加太の県消防学校であり、団員らが消火訓練に取り組んだ。  火災が発生した場合に迅速で安全な消火活動ができるよう能力を高めるのが目的。 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧