社会のニュース一覧

ウサギたちに愛を込め Ruiさん画集出版

和歌山県和歌山市在住のイラスト作家、Ruiさんの画集『イラスト作家Ruiの画集 うさぎのりょうま君とモネ君』が夢叶舎(むくしゃ)から出版された。Ruiさんはこれまでにいじめや大切な人の死など実体験をテーマにした絵本シリー […]

続きを読む>>


燃えないFRP開発 名古屋のベンチャー企業

和歌山県内にも出資者がいるEаch DreaM㈱(名古屋市、中野省吾社長)が、燃えないFRP(繊維強化プラスチック)を開発した。FRPは軽量で強度が高く、浄化槽やプレジャーボート、バスタブなどに使用されている。石油由来の […]

続きを読む>>


飛沫防止シート導入 ユタカ交通が感染対策

ユタカ交通㈱(和歌山県和歌山市中之島、豊田英三社長)は、新型コロナウイルス対策として乗客に安心して利用してもらうため、タクシーの運転席と後部座席の間に設置する飛沫(ひまつ)防止シートを、同社保有の全ての車両に設置を始めた […]

続きを読む>>


「ずっと待ってた」 百貨店など営業再開

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除された和歌山県内で、18日には百貨店や大型ショッピングモールなどが感染防止対策を講じた上で全館の営業を再開させた。買い物客からは「ずっと待っていた」という喜びの一方、「まだ怖さも […]

続きを読む>>


感謝の思い医療現場へ 和歌山城が青色に

新型コロナウイルスの感染拡大に対応する医療従事者に敬意と感謝の気持ちを表そうと、和歌山県和歌山市の和歌山城天守閣が17日、青くライトアップされた。21日まで点灯する。 この「ブルーライトアップ」の取り組みは英国で始まり、 […]

続きを読む>>


厳かに「和歌祭」神事 疫病の終息祈願も

紀州東照宮(和歌山県和歌山市和歌浦西)で17日、例祭「和歌祭」の神事が執り行われた。祭りの見どころである「神輿(みこし)おろし」と「渡御(とぎょ)行列」は新型コロナウイルス感染防止のため中止し、神事のみとした。疫病の影響 […]

続きを読む>>


感染対策にマスク1万枚 連合和歌山が県に

連合和歌山(池田祐輔会長)は18日、新型コロナウイルスの感染拡大で不足しているマスク1万枚を和歌山県に寄贈した。 感染の収束が見通せない中、感染リスクがある中で対応に当たっている医療従事者や福祉の現場に役立ててもらおうと […]

続きを読む>>


子どもの教育充実に 今川商店100万円寄付

駐車場経営など不動産賃貸業を営む㈱今川商店(和歌山県和歌山市吉田、今川幸藏代表取締役社長)は設立100周年記念事業の一環として100万円を県教育委員会に寄付し、13日に県庁南別館の教育長室で贈呈式が行われた。 愛知県から […]

続きを読む>>


飲食宿泊業が力合わせ 和歌浦で意見交換

和歌山県和歌山市の和歌浦・雑賀崎地区で飲食業や宿泊業を営む経営者や店舗責任者らが、集まって地域の活性化について考えるキックオフミーティングが14日、リゾートホテル「エピカリス」(新和歌浦)で開かれた。 気候が暖かくなる行 […]

続きを読む>>


妊婦や一人親家族支援 和歌山市が経済対策

和歌山県和歌山市は15日、新型コロナウイルス感染症で影響を受けている市民や事業者に対する独自の新たな緊急経済対策を発表した。妊婦1人あたり10万円の支給、児童扶養手当受給の一人親家庭などへの給付金、プレミアム付きクーポン […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧