社会のニュース一覧

クラスター2件認定 新学期で集団感染警戒

和歌山県は23日、県内で幼児から80代の67人が新型コロナウイルスに感染し、和歌山市内で新たに2件のクラスター(感染者集団)を認定したと発表した。病床数は10増やし、560床となったが、使用率は89・8%で依然として逼迫 […]

続きを読む>>


郷土の偉人誇りに 陸奥宗光像建立50周年

和歌山市出身の元外務大臣、陸奥宗光(1844―97)の銅像が同市に建立されてから50年になることを記念した式典と講演会が21日、市内で行われた。参加者は明治時代に不平等条約の改正などに尽力した陸奥の功績を振り返りながら、 […]

続きを読む>>


病床使用率9割超 集団感染続き医療逼迫

和歌山県は21、22日の2日間で、県内で乳児から80代の154人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。田辺保健所管内で個人宅での法要に参加した親族8人(うち1人は県外計上)の感染が確認され、75例目のクラスター(感染 […]

続きを読む>>


妊婦優先接種に配慮を 県が市町村に通知

和歌山県は23日、妊婦やその配偶者らが新型コロナウイルスワクチンを優先的に接種できるよう、各市町村に配慮を要望する通知を出した。 千葉県で新型コロナに感染した妊婦の入院先が見つからず、療養中の自宅で早産となり、赤ちゃんが […]

続きを読む>>


最優秀賞に和田雄次さん 全日本YPC展

全国の写真愛好家でつくる読売写真クラブ(YPC)の合同展「2021全日本読売写真クラブ展」(個人部門)の最優秀賞に、和歌山市和歌浦東の和田雄次さん(72)の「朝日のあたる漁村」が選ばれた。応募作約1600点の頂点に輝いた […]

続きを読む>>


勲功爵うれしいニャ ニタマ駅長に称号授与

和歌山電鐵貴志駅の執行役員、ウルトラ駅長のニタマに21日、和歌山を全国に発信した功績者を県が表彰する「和歌山県勲功爵(わかやまでナイト)」の称号が贈られた。 「わかやまでナイト」は2008年、同駅の名誉永久駅長「たま」が […]

続きを読む>>


90人が感染 ワクチン2回接種の女性死亡

和歌山県は20日、新たに幼児から100歳代の男女90人が新型コロナウイルス感染症に感染したと発表した。一日の感染者数は2日連続で過去最多。ワクチン2回接種済みの90代女性が死亡し、ワクチン接種後、初の死亡例となった。死亡 […]

続きを読む>>


応急復旧工事が完了 紀の川堤防のり面

17日の大雨で崩れていた紀の川右岸の堤防のり面について、和歌山河川国道事務所は19日に応急復旧工事が完了したと発表した。本復旧は10月以降に開始の予定となっている。 現場は紀の川右岸3・2㌔付近(和歌山市北島)の堤防。の […]

続きを読む>>


コロナ禍も交流 星林高でオンライン留学

コロナ禍で海外留学など、国際交流が途絶えがちな今、星林高校(和歌山市西浜)ではネット環境を利用し、〝こんなとき〟だからこその新たな取り組みとして、「オーストラリアオンライン留学プログラム」を企画し、18日から23日までの […]

続きを読む>>


おうちレストラン開店 シェフトゥーが話題

あなたのおうちを、最高のレストランに――。新型コロナの感染拡大で外食需要が影響を受ける中、全国の一流レストランのメニューが特別な冷凍技術によって自宅で楽しめる「chef to(シェフトゥー)」という新たなサービスが話題を […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧