社会のニュース一覧

しましま赤ちゃん お城の動物園にエミュー

和歌山県和歌山市の和歌山城公園動物園でエミューの赤ちゃんが誕生し、18日から期間限定で公開されている。 赤ちゃんはことし2月にアドベンチャーワールド(白浜町)から譲り受けた卵を孵卵機(ふらんき)で約50日温め、4月18日 […]

続きを読む>>


建設費16億円増額 新市民会館3度目入札へ

2度の入札の不調により着工と開館が遅れている和歌山市民会館(仮称)市民文化交流センターについて、和歌山県和歌山市は24日開会の臨時議会で整備工事費として86億318万6000円の一般会計補正予算案を提出する。総事業費は総 […]

続きを読む>>


パンチで難病改善を 初ボクシング研修会

体が動かしづらくなる難病・パーキンソン病の症状改善を促進する「ロックステディボクシング」の研修会が16日に和歌山県和歌山市鳴神のフジボクシングジムで開かれた。患者や関係者約30人が参加し、さまざまなトレーニングで汗を流し […]

続きを読む>>


業務円滑化へ整備を 弁護士会の廣谷会長

和歌山弁護士会の2019年度新役員就任披露の会が16日、和歌山県和歌山市七番丁のダイワロイネットホテル和歌山で開かれた。 新役員は1月に選挙が行われ、会長に廣谷行敏氏、副会長に山岡大、西直哉、沖本易子の3氏が無投票で決定 […]

続きを読む>>


和歌山県内は29人に栄誉 春の危険業務従事者叙勲

警察官や消防職員など、危険性の高い業務に従事した功労者に贈られる第32回危険業務従事者叙勲の受章者が21日に、発令される。県関係の受章者は、県が上申した6人と中央省庁などで選考された23人の計29人。県関係の受章者総数は […]

続きを読む>>


和歌山県内初の水素ステーション 18日記念式典

 県は、岩谷産業㈱(本社=東京・大阪)が和歌山市太田で建設中の水素ステーション「イワタニ水素ステーション和歌山太田」について、営業開始時期をことし7月と発表した。  18日には同社が建設地で開設記念式典を行い、午後1時か […]

続きを読む>>


横断歩道は歩行者優先 県警啓発ステッカー

 横断歩道での歩行者優先を徹底しようと和歌山県警は15日、トラックやバス、タクシーなどの運輸関係団体に「STOP!横断歩行者妨害」と書かれたオリジナルステッカー約3000部を贈呈し、協力を呼び掛けた。  県警は昨年のJA […]

続きを読む>>


がん診療拠点の高度型に指定 日赤和歌山

 厚生労働省は、地域のがん治療の中核を担う「地域がん診療連携拠点病院」に392施設を指定した。このうち、特に治療実績などが優れている「高度型」14施設に、日赤和歌山医療センター(和歌山市小松原通)が指定された。和歌山県内 […]

続きを読む>>


ヒナが待ち遠しい 星林高でツバメが巣作り

 和歌山県立星林高校(和歌山市西浜)の正面玄関の軒下にツバメが巣を作り始め、日々生徒たちが温かく見守っている。  作り始めたのは5月上旬。人の出入りが多いため天敵がなく、雨がしのげる場所とあって安心したのか、つがいと見ら […]

続きを読む>>


IR誘致へ 仏企業が和市に事務所を開設

和歌山県がカジノを含む統合型リゾート(IR)誘致を進める中、フランスの大手IR事業者「グループ・ルシアン・バリエール」が14日、候補地の和歌山マリーナシティ(和歌山市毛見)で記者会見を開き、市内に日本初となる事務所を開設 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧