社会のニュース一覧

新規感染者は121人に増 クラスターは1件

和歌山県は28日、県内で新たに121人が新型コロナウイルスに感染し、前週の同じ月曜より4人増加したと発表した。クラスター(感染者集団)は新規1件を認定した。 121人の保健所管内別内訳は、和歌山市52人、海南3人、岩出1 […]

続きを読む>>


地元音楽家と作曲 近大付属中がSDGs活動

和歌山市善明寺の近畿大学付属和歌山中学校の2年生約180人はこのほど、総合学習の一環として、地元のサックス奏者と作曲家の2人を招き、自分たちが取り組む自然保護活動を紹介する際のテーマ曲作りに挑戦した。授業は終始和やかなム […]

続きを読む>>


IR「責任持ち同意」 和市議会特別委で尾花市長

和歌山市毛見の和歌山マリーナシティに県が誘致を進める「カジノを含む統合型リゾート(IR)」の区域整備計画案にについて、立地市の立場から同意か不同意かを決める市議会臨時会が28日開会した。これまでもIR誘致の必要性を訴えて […]

続きを読む>>


週末の感染296人に増 BA・2確定9人に

和歌山県が26、27日の週末に発表した新型コロナウイルスの新規感染者は296人で、前週の同じ土・日曜に比べ8人増加した。オミクロン株の派生種で、より感染力が強いとされる「BA・2」の感染確定は5人増の9人、感染疑いは11 […]

続きを読む>>


花山で春恒例の植樹 うららくらぶが里山整備

和歌山市鳴神の里山「花山」で環境保全活動に取り組む団体「花山うららくらぶ」(中村源吾代表)は27日、ヤマアジサイやドウダンツツジなどの苗木を植樹した。 人が歩いて入るのが難しいほど生い茂り、竹林の侵食で広葉樹の枯死などが […]

続きを読む>>


4月2日新装オープン 道の駅四季の郷公園

関西最大級の広さを誇る和歌山市明王寺の道の駅「四季の郷公園」が来月2日、リニューアルオープンする。25・5㌶の広大な敷地を生かし、子どもから大人まで家族で楽しめる遊具施設や憩いの場が充実、整備された。開園当日にはミニコン […]

続きを読む>>


色紙に方言で意気込み 和市アニメ大使就任

和歌山市の友ヶ島を舞台にしたテレビアニメ「サマータイムレンダ」の主要キャラクター小舟潮(こふね・うしお)さんの市アニメ観光大使の就任式が24日、市役所であった。漫画原作者で市出身の田中靖規(やすき)さんが色紙に描いた、潮 […]

続きを読む>>


「BA2」確定4人目 新規148人クラスター2件

和歌山県は25日、県内で新たに148人が新型コロナウイルスに感染し、前週の同じ金曜より28人減少したと発表した。新規クラスター(感染者集団)は2件認定。オミクロン株の派生種で感染力が強いとされる「BA・2」の感染確定が1 […]

続きを読む>>


春本番! 桜開花、クマのベニー目覚め

和歌山市一番丁の和歌山城公園動物園の園長、ツキノワグマの雌のベニーが25日、冬眠明けからの仕事始めを迎えた。ベニーは推定29歳の〝おばあちゃん″だが毛並みは良く、口を大きく開けて元気な姿を見せた。 ベニー園長は推定で体長 […]

続きを読む>>


新規19日ぶり前週比増 新型コロナ感染

和歌山県は24日、新型コロナウイルスに感染した海南保健所管内の70代男性が亡くなり、県内の死者が累計108人となったと発表した。新規感染者は198人で、前週の同じ曜日と比べて22人増え、5日以来19日ぶりに増加に転じた。 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧