社会のニュース一覧

個人情報、公文書の不祥事で懲戒基準追加 県

個人情報の流出や公文書の紛失が相次いだことを受け、和歌山県は8日付で、個人情報と公文書の取り扱いに関する不祥事があった場合の懲戒処分の基準を設けた。 内規である「懲戒処分の基準」に、不祥事の標準的な処分例を追加した。 個 […]

続きを読む>>


ワクチン予約3割抑制 国の供給減で和歌山市

新型コロナウイルスワクチンの国からの供給量が減少していることを受け、和歌山市は15日、26日の週から1回目の接種の予約受け付けを約3割抑制すると発表した。ワクチン接種記録システム(VRS)に基づき、国は未接種のワクチンが […]

続きを読む>>


五輪出場の畑山選手を応援 楠見地区に懸垂幕

東京五輪セーリング競技「ナクラ17級(混合)」で日本代表に内定した畑山(はたやま)絵里さん(29、和歌山市出身の㈱エス・ピー・ネットワーク)を応援しようと、母校の楠見小学校と地元の楠見連絡所の2カ所に懸垂幕が設置された。 […]

続きを読む>>


功労者21人を表彰 和歌山市観光協会が総会で

和歌山市観光協会はこのほど、和歌山市七番丁のモンティグレ(ダイワロイネットホテル和歌山)で通常総会を開き、観光事業優良従業員の表彰式を行った。旅館や交通、観光業の21人を表彰した。 同協会は3月31日、観光庁の「観光地域 […]

続きを読む>>


高校総文を応援 ローソンが生徒とコラボ

高校生による国内最大の文化・芸術の祭典、第45回全国高校総合文化祭「紀の国わかやま総文」(31日~8月6日)を応援しようと、コンビニエンスストア大手の㈱ローソンは、和歌山県産食材を使用し、パッケージデザインに県内の高校生 […]

続きを読む>>


東京の感染の犠牲に 高校総文に影響で知事

東京都に新型コロナウイルスの緊急事態宣言が再発令されたことなどから、31日に和歌山県内で開幕する第45回全国高校総合文化祭「紀の国わかやま総文2021」への皇族の出席が不透明な状況となっており、仁坂吉伸知事は14日、「な […]

続きを読む>>


20日間で完売 県のリフレッシュプラン

和歌山県民による県内旅行の費用を1泊あたり最大1万円割引する「わかやまリフレッシュプラン2nd」の電子チケット36万8000枚が11日で完売した。 県によると、新型コロナウイルスで深刻な影響を受けている観光業を支援するた […]

続きを読む>>


地域の交通安全を推進 母の会が功労者表彰

和歌山県交通安全母の会連絡協議会(北島益美会長)は12日、2021年度通常総会を和歌山市手平の和歌山ビッグ愛で開いた。功労者を表彰し、役員の選任では北島会長ら正副会長4人全員が再任された。20年度の事業や決算報告、21年 […]

続きを読む>>


県内初デルタ株確認 早期発見、隔離が重要

和歌山県は13日、新型コロナウイルスのデルタ株(インド型)の感染者3人が県内で初めて確認されたと発表した。県福祉保健部の野㞍孝子技監は「アルファ株(イギリス型)より感染力が強く、重症化のリスクも高いといわれており、早期の […]

続きを読む>>


安全な地域に尽力 警察法施行記念で表彰

7月1日の警察法施行記念日にちなみ、和歌山県内の各警察署で警察活動の各分野に協力した人や団体への感謝状の贈呈式が行われ、地域の防犯活動や交通安全活動など、安全な地域づくりに尽力する活動をたたえた。現行の警察法は1954年 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧