社会のニュース一覧

新年度異動は852人 国体準備など体制強化 和歌山市

 和歌山市は21日、 4月1日付発令の平成25年度人事と組織改編を発表した。 異動規模は前年度(909人)より小さい852人(うち昇任251人)、局長級の異動は5人(同4人)で、職員数は前年度比27人減の2961人となる […]

続きを読む>>


受験生、笑顔広がる 高校入試合格発表

 平成25年度の公立高校入試の合格発表が19日、県内の各高校で行われた。合格した生徒たちは歓声を上げ、友人と抱き合ったり、涙ながらに携帯電話で家族に報告したりと喜んでいた。  和歌山市西浜の県立星林高校では、午前10時の […]

続きを読む>>


ほとんどの公立小学校で卒業式 和歌山

 県内のほとんどの公立小学校で19日、平成24年度の卒業式が行われた。和歌山市今福の市立今福小学校では、卒業生46人が三木佐文校長から卒業証書を受け取った。  三木校長は卒業生に「初心忘るべからず」「夢の実現」を祝いの言 […]

続きを読む>>


県警が防犯カメラ18台増設 アロチ

 県警は本年度から3年計画で、犯罪の起きにくい社会づくり推進事業を実施。街灯防犯カメラを増設し、犯罪抑止を図っている。本年度は事業費1750万円を使い、和歌山市の繁華街「アロチ」の9カ所に18台設置し、運用開始した。   […]

続きを読む>>


ベニーおはよう 冬眠からお目覚め

 和歌山市の和歌山公園動物園のツキノワグマ「ベニー」(メス、推定19歳)が19日、冬眠から目覚め、来園者らに元気な姿を披露した。  ベニーはことし1月15日から小屋で冬眠。毎年、日中の外気温が20度前後になると、冬眠を終 […]

続きを読む>>


小久保さんに「紀らめき大賞」 和歌山市

 和歌山市は本年度、スポーツ、文化などの分野で県内外で活躍し、市の名声を高めた人を表彰する「紀らめき大賞」を創設。初の受賞者に、昨年福岡ソフトバンクホークスを最後に引退した同市出身の元プロ野球選手、小久保裕紀さん(41) […]

続きを読む>>


三年坂通り 電線地中化事業進む

 県は、和歌山市の県道和歌山野上線(通称三年坂通り)、田中町交差点付近から西に約500㍍の区間で、電線地中化事業を進めている。街灯36基の設置や、南側歩道(一部北側)の幅を10㌢~1㍍削り、現在右折禁止になっている各交差 […]

続きを読む>>


吹上小6年生が卒業ソング作成

 最高の仲間たちとの思い出と感謝の気持ちを歌に。19日に卒業式が行われる和歌山市立吹上小学校の6年生60人が、オリジナル卒業ソング『思い出の扉』を作成した。自分たちだけの特別な歌を胸に、旅立ちの日を迎える。  吹上史上最 […]

続きを読む>>


ジンジャーエール第2弾 来月「梅ひと雫」新発売

 JAわかやま(和歌山市栗栖)は15日、新商品「梅ひと雫Wakayama GigerAle」を来月1日に発売すると発表した。  新商品は同JA、和歌山商工会議所などが開発し、3年間で約300万本を売り上げたヒット商品「生 […]

続きを読む>>


レスリングの五輪存続を JR和歌山駅前で署名活動

 レスリング競技が2020年五輪競技の除外候補となったことを受け、県レスリング協会は16日、JR和歌山駅を中心にレスリング競技存続を呼び掛ける署名活動を行った。県内高校のレスリング部員やレスリングジュニアクラブに所属する […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧