社会のニュース一覧

入試問題にミス 和歌山大学大学院

 和歌山大学は17日、 来年度の大学院教育学研究科修士課程 (第二次募集) の入学試験問題の一部に誤りがあったと発表した。  同大によると、 誤りは、 教科教育専攻理科教育専修化学分野の外国語科目 「英語(化学)」の筆記 […]

続きを読む>>


学んだ技術を母国で 理学療法士目指すハイさん

 県内唯一の理学療法士養成施設として、 平成20年4月に開校した和歌山国際厚生学院 (和歌山市北野、 寺下俊雄校長) の1期生がこの春、 卒業する。 卒業生たちは今月26日にある国家試験合格に向け、 今がまさに正念場。 […]

続きを読む>>


住民ら200人反対デモ 和歌山市の産廃建設

山口地区連合自治会

 和歌山市の山口地区連合自治会(園部尚正会長)などは16日、 同地区に計画されている産廃の最終処分場建設に反対するため、 JR和歌山駅前から市役所までデモ行進を行い、 市に対し、 追加の反対署名4万人分を提出した。 今回 […]

続きを読む>>


「宿場まつり」PR 草津キャラバンが来社

宿場まつり

 4月29日に滋賀県草津市で行われる 「宿場まつり」 などをPRしようと、 同市観光物産協会のキャラバン隊が15日、 和歌山市福町の和歌山新報社を訪れた。 メンバーは 「まつりのメーンとなる時代行列で、 江戸時代にタイム […]

続きを読む>>


交通事故減少目指し 白バイ待機所に横断幕

 交通事故を減らそうと、 県警本部などは15日、 和歌山市舟大工町の交通機動隊和歌山分駐所 (白バイ待機所) に交通安全啓発用の横断幕4枚を掲げた。  同所は、 昭和53年8月に設置され、 交通機動隊の立ち寄り所として活 […]

続きを読む>>


和大生と交流深める 中国の姉妹校が訪問

東北財経大学

 中国の大連市にある東北財経大学の学生ら20人が15日、 姉妹校の和歌山大学 (和歌山市栄谷) を訪れ、 さまざまな会話を通して交流を深めた。  東北財経大学は中国企業の協力で19日までの1週間、 日本の6都府県を訪れる […]

続きを読む>>


交通遺児を支援 JA共済が寄付

全国共済農業協同組合連合会県本部

 交通遺児の経済的支援をするため、 全国共済農業協同組合連合会県本部 (JA共済県本部、 菖蒲奥典侑会長) は15日、「県交通遺児を励ます会」 に寄付金を贈った。 JA共済は、 地域貢献活動に取り組んでおり、 今回は交通 […]

続きを読む>>


減災、復興に重点 和歌山県来年度一般会計

 県は15日、平成24年度の当初予算案を発表した。一般会計は、前年度より321億円(5・9%)増え5748億円。東日本大震災を受けた防災・減災対策、台風12号被災地の復興事業、開催が迫る「紀の国わかやま国体」(平成27年 […]

続きを読む>>


「県介護支援事業所協議会」が設立

 介護支援専門員や居宅介護支援事業所の質と地位の向上を目指そうと、 「県居宅介護支援事業所協議会」 の設立総会が14日、 和歌山市屋形町のルミエール華月殿で開かれた。 役員選出では 「ケアランド和歌山」 (同市黒田)の中 […]

続きを読む>>


和歌浦の天然アサリ ネット下で順調に増加

 和歌山市などが片男波潮干狩り場(同市和歌浦南)の干潟に防護ネットを張って実施している天然アサリの増減調査で、ネット内のアサリの総数(総重量)が、ネットを敷設した平成22年3月(ゼロ)から順調に増え、2㌧を超えたことが分 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧