社会のニュース一覧

さくらサーカス開幕 多彩なステージに歓声

大手サーカス団から独立し、印南町を拠点に新たに旗揚げした「さくらサーカス」の和歌山公演が6日、和歌山市中島のJR宮前駅前特設会場で始まった。来年1月31日まで。コロンビア出身のアラン・マルチネスさん(42)と日本人で妻の […]

続きを読む>>


子ども食堂に米贈る 和歌山アゼリアRC

和歌山アゼリアロータリークラブ(野村伸会長)はこのほど、青少年育成事業の一環として「鳴神子ども食堂」(和歌山県和歌山市鳴神)に、米作り体験で収穫した米を贈った。 同クラブ会員が食堂を利用する小学生らと一緒に春の田植えと秋 […]

続きを読む>>


親子の居場所守る ぐるんぱ利用者が署名活動

来年度、和歌山県和歌山市の地域子育て支援拠点が現在の12カ所から10カ所になることを受け、拠点施設となっている「ほっとルームぐるんぱ」(同市福島)の利用者らが、施設の存続などを求めて署名活動を行っている。メンバーは「親た […]

続きを読む>>


救急搬送者も 県内新型コロナ感染累計288人

和歌山県は7日、和歌山市在住の男子小学生など計7人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表した。うち1人は大阪府の発表分に含まれる。 男子小学生は5日に感染が発表された40代男性の同居家族。4日に濃厚接触者と […]

続きを読む>>


秋の火災予防運動 アンバサダーにファンファン

秋の全国火災予防運動(9~15日)の和歌山県和歌山市のスタートキャンペーンが8日、毛見の和歌山マリーナシティで行われた。地域密着型アイドルグループ「Fun×Fam(ファンファン)」が市消防局ファイヤアンバサダーに就任し、 […]

続きを読む>>


消防局に発電機を寄贈 LPガス協和歌山市支部

和歌山県LPガス協会和歌山市支部(山下純生支部長)は9日、市消防局にLPガスを燃料とする発電機とガス容器一式を寄贈した。消防応援活動支援車に搭載し、日常の消防活動や災害による停電発生時などに活用される。 LPガスは、運搬 […]

続きを読む>>


バイローカル推進の9日間 和歌山YEG企画

地域内消費や取引で和歌山の活性化を推進する「―BUY LOCAL―LOVE和歌山9Days~地元で買って食べて商談しよう! 9日間チャレンジ!!~」(主催=和歌山商工会議所青年部=和歌山YEG、島垣利光会長)が7日にスタ […]

続きを読む>>


開館15周年 和市消防局防災学習センター

ことし開館15周年を迎えた和歌山市消防局防災学習センター(和歌山県和歌山市八番丁)は5日、記念セレモニーで節目を祝った。新型コロナウイルスの影響でセレモニーは延期となっていたが、この日は「世界津波の日」でもあり、参加した […]

続きを読む>>


トルコ地震支援を 友好の原点和歌山から

トルコ西部イズミル県沖のエーゲ海で10月30日に発生した地震を受け、日本・トルコ友好の原点の地である和歌山から被災者を支援しようと、和歌山県と県内30市町村が一体となって義援金を募っている。 1890年、日本を訪問したト […]

続きを読む>>


IR開業26年春ごろに 県が新スケジュール

カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備に向け、政府が自治体からの整備計画の申請期間を延長するなどの修正を盛り込んだ基本方針案を示したことを受け、和歌山県は6日、IR開業時期を当初より1年延ばし、2026年春ごろとする新 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧