社会のニュース一覧

音楽好き集まれ 2月から「お達者!倶楽部」

 地域の音楽の活性化と音楽好きの交流を図ろうと、和歌山の音楽情報ブログを運営する「和歌山ライブの歩き方編集局」(岩橋和廣局長)は新サークル「お達者!倶楽部」を立ち上げ、2月から活動開始する。誰でも無料で参加でき、岩橋局長 […]

続きを読む>>


そばに置いてほしいワン きいちゃんぬいぐるみ発売

 きいちゃん買って国体を応援しよう。紀の国わかやま国体・大会実行委員会は、両大会のマスコット「きいちゃん」の募金付きぬいぐるみを26日発売する。代金は全額、両大会の運営費として活用される。  同委員会によると、ぬいぐるみ […]

続きを読む>>


「和歌山最高!」 わんだーらんどがCM撮影

 吉本興業の 「住みます芸人」 が和歌山の魅力を伝える30秒テレビCMの撮影が19、 20の両日、 和歌山城天守閣などであった。  CMは沖縄国際映画祭(3月23~30日)の 「JIMOT(地元) CM COMPETIT […]

続きを読む>>


ALS病因解明に期待 タンパク質分解異常の関与証明

 神経難病の一つ、 筋萎縮性側索硬化症 (ALS) の発症に、 タンパク質の分解異常が関与することを示す研究成果を、 県立医科大学の伊東秀文教授や京都大学などの研究グループが発表し、 米国の科学誌 「ジャーナル・オブ・バ […]

続きを読む>>


災害現場で頑張るワン 「くぅ」捜索救助犬に

 小型警察犬の先駆けとなったミニチュアシュナイザーの 「くぅ」 (クリーク号、 オス・5歳) が悲願の捜索救助犬の指定を受けた。 19日午後に、 警察犬の指定・指導手嘱託式が和歌山市西の交通センターで行われ、 指定書と嘱 […]

続きを読む>>


センター試験始まる 和歌山は3985人受験

 入試シーズンの幕開けとなる大学入試センター試験が19日、 全国一斉に始まった。  ことしの全国志願者数は前年より1万7807人多い57万3344人。 県内は前年より29人多い3985人 (男2253人、 女1732人) […]

続きを読む>>


障害者就労の受け皿へ 小松原に弁当店

 「究極の手作り弁当です。家庭料理の温かさを味わってください」。和歌山市六十谷の社会福祉法人いこい(生馬利恵理事長)が弁当店「おうちごはん彩菜~さな~」を29日、同市小松原にオープンする。障害者就労の受け皿づくりが目的だ […]

続きを読む>>


和歌山県の海外誘客、修学旅行は過去最多

 東日本大震災の影響で昨年大きく落ち込んだ外国人観光客の回復に向け、県は誘客のプロモーション活動に力を入れている。平成24年度の教育(修学)旅行誘致実績は過去最多の17校となるなど、好調な分野がある一方、団体型から個人型 […]

続きを読む>>


2月2日 劇団ZERO公演「薔薇の王冠」

劇団ZERO

 和歌山市を中心に活動している劇団ZERO(島田忠代表)が、2月2日の公演「薔薇の王冠」に向け大詰めの練習に励んでいる。シェイクスピア劇の魅力を大胆な新演出で表現する同団のシェイクスピアシリーズ第9弾。団員らは「王権を争 […]

続きを読む>>


日本一周の書家、20日和歌山市に

 東北の復興支援のため、 昨年5月から日本一周 「絆」 一筆書きマラソンに挑戦している、 愛知県春日井市出身の書道家、 波多の明翠(はたの・めいすい)さんが20日、 和歌山市に到着。 午後2時から、 和歌山市ぶらくり丁商 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧