社会のニュース一覧

「怒る鬼やっつけた」 芦原幼で豆まき

 和歌山市雄松町の市立芦原幼稚園 (髙善昭園長) で節分の3日、 豆まきが行われ、 園児たちの「鬼は外、 福は内」と豆を投げる元気な声が園庭に響いた。  紙袋や画用紙で作った鬼の面を着けた園児らは、 順番に鬼役と追い払い […]

続きを読む>>


道路の危険をCG映像で体験

歩行者体験システム

 高齢者の交通事故を防止しようと県警本部は、 道路横断時の危険をCG映像を通して体験できる 「歩行者教育システム」 (三菱プレシジョン㈱製)を導入した。 今後、 交通安全教室で活用し、 横断歩道のない道路を横断する危険性 […]

続きを読む>>


木や川カチコチ 寒気で各地凍る

 寒気の影響で2日未明から県内が冷え込む中、 紀の川市粉河の葛城山中腹の斜面では草木につららができ、 幻想的な光景を見せている。 地面に埋め込まれている水道管の亀裂から吹き出した霧状の水が草木に付き、 凍っている。  2 […]

続きを読む>>


「子どもの歯守りたい」 ろう学校の村上さん

 県の学校教育、 社会教育、 教育行政に功績のあった人をたたえる 「県教委功労賞」 の表彰式が1日に行われ、 県内から21人が受賞した (先月24日発表)。 同賞を受賞した後も活動を続けている5人には仁坂吉伸知事から感謝 […]

続きを読む>>


昨年よりやや早く 片男波公園で紅梅咲く

 春はもうすぐそこ? 立春を前に、 和歌山市和歌浦南の片男波公園で紅梅(バラ科)が開花し始めた。  日中の最高気温が8・3度と暖かかった30日、 小さなつぼみだった紅梅がちらほらとかわいらしい花を咲かせたのを県文化振興財 […]

続きを読む>>


11日 JR和歌山駅に観光案内所開設

 和歌山市は11日、 JR和歌山駅コンコース内に観光案内所を開設する。 駅前の地下広場(わかちか広場)にある 「わかちかサービスセンター」 の観光案内機能を移設する形になり、 職員2人を配置するなどして、 観光客らの利便 […]

続きを読む>>


全国で最下位 和歌山のコンビニ店舗数

 東日本大震災の発生で、 利便性が見直されつつあるコンビニエンスストア。 経済産業省の調査 (平成17年) によると、 県の人口1万人当たりのコンビニの数は都道府県別で最下位。 経済地理学の専門家は、 集客と配送コスト削 […]

続きを読む>>


バルイベント第2弾は「まちなかコンパ」

まちなかコンパ

 インテリックス 次は 「まちなかコンパ」 で活性化!。 パーティー系の食べ歩きバルイベント 「フィエスタ・デ・城下町」 が3月3日、 和歌山市のぶらくり丁周辺にある飲食店とライブハウス5店で開かれる。 男女300人 ( […]

続きを読む>>


社協の相互支援強化 大災害に備え協定締結

表明書にサインした仁坂知事㊧と美浜町社協の小竹会長

 台風12号の救援活動を教訓に、 県内の社会福祉協議会間の相互支援を強化しようと、 県社会福祉協議会 (会長=仁坂吉伸知事) と県内30市町村の社協は30日、 「災害時の相互支援協定」 を結んだ。 組織的に活動するため、 […]

続きを読む>>


周辺住民ら一安心 秋葉山公園の避難道整備

整備された緊急避難道(秋葉山公園)

 災害時の避難場所に指定されている秋葉山公園 (和歌山市秋葉町) の避難道の整備工事が終了し、 周辺の住民らが一安心している。 秋葉町自治会 (木下守会長) が昨年5月に市に要望していた。  整備工事では、 登り口から約 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧