社会のニュース一覧

食べやすいと好評 「マコモタケ」調理研究会

 耕作放棄地や休耕田対策として、県農業試験場(紀の川市、神藤宏場長)が生産・技術開発の研究を進めている「マコモタケ」の調理研究会が18日、和歌山市の中央コミュニティセンターで開かれ、和洋中の飲食店4店が調理法を提案。参加 […]

続きを読む>>


和歌山市駅前などでムクドリ大量出没

 街路樹などをねぐらにし、鳴き声やふん害などで住民を困らせるムクドリが、ことしも和歌山市内で大量に出没している。東蔵前丁の南海電鉄市駅前では、街路樹の下にふんが落ちた跡が大量に残っているが、県によると、現在、市駅前の対策 […]

続きを読む>>


5万3000人でにぎわう 生協まつり

 毎年恒例の生協まつり (同実行委員会主催) が21日、 和歌山市の和歌山城砂の丸と西の丸の両広場で行われ、 昨年よりやや多い約5万3000人で中心市街地は活気づいた。  ことしで32回目。 子ども向けの西の丸広場では、 […]

続きを読む>>


キイジョウロウホトトギス見頃 和歌山城

 和歌山城の紅葉渓庭園内にある紅葉渓橋下辺で、 環境省の絶滅危惧(きぐ)植物Ⅱ類に位置付けられているキイジョウロウホトトギス(紀伊上臈杜鵑草)が見頃を迎えている。  日陰の岩場などに自生するユリ科の多年草で、 草丈約1㍍ […]

続きを読む>>


鮮魚販売「おっとっと広場」 和歌浦に完成

 和歌山市の和歌浦漁港に、 新鮮な地元の魚介類や水産加工品の販売などを行う新施設 「おっとっと広場」 が完成し、 11月3日にオープンする。 和歌浦地区の情報発信や活性化、 観光振興などの拠点として活用が期待されている。 […]

続きを読む>>


みその商店街にぎわう くみあい祭

 県中小企業団体中央会などは20日、 和歌山市みその商店街周辺で 「第9回和歌山くみあい祭~中小企業くみあい合同フェスタ~」 を開いた。 開始と同時に家族連れなど大勢の人が訪れ、 にぎわった。  県内の43企業・団体の製 […]

続きを読む>>


観光PRへ「紀三井寺音頭」60年ぶり復活

 戦後数年間、盆踊りなどで歌われた「紀三井寺音頭」が約60年ぶりに新しい歌詞や伴奏で復活し、発表会が17日、和歌山市の紀三井寺ガーデンホテルはやしで開かれた。紀三井寺観光協会の林泰行会長が、観光の低迷が続く地元を何とか盛 […]

続きを読む>>


紀三井寺で初めて 二胡の奉納演奏

 和歌山市の救世観音総本山・西国第二番札所紀三井寺(前田孝道貫主)本堂で18日夜、 二胡の奉納演奏が行われた。 毎月18日の観音様の縁日に開く 「奉賛会」 の催しの中で、 同市秋月の岩口加奈さん(39)が演奏した。  中 […]

続きを読む>>


不服な不起訴は訴えよう 検察審査会がPR

 検察官の不起訴処分の判断を国民の代表がチェックする 「検察審査会」 制度を知ってもらおうと、 和歌山検察審査協会 (岩﨑俊弘会長) は17日、 和歌山市のJR和歌山駅前で啓発活動を行った。  同制度は、 不起訴処分の善 […]

続きを読む>>


「トンガの鼻自然クラブ」に環境省表彰

 環境省が山林などの歩道整備にかかわる活動の功績をたたえる 「自然歩道関係功労者」 に和歌山市雑賀崎の 「トンガの鼻自然クラブ」 (中口裕代表) が選ばれた。  トンガの鼻は、 紀州藩が海防のため同地区の岬に造ったとされ […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧