社会のニュース一覧

4日から「人権週間」 和歌山駅で啓発活動

人権週間をPRする紀州レンジャーズの選手

  「第63回人権週間」 (4~10日)を前に、 和歌山地方法務局や県などは2日、 JR和歌山駅中央口と東口前で啓発活動を行い、 通勤や通学する人らに人権の大切さを呼び掛けた。  人権擁護委員や法務局職員の他、 今回初め […]

続きを読む>>


「教育環境悪化する」 馬券売り場反対要望

場外馬券売り場設置計画

 和歌山市米屋町のぶらくり丁商店街 「ぶらくりブリスビル2階」 に浮上している場外馬券売り場設置計画について、 近隣の本町第7区自治会 (松下博昭会長)は2日、 市役所を訪れ、市議会の和田秀教議長に設置反対に関する要望書 […]

続きを読む>>


紅葉渓庭園色づく 10日ごろまでピーク

紅葉渓庭園

 和歌山城公園の紅葉渓庭園でモミジが燃えるように赤く色づき、 見ごろを迎えている=写真。 10日ごろまで楽しめるという。  同庭園は、 初代紀州藩主の徳川頼宣公が築造。 起伏の変化に富み、 四季折々の変化が楽しめる名園だ […]

続きを読む>>


防災メール登録者 11月末で前年同期の倍

 県内の気象情報や避難勧告などの緊急情報を知らせる県のメール配信サービス 「防災わかやま」 が、 サービス開始から5年目を迎え、 順調に登録者数を増やしている。 東日本大震災など大規模災害の連続発生や、 NTTドコモの対 […]

続きを読む>>


「わかやま冬の交通安全運動」がスタート

平成23年わかやま冬の交通安全運動

 1日から 「平成23年わかやま冬の交通安全運動」 (10日まで) が始まった。 初日は和歌山東署で広報パレードの出発式が行われ、 パトカーや大型バイクなどが街に繰り出し啓発活動に当たった。 県交通安全協会和歌山東支部の […]

続きを読む>>


夕暮れは反射材着けて 加太で高齢者に呼び掛け

和歌山北地区交通安全母の会

 和歌山北地区交通安全母の会 (北島益美会長) は30日、 高齢者の交通事故を防止しようと、 和歌山市加太地区の高齢者宅約300軒を訪問する交通安全啓発活動を行った。  県交通安全母の会連絡協議会が、 高齢者の交通事故防 […]

続きを読む>>


和歌浦の海に藻場再生するブロック設置

鉄鋼スラグ魚礁ブロック

 和歌浦湾の藻場(もば)を再生し魅力ある海にしようと、 NPO法人和歌浦湾海業(谷吉哉理事長)は29日、 和歌浦・田浦漁協漁業権地域内の3カ所に、 住友金属和歌山製鉄所が製造した鉄鋼スラグ魚礁(ぎょしょう)ブロック(4㌧ […]

続きを読む>>


大江さんに特命相表彰 子ども・若者育成支援

大江さん

 高野山BBS会会長の大江隆之さん(42)=紀の川市貴志川町=が、 内閣府の本年度 「子ども若者育成・子育て支援功労者表彰」 の 「子ども・若者育成支援部門」 で特命大臣表彰に選ばれ、 総理大臣官邸で蓮舫特命大臣から表彰 […]

続きを読む>>


「ななこの会」が優勝 お手玉近畿ブロック大会

ななこの会

 先日、 兵庫県豊岡市で開かれた 「お手玉遊び近畿ブロック大会」(同実行委など主催) 団体戦で、 和歌山のお手玉の会 「ななこの会」(森勝代会長) が優勝した。 森会長 (66) は 「日ごろ休まずやってきた練習の成果」 […]

続きを読む>>


地域農業守ろう 山口地区の有志が会社設立

チンゲンサイ

 地域農業を存続させようと、和歌山市山口地区の会社員ら2人と農家1人が立ち上がり、農業生産法人㈱アグリス山口(同市山口西、 井上孝夫代表)を設立。 農業を辞めた人の農地を借り受けて米や野菜を育てたり、 高齢化が進む農家を […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧