ニュースのニュース一覧

和歌山弁と上方落語 桂枝曾丸なごみ寄席

和歌山市の落語家・桂枝曾丸さんの定例落語会「駅前なごみ寄席」が7月7日午後2時半(開場は2時)から、同市美園町の県JAビル2階和(なごみ)ホールで開かれる。 今回が28回目。枝曾丸さんが和歌山弁落語「防災指南」と上方落語 […]

続きを読む>>


6月8日付

◆一輪車で世界大会へ 亀川小4年の岸畑さん ◆貴重な南高梅使って 中野BCで梅酒の仕込み ◆15人と4団体を表彰 地域の防犯活動に尽力 ◆20カ所中13カ所AA 県内海水浴場の水質調査 ◆大野公民館写真教室 海南駅構内で […]

続きを読む>>


もうけ話にご用心 23年度消費者相談で急増

2023年度に和歌山県消費生活センターに寄せられた消費者相談の件数は5410件(前年度比4・0%減)、うち苦情相談は4816件(同3・9%減)で、2年ぶりに減少した。化粧品や健康食品の定期購入トラブルの相談が高水準で推移 […]

続きを読む>>


脱炭素へ協定 エネオス×わかやま緑の公社

石油元売り最大手のENEOS(エネオス)㈱と一般社団法人「わかやま森林(もり)と緑の公社」は5日、脱炭素社会の実現に向け、同公社が管理する森林で国が認証する「J‐クレジット」を創出する事業に取り組むため、連携協定を締結し […]

続きを読む>>


外国人材の雇用を支援 県がサポートデスク

外国人材の和歌山県内就職と定着を促進するため、県は3日、外国人材の雇用に関する相談などの支援を無料で行うサポートデスクと、県内企業と外国人材とのマッチングを行うサイトを開設した。 「WAKAYAMA外国人材雇用サポートデ […]

続きを読む>>


梅雨より先に満開 和歌山城公園のアジサイ

近畿地方の梅雨入りが平年より遅くなる中、和歌山市の和歌山城公園内「鶴の渓」では、雨が似合うアジサイの花が見頃を迎えている。 「鶴の渓」は、紀州徳川家の入国前、浅野氏の時代にツルを飼っていたことからその名が付いたといわれる […]

続きを読む>>


6月7日付

◆もうけ話にご用心 23年度消費者相談で急増 ◆脱炭素へ協定 エネオス×わかやま緑の公社 ◆外国人材の雇用を支援 県がサポートデスク ◆梅雨より先に満開 和歌山城公園のアジサイ

続きを読む>>


水道料金改定で3案 和歌山市検討会議

和歌山市は3日、2025~28年度の水道料金について、有識者による検討会議に三つの改定案を示した。4年間の料金全体で現行から17・8%の増額が必要としており、使用水量に応じて負担する「従量料金」の引き上げ幅を10・5%、 […]

続きを読む>>


天ぷら油を燃料に利用 県が回収事業へ

和歌山県は、家庭用の使用済み天ぷら油を回収し、CO2削減効果の高い燃料などに利活用する仕組みの構築を目指し、7月1日から和歌山、海南、有田の3市で行う回収の実証事業に協力するモニターを募集している。 石油元売り最大手のE […]

続きを読む>>


県が損害賠償請求へ トンネル工事で

ずさんな工事が発覚し、掘削以外をほぼ全面的にやり直している和歌山県道長井古座線「八郎山トンネル」(那智勝浦町―串本町、711㍍)の調査報告書が5月31日にまとまったことを受け、岸本周平知事は6月5日の定例記者会見で、事業 […]

続きを読む>>


カテゴリ

月別アーカイブ

サービス一覧